人気ランキングから上手な選び方まで
ピントルのコーヒーメーカー専門ページ

>> よく読まれる人気記事はコチラ <<
コーヒーメーカーの注目ブランド人気ランキング注目ブランド
人気ランキング
全自動ミル付きコーヒーメーカー人気ランキング全自動ミル付き
人気ランキング
1万円以内で買えるコーヒーメーカー人気ランキング1万円以内
人気ランキング
選ぶ前に知りたいコーヒーメーカーの性能を徹底比較性能
徹底比較
賢く選ぶために知っておきたいコーヒーメーカーの種類賢く選ぶ
種類別

一般的なコーヒーメーカーの使い方と美味しい淹れ方

一般的な使い方と美味しい淹れ方

ついに念願のコーヒーメーカーを買ってはみたものの、コーヒーを淹れるまでの流れコーヒーメーカーの使い方がイマイチ分からない。そんな方も決して少なくないのではないでしょうか。

せっかく購入したコーヒーメーカーを正しく使えなければ美味しいコーヒーを楽しむことはできません。そこで、ここでは一般的なコーヒーメーカーの使い方美味しくコーヒーを淹れる方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

一般的なコーヒーメーカーの使い方

一般的なコーヒーメーカーの使い方

ひと口にコーヒーメーカーの使い方といっても、非常に様々な種類のコーヒーメーカーが存在しているため、すべてに共通するコーヒーメーカーの使い方があるというわけではありません。

また一般的なドリップ式コーヒーメーカーなのか、エスプレッソを淹れることが出来るコーヒーメーカーなのかによっても変わってくるでしょう。そこでまずは、もっともスタンダードとも言える紙フィルターを使用したドリップ式コーヒーメーカーの使い方について紹介していきます。

1,フィルターをセットする

まずはペーパーフィルター(紙フィルター)をコーヒーメーカーにセットします。多くのコーヒーメーカーは上部にセットする部分があるのでそこにペーパーフィルターをセットします。

この時に注意すべきポイントは、コーヒーメーカーの形状に合わせたサイズのペーパーフィルターを使用することです。サイズが合っていなければドリッパーとフィルターを密着させることができず美味しいコーヒーを淹れることができません。

ペーパーフィルターをセットする時は、フィルターの圧着部分を折りましょう。これによってフィルターの接合部分がはがれてしまうのを防ぐことができます。また折ることによってフィルターをドリッパー全体に均一に広げることができ密着性を高めることが出来ます。

2,コーヒー豆を挽き、フィルターに入れる

フィルターをセットしたら今度はコーヒー豆を挽きます。豆を挽く量は飲む分だけにするとそのコーヒー豆が持つ香りや味わいを損なわずに楽しむことが出来るので、飲む直前に飲む分だけ挽くと良いと覚えておきましょう。

コーヒー豆を挽く際には、なるべく熱を加えないようにするのが大切です。臼状の刃を使うコーヒーミルは豆をすりつぶすため摩擦熱が発生しやすいので、なるべくあわてずに挽くように心がけましょう。

粉の大きさがなるべく均一になるように挽きます。粗さに関して、この場合のようにドリップ式でペーパーフィルターを使うのであれば、粒の大きさがグラニュー糖程度の中細挽きがおすすめです。

挽いた粉をフィルターに入れていきます。この際コーヒーの粉がなるべく中央に山盛りになるようにしましょう。これによってフィルターに入れた粉の密度が一定になりやすくお湯の流れに偏りを作らないようにします。(コーヒーメーカー次第ではあまり関係ない場合も)

3,コーヒーメーカーに水をいれる

続いてコーヒーメーカーに水を入れます。着脱式タンクであれば取り外して水を注ぐことができるので入れやすいでしょう。入れる時はコーヒーメーカーのメモリにしたがって適量を入れます。

また水の量を調整することでコーヒーを濃くしたり薄くしたりできるのでお好みに合わせてメモリを基準にしながら増やしたり減らしたりすると良いでしょう。

4,コーヒーメーカーを作動させる

後はそのコーヒーメーカーごとにある作動スイッチを押しましょう。製品によっては味を調整できるものなどもあるのでご自身の好みにセットしたうえでコーヒーメーカーを動かします。

後はコーヒーメーカーが自動でコーヒーを抽出するのを待つだけです。抽出が完了したらポットを外し、コーヒーを注げば美味しいコーヒーの出来上がりです。カップに直接注ぐタイプのものはカップからコーヒーが跳ねやすいので火傷に注意しましょう。

コーヒーメーカーを使って美味しいコーヒーを淹れるコツ

コーヒーメーカーを使って美味しいコーヒーを淹れるコツ

ここまでコーヒーメーカーの一般的な使い方やその際の流れについて紹介してきました。コーヒーメーカーというだけあってコーヒーが出来上がるまでのほとんどの過程はほぼ機械がやってくれることになります。

しかしどうせならコーヒーメーカーを使って美味しくコーヒーを飲みたいところ。ここではコーヒーメーカーを使って作るコーヒーを少しでも美味しく飲むためのコツについて紹介していきます。

新鮮なコーヒー豆を使う

美味しいコーヒーを飲むためにまず重要となるのが、新鮮なコーヒー豆を使用しているかということです。当然ですが古くなってしまったコーヒー豆を使ってしまうと、どんな優秀なコーヒーメーカーを使っても美味しいコーヒーにはなりにくいでしょう。

では新鮮なコーヒー豆を買うにはどうすればよいのかというと、いつ焙煎された豆なのかを確認することです。賞味期限を気にする方がいらっしゃいますが、大切なのは焙煎日です。なるべく新鮮なコーヒー豆を使うようにしましょう。

粉ではなく豆を買う

コーヒー豆を買う時に、自宅でコーヒー豆を挽く必要がないようにその場で挽いてくれるところがあります。しかしコーヒー豆は挽いてしまうと表面積が大きくなり酸化しやすくなってしまいます

自宅にミルがある場合や、ミル付きのコーヒーメーカーを使用する場合にはすでに挽いた粉ではなく、コーヒー豆のまま購入するようにしましょう。飲む直前に飲む量だけ、これがコーヒーメーカーで美味しいコーヒーを飲む時の基本です。

コーヒーに使う水の選び方

コーヒーメーカーを使ってコーヒーを作る時に重要な豆以外の点と言えば、やはりどんな水を使うかということになるでしょう。一般的には軟水を使ってコーヒーを淹れた方が美味しいとされているようですが、これには好みもあるでしょう。

基本的には水自体で美味しいと思うものが良いです。浄水機能がついたコーヒーメーカーもありますが、やはり自分好みの水を用意してそれをコーヒーメーカーに入れて作る方が美味しいコーヒーが作れるでしょう。

コーヒーカップを温めておく

最後に大切なのは、出来あがったコーヒーを注ぐカップを温めておくということです。冷たいカップに注いではせっかく温かい淹れたてのコーヒーがすぐに冷めて味も変わってしまいます。

温かく香りが立っている状態でコーヒーを楽しむには、コーヒーをドリップしている間にあらかじめカップを温めておき、そのカップに注ぐことでよりコーヒーが持つ香りを引き立たせることが出来るでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれる人気記事はコチラ <<
コーヒーメーカーの注目ブランド人気ランキング注目ブランド
人気ランキング
全自動ミル付きコーヒーメーカー人気ランキング全自動ミル付き
人気ランキング
1万円以内で買えるコーヒーメーカー人気ランキング1万円以内
人気ランキング
選ぶ前に知りたいコーヒーメーカーの性能を徹底比較性能
徹底比較
賢く選ぶために知っておきたいコーヒーメーカーの種類賢く選ぶ
種類別