今年の相棒はどれにする?
ピントルの手帳専門ページ

よく読まれるページはコチラ
使いやすい!自分に合った手帳の種類と選び方
初心者向け
手帳の選び方
女子必見!レディース向け手帳ブランドおすすめランキング
女性向け
おすすめ手帳
男子必見!メンズ向け手帳ブランドおすすめランキング
男性向け
おすすめ手帳
超定番!人気の手帳ブランドおすすめランキング
おすすめ
手帳ブランド
初心者必見!システム手帳ブランドおすすめランキング
おすすめ
システム手帳

人気の週間ブロックタイプ手帳おすすめランキング

週間ブロックタイプ手帳のおすすめランキング

日々の予定管理やメモをするのによく使われているのが手帳ですが、その使い方は人によって違い、様々な使い方に合わせて多くの種類の手帳が販売されています。それこそシーズンになれば多種多様な商品が並び目移りしてしまうほどです。

人によっては書き込めるスペースが広いものを利用し、ダイヤリーやライフログに使用する方もみえるでしょう。あるいは1週間のタスク管理などにも使えます。そんな使い方に便利なのが週間ブロックタイプ手帳です。しかしこちらも多くの商品が並んでおり、どれを選んだらいいか悩んでしまうこともあると思います。そこでこちらでは人気の週間ブロックタイプ手帳おすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

週間ブロックタイプの手帳の特徴

週間ブロックタイプの手帳の特徴

週間ブロックタイプは1日ごとの区切りが特殊なフォーマットで、見開きで8つのブロックで左側のページには3日分、右側のページには4日分といった分け方になっています。似たような区切り方として週間ホリゾンタルタイプの手帳がありますが、そちらが横長の長方形の区切りだったのに対して、こちらは1日ごとがブロック形式に区切られています。7日間分の日付ブロックとフリースペースという形が多いフォーマットになります。

ブロックなので仕事の内容やTODOリストの管理がしやすい形状と言えるでしょう。またライフログや一言日記のような使い方も可能です。事務仕事などを中心にされる方、学生で課題などの管理やライフログを記入したい方にはおすすめのフォーマットになります。

例えば、ブロックの上半分を罫線で区切り、そこにその日のタスクや課題を書き込んで、下半分はその反省やライフログを記入するという使い方もできるでしょう。ある程度の自由度があるので、どのようにでも使いようがあります。

>>手帳のフォーマットの種類と選び方

週間ブロックタイプの手帳のメリット

上記の通り自由度はそれなりにあるのでビジネスからライフログまで幅広い使い方ができるメリットがあります。先ほども出てきたようにTODOリスト管理にも使えるので、1週間単位での行動予定が把握しやすくなります。もちろんスケジュール管理もでるので仕事に学業にと幅広い方におすすめのフォーマットです。

週間ブロックタイプの手帳のデメリット

ただ先ほど出てきた週間ホリゾンタルタイプ同様にこちらも時間ごとなど細かい予定把握がし辛いというデメリットがあります。細かく書けばそれなりに時間管理はできますが、それ以外の利点が失われてしまうので、あまりおすすめはできません。

>>基本!手帳の選び方はコチラ

週間ブロックタイプの手帳のおすすめランキング:TOP5

週間ブロックタイプの手帳のおすすめランキング:TOP5

それではここからは週間ブロックタイプの手帳をランキング形式でご紹介していきます。週間ブロックタイプは需要の問題もあるのか、商品数はそれほど多くはありません。それでも人気のものやおすすめのものおありますので、そちらをランキングさせていただきました。これから利用してみようと思われている方、書店に足を運んで探してみようと思われている方は、こちらのランキングも参考にしながら選んでいただいてもいいかもしれません。

順位:手帳ブランド名 サイズ 色・デザイン 週間ブロック以外のフォーマット
1位:ハイタイド B6 21種類 年間ブロック/マンスリー
2位:ラコニック B6 5色 年間ブロック/マンスリー
3位:デルフォニックス A6 1色 年間ホリゾンタル/マンスリー
4位:ユナイテッドビーズ B6 5色 マンスリー
5位:アーティミス B6 55種類 マンスリー

第1位:ハイタイド(HIGHTIDE) / NY-TYPE

現在の価格はコチラ

ハイタイドのNY-TYPEは少し大きめのB6サイズでの展開で、予定管理をしやすくするために年間、月間、週間ブロックタイプと3修理のフォーマットを組み込んでいます。さらに週間ブロックではTODOリストなどの管理もしやすいように予め上半分はタスクなどを書きやすく区切られています。そのため予定の管理もしつつ、毎日の目標達成にも役立てたい方にはおすすめです。

21種類もあるデザインの中から選べるのもハイダイドだけであり、取扱の少ない週間ブロックの中では群を抜いて種類の多いシリーズになります。10月始まりなだけが難ですが、海外での仕事や学業、あるいは後期に心機一転として使うには良い手帳として第1位になりました。

第2位:ラコニック(LACONIC) / LKD33

現在の価格はコチラ

週間ブロックは広めにとられており、中には罫線のみが引かれているので自由に使いやすい手帳となっています。予定管理には年間そして月間を一目で把握できるブロックタイプを採用しており、全体的な予定を管理しやすくしています。

カラーは全5色から選べ、表紙はしっかりとした厚手のシボ加工入り合皮カバーを採用し、ゴムバンドを付けることでバッグの中での開閉を防いでくれます。シンプルなデザインとコンパクトな使い勝手、そしてその自由度から第2位に入りました。

第3位:デルフォニックス(DELFONICS) / A6 ダニエル

現在の価格はコチラ

週間ブロックは罫線で区切るだけで中身は空白であるため自由度が非常に高く、TODOリストの管理やライフログなど様々なシーンで使えるようになっています。全体のスケジュール管理は年間ホリゾンタルと月間ブロックがあるので一目で把握できるものとなっています。1色しかないのが惜しいですが、素朴な雰囲気と味わい深いデザインとなっており、A6なのでコンパクトで使いやすく持ち運びに便利で、さらに価格も抑えめになっていることも踏まえて第3位に入りました。

第4位:ユナイテッドビーズ(UNITEDBEES) / B6 ブロック タスクマスター

現在の価格はコチラ

タスクマスターの名の通り、週間ブロックの各下段にはタスク管理のための枠が設けられています。そのため1日の目標や行動予定を立てやすくなっているのが特徴です。予定管理は月間ブロックとの併用で行いますが、全体の予定を把握するには十分なものとなっています。シンプルなカラーバリエーションで表紙にはポケットも付いているのでメモなどを入れておけるスペースも確保されており便利ですが、価格がやや高いので第4位になりました。

第5位:アーティミス(ARTEMIS) / DB6

現在の価格はコチラ

カラーバリエーションやデザインを総合すると実に55種類から選べるアーティミスのDB6という手帳は、週間ブロックでも上段が空白、下段が罫線による区切りとなっており、自由に使えながらもまとめやすいフォーマットとなっています。また月間のスケジュール管理は月間ブロックで行えるため把握しやすくなっています。特に星座のデザインは女性に人気となっていますが、価格が4位よりもさらに高いと言うこともあり、第5位に入っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
使いやすい!自分に合った手帳の種類と選び方
初心者向け
手帳の選び方
女子必見!レディース向け手帳ブランドおすすめランキング
女性向け
おすすめ手帳
男子必見!メンズ向け手帳ブランドおすすめランキング
男性向け
おすすめ手帳
超定番!人気の手帳ブランドおすすめランキング
おすすめ
手帳ブランド
初心者必見!システム手帳ブランドおすすめランキング
おすすめ
システム手帳