今年の相棒はどれにする?
ピントルの手帳専門ページ

よく読まれるページはコチラ
使いやすい!自分に合った手帳の種類と選び方
初心者向け
手帳の選び方
女子必見!レディース向け手帳ブランドおすすめランキング
女性向け
おすすめ手帳
男子必見!メンズ向け手帳ブランドおすすめランキング
男性向け
おすすめ手帳
超定番!人気の手帳ブランドおすすめランキング
おすすめ
手帳ブランド
初心者必見!システム手帳ブランドおすすめランキング
おすすめ
システム手帳

社会人必見!人気のビジネス手帳おすすめランキング

ビジネス手帳おすすめランキング

社会人、特にビジネスマンは日々契約や取引先の訪問、会議などスケジュールに追われています。その予定の管理や、得た情報をメモしておくのに便利なのが手帳であり、多くのビジネスマンの必須ツールとなっています。これから社会に出る新社会人の方々もこのツールに助けられることでしょう。

しかし営業経験や勤務経験がないと、どのような手帳が使いやすいのか判断付かないと思います。あるいは今手帳を使っているビジネスマンの方もいまいち使いきれていない方もみえるかもしれません。そこでこちらでは社会人必見の人気のビジネス手帳おすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ビジネスマン向け!上手な手帳の選び方

ビジネス向け!上手な手帳の選び方

さてランキングに行く前に、まずはビジネスマンが仕事で使いやすい手帳とはどのようなものなのか、その選び方などをご紹介してきます。手帳にはその綴じ方やフォーマット、サイズ、色など様々な点を考慮することで使いやすい手帳は変わってきます。手帳の種類と色について触れていきつつ、選び方を知っていただきましょう

ビジネスマンにおすすめな手帳の種類

まずは手帳の種類です。綴じ方、フォーマット、サイズの観点から選ぶ必要があります。ただこれらはその人の働き方や立場によって変わってきます。少し細かく見ていきましょう。

綴じ方については大きく分けて3種類があります。

  • 綴じ手帳
  • システム手帳
  • モジュール型手帳

一般的には需要が多いのは綴じ手帳が圧倒的となっています。既に形が決まっており、フォーマットやサイズの種類が多いためです。基本的にはこの綴じ手帳から選ぶのが、どのような職種の方でも合うものを探しやすい綴じ方なのでおすすめです。

ただ、その中にどうしても自分に合ったものがないという場合は、自分でカスタマイズできるシステム手帳やモジュール手帳を選んでみるのもいいでしょう。中身のフォーマットなど自分専用の書きやすい手帳を作るのであればシステム手帳です。しかしこちらは使いこなすのが難しい上級者向けとなっているので気を付けてください。

手帳だけでなく他のアイテムと組み合わせて便利な手帳を作りたいのであればモジュール型手帳です。手帳好きには人気の中級者向けとなっていますが、需要が少なく、種類も少ないので選択肢があまりない点には注意してください。

以上の点からビジネスマンに最も選びやすく無難でおすすめな綴じ方は「綴じ手帳」であるとも言えます。こちらでも人気の綴じ手帳をご紹介していきますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

>>手帳の綴じ方の種類と選び方はコチラ

ビジネスマンにおすすめな手帳のフォーマット

フォーマットはその人の予定の多さや立場によっても変わります。分単位でのスケジューリングが必要な方は「週刊バーチカルタイプ」、予定を正確に書き込みたい方や自由に書き込めるスペースが多いものがいい方は「週間ホリゾンタルタイプ」や「週間レフトタイプ」、1カ月単位でスケジュールを管理したい方は「マンスリータイプ」がおすすめです。

またプロジェクトリーダーやタスク管理をされている方には複数を並行して行う行動予定やタスクマネージングに適している「ガントチャートタイプ」もあります。ただどのタイプもメリット・デメリットがありますので、自分のビジネススタイルに合わせたものを購入してください。綴じ手帳ならこのフォーマットを網羅したラインナップになっているので、探しやすいと思います。

>>フォーマットの種類と特徴はコチラ

ビジネスマンにおすすめな手帳のサイズ

サイズも使いやすさに直結してきます。普段あまり荷物を持たない方やすぐに取り出せる場所に入れておきたい場合にはポケットに入るサイズがおすすめです。ただこれは選んだ綴じ方にもよってしおまうので、注意してください。綴じ手帳を選んだ場合は「手帳判(小型)」や「手帳判」サイズになります。システム手帳でいけば「ミニ5穴」や「ミニ6穴」サイズです。

モジュール型手帳は特定の商品になってしまいますが、「コレトノートミニサイズ」ならポケットにも入れておけます。ただ厚さなどもあるので必ずしも入らない可能性もありますが、大抵は問題なく入れられるでしょう。

ビジネスバッグをお持ちの方はほとんどのサイズの手帳を入れることができると思います。ただ手帳以外の荷物によっては入らない可能性もあるので、普段から荷物が多い方は小さめのサイズを選んだ方が良いかもしれません。

しかし小さめだと書き込める量も少なくなってしまうので注意してください。サイズ種類も多い綴じ手帳なら、自分に合った大きさの手帳を見つけやすいのではないでしょうか。

>>手帳のサイズの違いによる記入量・持ち歩きやすさは?

ビジネスマンにおすすめな手帳の色

ビジネスマンが手帳を使うの場所の多くは取引先や職場になると思います。そうなるとTPOに合わせた手帳の色を選ぶ必要があるので、スーツなどのフォーマルな服装と馴染むものが好ましいとされています。

そのためそれをベースとしたネイビーやブラック、ブラウンといった落ち着いた色を選ぶようにしましょう。また女子の場合はホワイトも使いやすく落ち着いた色になります。男性でも持っていておかしくはないので、以上の4色を基調として選ぶといいでしょう。

人気のビジネスマン向け手帳:TOP10

人気のビジネス向け手帳:TOP10

それではここからは人気のビジネスマン向け綴じ手帳をご紹介してきます。先ほどご紹介してきた選び方も鑑みた上でランキングさせていたただいていますので、綴じ手帳選びに困ったときには参考にしていただければ幸いです。

順位:手帳ブランド名 サイズ展開 色展開 フォーマット
(リフィル含む)
1位:モレスキン 手帳判
A5判
B5判
1色 マンスリー/週間バーチカル
2位:レイメイ藤井 ポケット
バイブル
A5
ジャストリフィル
13色 マンスリー
月間ホリゾンタル
週間レフト
週間ホリゾンタル
1日1ページ
ガントチャート
3位:高橋書店 手帳判 2色 月間ホリゾンタル/週間レフト
月間ホリゾンタル/週間ホリゾンタル
4位:フランクリン・プランナー A5変型 1色 マンスリー/週間バーチカル
5位:ノルティ 手帳判 5色 マンスリー/週間レフト
6位:ジェイマム ミニ5穴
ミニ6穴
バイブル
A5
5色 年間ホリゾンタル/月間ホリゾンタル
/1日1ページ
7位:クオバディス バイブル 2色 マンスリー/週間バーチカル
8位:ダイヤモンド社 A5 2色 マンスリー/週間バーチカルレフト
9位:ノックス バイブル
ナロー
B6
A5
1色 マンスリー/週間バーチカル
10位:エディット A5変型 6色 マンスリー/週間バーチカル

第1位:モレスキン(MOLESKINE) / プロフェッショナルダイアリー

現在の価格はコチラ

ビジネスマン向けに作られたモレスキンの綴じ手帳です。本体を上下に開いて使用する珍しい週間バーチカルのレイアウトが特徴のダイアリーで、一覧性が高く1週間のスケジュールを一目で把握することができます。

またスケジュールによる仕事内容を把握しやすくするため、メモ欄やTODOリスト、月間カレンダーなどを全て同ページ内に配置し、さらに取引先など関係者の連絡先などを事前に書き込む「必要連絡先記入欄」を設けることで、即座に連絡先を把握し、必要な時にすぐ使用できる効率の良さを実現しています。効率的かつ賢く使用者の仕事を補助する、画期的なビジネス手帳として堂々の第1位となっています。

>>モレスキンとは?詳しくはコチラ

第2位:レイメイ藤井 / ダ・ヴィンチ

現在の価格はコチラ

レイメイ藤井のダ・ヴィンチはビジネスマン向けに作られた高級感ある本革製のシステム手帳です。厳選された最高級の本革を贅沢に使っており、ビジネスシーンにマッチする機能性豊かな手帳となっています。

価格こそ高めですが、その重厚な存在感はビジネスマンとしても一目置かれること間違いなしです。もちろんビジネス手帳としての機能性も持ち合わせていると言うこともあり第2位に入りました。

第3位:高橋書店 / ビジネス手帳

現在の価格はコチラ

手帳は高橋で有名な高橋書店のビジネスマン向けの綴じ手帳です。月間ホリゾンタルで全体の予定を確認しつつ、週間レフトや週間ホリゾンタルで自由に手帳を使うことが可能な商品です。

ビジネス向けと言うことで、カラーこそ2色だけですが、ポケットにも入れておける手帳判のサイズは携帯性も抜群です。ビジネスマンに特におすすめとして第7位の定番綴じ手帳となっています。

第4位:フランクリン・プランナー(Flanklinplanner) / フレッシャーズ・セット

現在の価格はコチラ

ビジネスマンに必要なリフィルをセットにしたシステム手帳セットです。こちらの手帳を使うことで若手でも時間管理の基本的な考え方やスキルを身に付け、ビジネスマンとしてのスタートを完璧に切ることができます。

もちろんベテランが使ってもその時間管理の大切さやテクニックを改めて見直すことができる、まさにビジネスマンには必要性の高い手帳として第4位に入っています。

第5位:ノルティ(NOLTY)/ ポケットカジュアル

現在の価格はコチラ

数あるノルティの手帳の中でも汎用性と携帯性が高い綴じ手帳となっています。フォーマットが月間ブロックと週間レフトの組み合わせとなっておりスケジュール管理もしつつ、メモも取りやすいため様々な場面で活用でき、手帳判のサイズなので多くのビジネスマンの強い味方となる手帳となっています。

サイズの問題で記入量が少なめとなるため、そのあたりを考慮して第5位となっています。

>>ノルティとは?詳しくはコチラ

第6位:ジェイマム(JMAM) / Bindex

現在の価格はコチラ

ジェイマムの代表作である能率手帳の機能性を引き継ぐシステム手帳です。Bindexは素材選び、縫製による仕上がり、本革の加工方法など最高の逸品を作り上げるためにさまざまな企業努力と工夫が施されています。これにより重厚な高級感のあるバインダーが作られています。

その中に能率手帳で培われた洗練された使いやすいリフィルを挟むことでビジネスマンに欠かせない手帳となるのです。ただスケジュール管理のリフィルは他ブランドと比べても種類が少なめと言うこともあり第6位になっています。

>>ジェイマムとは?詳しくはコチラ

第7位:クオバディス(Quovadis) / Timer17

現在の価格はコチラ

クオバディスから発売されているバイブルサイズのバーチカルタイプシステム手帳です。バインダーはしっとりとやわらかな手触りと、使いこむ程に風合いの増す本革素材のモンテベロカバーで出来ており、その重厚感がビジネスマンとしての風格を増してくれます。

リフィルにはクオバディスオリジナルのアジェンダプランニングダイアリーと呼ばれる週間バーチカルを挟むことで細かい予定管理が可能なビジネスマンに必須とも言える機能性のある手帳が出来上がります。

>>クオバディスとは?詳しくはコチラ

第8位:ダイヤモンド社 / 陰山手帳

現在の価格はコチラ

管理に重点を置いた機能性の高い綴じ手帳です。もちろん手帳としての基本性能も充実しているのでビジネスマンに必要な時間管理をこの1冊で網羅できる仕様となっています。使いやすさが高い手帳として人気と言うこともあり、第8位に入っています。

第9位:ノックス(KNOX) / ノックスブレイン ジャパンブルー

現在の価格はコチラ

ノックスから発売されているシステム手帳です。難しいとされていたナチュラルタンニンレザーへの天然本藍染料による染めを独自に開発し上品な仕上がりのバインダーとして仕上げた逸品です。

リフィルの種類も豊富で月間ブロックと週間バーチカルの組み合わせはビジネスマンとしての細かい時間管理には欠かせないものとなっています。その深い藍色と高い機能性から第9位となっています。

第10位:エディット(EDiT) / A5変型 週間ノート スプール・プリュス

現在の価格はコチラ

エディットはデザイン性抜群の手帳として話題となっています。A5変型は記述量も十分であり、週間バーチカルではあるもの下段は自由な使い方が可能となっています。

シンプルですが自由度の高いデザインが人気で、特にこのスプール・プリュスは統一感のある落ち着いた見た目となっておりビジネスマンでも使いやすい手帳として第10位にランクインしました。

>>エディットとは?詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
使いやすい!自分に合った手帳の種類と選び方
初心者向け
手帳の選び方
女子必見!レディース向け手帳ブランドおすすめランキング
女性向け
おすすめ手帳
男子必見!メンズ向け手帳ブランドおすすめランキング
男性向け
おすすめ手帳
超定番!人気の手帳ブランドおすすめランキング
おすすめ
手帳ブランド
初心者必見!システム手帳ブランドおすすめランキング
おすすめ
システム手帳