最強の遮音性を誇る耳栓はコレ!
ピントルの耳栓専門ページ

おすすめの記事はコチラ
最強の耳栓おすすめランキング
最強
耳栓比較
睡眠用おすすめ耳栓
睡眠用
おすすめ耳栓
勉強用おすすめ耳栓
勉強用
おすすめ耳栓
耳栓の選び方
目的別
耳栓の選び方
イヤーマフの選び方
イヤーマフ
選び方

ストレス解消!泣き声対策におすすめな耳栓の選び方

赤ちゃんの泣き声対策用の耳栓の選び方

騒音には耳栓を使うことで耳を保護することができます。しかし、これは環境騒音だけでなく子供の泣き声などにも効果があることをご存知でしょうか?耳栓の選び方を知ることによって効果的に子供の泣き声から耳を守ることができるのです。

こちらでは泣き声対策におすすめな耳栓の選び方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの泣き声対策に耳栓はアリ?

赤ちゃんの泣き声対策に耳栓はアリ?

そもそも赤ちゃんの泣き声対策に効果があるのはなぜでしょうか。単純に考えれば赤ちゃんの鳴き声を遮断できるから、と言うことになるでしょう。しかしそれは親としてどうなの?といういう意見もあると思います。これには耳栓の使い方に大きなポイントがあります。

生後0ヶ月の赤ちゃんは睡眠が12時間から20時間とばらつきがあります。大人よりもたくさん寝ているイメージがありますよね。しかし赤ちゃんは大人のように昼夜のリズムがまだできていないため、夜中でもお構いなしに周りの大人を起こしてしまいます。

子育てに疲れ、ようやく寝ようと思ったのに火がついたような赤ちゃんの夜鳴きで起こされてしまい、寝るタイミングを失ったという人もいるでしょう。実際子育てをしている人たちからは、それで疲れ困っていると言う話を聞きます。

もちろん赤ちゃんの世話をしないわけにはいきません。そうなると大人は睡眠を取れる時間が限られてきます。そこで耳栓をすることで、短時間でも音を遮り深い眠りを得ることが可能となるのです。体を休めるためにも耳栓は効果的だと言えます。

赤ちゃんの泣き声対策に耳栓を使う注意点

ただ泣き声対策に耳栓を使うには注意点があります。その注意点は2つあり、それは耳栓を使うことに対しての弊害と、使うタイミングにあります。1つずつ見ていきましょう。

赤ちゃんの泣き声に気づけない

それは耳栓によって眠りに付いた場合、赤ちゃんの鳴き声に気づけない可能性があることです。赤ちゃんが泣くのは理由があります。お腹が空いた、オムツが汚れて気持ち悪い、体の調子が悪い、お母さんが恋しいなど、言葉をしゃべれない分、赤ちゃんは泣いて自分の感情をアピールするのです。

それなのに万が一耳栓で赤ちゃんの泣く声が聞こえず、変化に気づくのが遅くなってしまうと赤ちゃんには悪影響です。耳栓の種類や素材によっては高性能なものがあるので、完全に泣き声をシャットアウトしてしまいます。これは赤ちゃんのお世話をする人にとっては問題です。

そうなると耳栓の種類を選んで使うことで、問題は解決できます。製品によっては完全に音をシャットアウトしないものもあります。このようなものを使うことで、鳴いている声にも気づくことができます。また声が小さく聞こえるため、頭痛やストレスが軽減されます。

他の人に赤ちゃんの世話を頼むときに使う

耳栓を使うタイミングは何も1人で面倒を見ているときだけとは限りません。誰かに赤ちゃんの面倒を見てもらえるときにも効果的です。

世話をお願いしても、赤ちゃんの泣き声が気になり寝れないこともあります。お願いできるときは思い切って頼んでしまいましょう。休めるときに休んでおかない体調を崩してしまい、世話もままなりません。しっかりと寝るためにも耳栓をすることで安眠することができるのです。使い方次第で便利なアイテムとなるので、上手に取り入れていきましょう。

大きな音が人の体に与える悪影響

大きな音が人の体に与える悪影響

赤ちゃんの鳴き声は親への訴えと言うことは先述しましたが、この声は実は母親の体に大きなダメージを与えているのです。

大きな音が常に身近にあるということで、人の心と体は強く疲労してしまいます。赤ちゃんの鳴き声は騒音ではありませんが、同じような大きい音が母の体にどのような影響を与えているのか考えてみましょう。

人の体は耳の中にある内耳という器官で音を感じとっています。大きな音の影響とは、この音を感じ取る内耳にどれだけのストレスがかかっているかで現れるのです。

子育てで疲労が抜けないと感じたら、毎日聞いている赤ちゃんの鳴き声で内耳、あるいは聴覚が疲労しきってしまっているのかもしれません。このように大音量による精神的なストレスを騒音ストレスと言います。

聴覚の疲労によって具体的には、頭痛、耳鳴り、難聴などの聴覚障害や循環器系あるいは神経系の働きの阻害による体調不調、精神不安定、イライラ、集中力の低下、不眠などの症状がでます。つまり、騒音ストレスによって心身ともに休まらないとどんどん悪循環になっていくんですね。

赤ちゃんの泣き声はどれくらい大きい?

こんな騒音ストレスにまで発展しうる赤ちゃんの泣き声の大きさは相当なものです。先述の通り、母に気づかせるために泣くのですから当然「聞き取りやすい音」になっています。

人間は心地よいと感じる周波数が2000Hz以下となっており、それ以上は何かしらの警戒や不快を示す音域となっています。もちろんバイオリンなどは2000Hz以上の音が出るので、場合によっては一概に危機感を感じる音ではありません

しかし計算された音でない限り、この音域は不快を感じるのです。聞き取りやすい音というのは、同時に人に注意を喚起させる音でもあり、もっと言えば「人を不快にさせる音」なのです。赤ちゃんの泣き声もこの音域に当たります。母親の注意をひくためにも必要な音域なわけです。

個人差もありますが、赤ちゃんは加減を知らないため全力で泣きます。そうなると音量も相当なものです。具体的な数値は後述しますが、不快にさせる音域で相当な音量で泣くとなると騒音レベルは高めになります。

東京都議会では子供の声を騒音対象外にする条例改正が検討されるほどです。現行の都環境確保条例では「何尾とも規制基準を超える騒音を発してはならない」と規定があり、これに赤ちゃんの泣き声が引っかかってトラブルや訴訟の根拠となってしまっているためです。

それくらい、近隣の人にとっては騒音以外の何ものでもないと思われているのですね。赤ちゃんは自分の身を守るために仕方なく行っていることですし、私たちも一度は通った路なので、大目に見なければいけないと思うのですが、許せない人もいるようです。

一般的な騒音レベルと赤ちゃんの泣き声

それでは具体的な数値を見ていきましょう。音量は個人差があると言いましたが、産まれたとときの大きさによっても出せる声量は変わってきます。幅はありますが60~90dBの音量で泣くとされています。

90dBともなると作業をしている騒々しい工場内の音量に相当します。そんな音量の音を聞き続ければ聴覚機能に以上をきたすのは明確でしょう。特に抱いていても泣き止まなければ母親はその音に耳を晒されることになるわけです。そうなると耳栓は必須と言えるでしょう。

赤ちゃんの泣き声の周波数

赤ちゃんの泣き声の周波数は2000~4000Hzを記録しています。これは丁度、黒板を引っ掻く音と同じくらいです。思い出すだけで歯が浮くような不快な音であることが分かります。

人は2000Hz以下を心地よく感じることは先述しましたが、聴覚は4000Hz付近で最も感度がよくなります。そうなると赤ちゃんの泣き声は、人の耳が最高感度となる高さの音となっているのでよく聞こえるのです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの泣き声対策用耳栓選びのポイント

赤ちゃんの泣き声対策用耳栓選びのポイント

では赤ちゃんに泣き声対策用の耳栓はどのように選んだらいいか見ていきましょう。まず耳栓をすることで赤ちゃんの泣き声が全く聞こえなくなるという心配はありません。

耳栓の遮音性能を示す数値の基準にNRRとSNRと言うものがあります。この基準でトップクラスの性能を誇るものでもNRR33が最高となります。先述通り泣き声は90dB程度となっています。そうなると音量は、

90dB - 33dB = 57dB

と60dB程度までしか遮音されないのです。確かに気にならないレベルの音量にはなっていますが、全く聞こえないわけではないことがわかります。つまり赤ちゃんの泣き声が聞こえないと言うことはないので安心してください。あくまでも気にならない、聴覚障害を起こさないレベルに落とすだけの効果です。

そうなると理想的な耳栓はNRR33の2000Hz帯に強い耳栓ですが、聴覚に支障をきたさないレベルまで下げることが目的なら、NRRはもう少し下がっても問題はないでしょう。

シリコン製のフランジ耳栓を選ぶ

そうなると遮音性とコストパフォーマンスを考慮してシリコン製のフランジ耳栓を使うのがいいです。この素材は耐水性があるため水洗いで繰り返し使うことができます。耳栓は清潔な状態で使わなければ、せっかく泣き声から聴覚を守れても、耳穴の環境が悪くなり耳に痛みを感じるようになります。

これでは安眠のために使ってもかえって逆効果になってしまいます。しかし使うたびに使い捨てのものを買っていてはコストがかかりすぎます。そうなうると洗える耳栓を使うのが適しているといえます。

遮音性は少々落ちますが、それでもNRR26など泣き声を遮音して気にならないレベルにまで落としてくれるので、効果は十分です。

>>耳栓の種類と素材や形状の特徴

コード付きの首にかけられる耳栓を選ぶ

赤ちゃんが泣くたびに耳栓を探しにいっていては意味がありません。上記のフランジタイプの耳栓はコードつきのものが販売されています。そのため、そのコードを首から下げておけば耳栓を常備しておくことができます

赤ちゃんの泣き声対策におすすめな耳栓:厳選3種

赤ちゃんの泣き声対策におすすめな耳栓:厳選3種

とは言え、子育てに忙しくて上記の条件でじっくり耳栓を探せないという方もみえると思います。そこでここでは赤ちゃんの泣き声対策におすすめな耳栓を3つご紹介します。是非参考にしてみてください。

MOLDEX / Rockets 6405

現在の価格はコチラ

コード付きのシリコン製フランジ耳栓です。NRR27と遮音性もあり、赤ちゃんの泣き声である2000~4000Hzに強い高性能耳栓となっています。保護用ケースも付いているので使わないときでも清潔に保管できます。紫の色合いですが、女性が使っていても違和感のないデザインになっています。

>>モルデックス(MOLDEX)の耳栓の性能

3M / E-A-Rsoft スーパーフィット

現在の価格はコチラ

この耳栓は2000Hzの周波数帯に無類の強さを誇っています。NRR33なので遮音性もトップクラスとなっており、ウレタンという素材を使っているのでフィット感も良く仮眠時にはオススメです。

ただウレタンは水洗いが出来ないので使い捨てとなっています。扱いが正しければ1ヶ月はもちますが、シリコン製よりはコストパフォーマンスが落ちます。

>>3M(スリーエム)の耳栓の性能

MOLDEX / Camo,Spark,Goin’Green,Softies

現在の価格はコチラ

遮音性はNRR33、どの周波数帯にも強い耳栓となっています。休息を取るため赤ちゃんの泣き声だけでなく、雑音を遮断したいという方にはオススメの商品となっています。バリエーションも豊富で上記の名称4種類は色と模様になっているのでお好みのものを選んでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
最強の耳栓おすすめランキング
最強
耳栓比較
睡眠用おすすめ耳栓
睡眠用
おすすめ耳栓
勉強用おすすめ耳栓
勉強用
おすすめ耳栓
耳栓の選び方
目的別
耳栓の選び方
イヤーマフの選び方
イヤーマフ
選び方