大切な赤ちゃんのために
ピントルのベビーカー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
A型・B型・AB型のベビーカーの違い
A型とB型ー
ベビーカーの違い
A型ベビーカー人気ランキング
A型
人気ランキング
B型ベビーカー人気ランキング
B型
人気ランキング
ベビーカーの選び方
ベビーカー
選び方
セカンドベビーカーの選び方
2台目
選び方

トラベルシステムの特徴やメリット&デメリット

トラベルシステムの特徴

一台でベビーカーにもチャイルドシートにもベビーキャリーとしても活躍する高機能なアイテム「トラベルシステム」。

チャイルドシートが義務化されて以降、使用者が増え続けています。そんなトラベルシステムの特徴とメリット・デメリット、選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

トラベルシステムとは?

トラベルシステムとは?

トラベルシステムとは、乳児用のチャイルドシートとベビーカーの組み合わせのことを指します。具体的には、乳児用チャイルドシートとして使うことはもちろん、赤ちゃんを乗せたままベビーカーにも装着することが出来るアイテムです。

また、赤ちゃんを乗せたまま運ぶ「ベビーキャリー」としても活躍する多機能なアイテムです。欧米では一般的でしたが、日本ではチャイルドシートの義務化が始まってから認知され始め、今では多くの家庭で利用されています。

トラベルシステムの特徴

トラベルシステムは、日本では統一された規格があるわけではないのでメーカーやモデルによって機能は異なります。一般的にはトラベルシステムが有する機能は以下の通りです。

  • 対面式ベビーカー
  • 背面式ベビーカー
  • 乳児用チャイルドシート
  • ベビーキャリー
  • ベビーラック

具体的には、ベビーカーからキャリー部分が切り離せるので、赤ちゃんを乗せたままチャイルドシートとして使用することが可能です。寝ている赤ちゃんを起こすことなく移動させることが可能な点が魅力であり、室内ではベビーラックとしても使用できるので、家事中やお店の中でも近くに置いておける点も魅力です。

つまり、トラベルシステムは外出時でも家の中にいる時でも四六時中赤ちゃんを近くに置いておけるのです。車からベビーカー、ベビーカーから家の中へと赤ちゃんを移動させるときに、抱っこする必要が無く、寝ている赤ちゃんを起こす心配もありません。外食時に抱っこしながら食事することから解放されたと、喜ぶママも多いようです。

トラベルシステムの選び方

トラベルシステムの選び方

トラベルシステムの特徴は上述した通りですが、日本での歴史は深くなく、欧米の文化が入ってきた形ですので日本での使用に関しては不便に感じる点もあるようです。

そこでトラベルシステムを実際に使用したことのある人の意見を参考に、トラベルシステムのメリット・デメリットからトラベルシステムの選び方についてご紹介します。

トラベルシステムのメリットとデメリット

トラベルシステムのメリットとしては、まず利便性の高さです。赤ちゃんを乗せたままベビーカーから車、車から家へと運ぶことが可能です。その際に乗せたまま運ぶことが出来るので、寝ている子を起こすことなく運べる点も大きなメリットです。

また、ベビーラックとしてのメリットも大きく、車から家への移動の際にベビーラックとして先に赤ちゃんを家に入れてからまとめて荷物を運ぶことが出来る点も魅力です。外食時にも抱っこする必要がないので、落ち着いて食事が楽しめますし、家事中でも近くに置いておくこともできます。

一方、トラベルシステムのデメリットとしては、種類にもよりますが「重い」という点です。赤ちゃんの重さやトラベルシステムの種類にもよりますが、ベビーキャリーとして使用する場合はもちろん、ベビーカーから車に移動するときなどはどうしても持ち上げる必要があります。

また、使用できる期間が短いのもデメリットと言えます。トラベルシステムのメーカーやモデルによっても異なりますが、一般的には1歳から1歳半まで使用できるものが多いです。ですので、1歳ないしは1歳半まで成長すれば、新たにチャイルドシートやベビーカーを準備する必要があります。

トラベルシステムにはこのようなメリット・デメリットがあります。デメリットがあるので使う人を選びますが、利便性の高さから日本でも年々人気が高まっています。特に電車やバスでの移動よりも車での移動がメインの方には、メリットが大きいのでおすすめです。

トラベルシステムの注意点

トラベルシステムを購入する上で注意して欲しいのは、チャイルドシートとしての安全基準です。トラベルシステムは海外メーカーの物が多いので判断に迷う方も多いと思います。

そこで最新の安全基準である「ECE R44/04」というヨーロッパ基準に適合したものを選ぶことをおすすめします。この基準は日本国内においても認められており、2017年7月以降はこの基準に適合しないチャイルドシートの製造は日本国内では認められていません。

>>ベビーカーのおすすめ人気ランキングはコチラ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
A型・B型・AB型のベビーカーの違い
A型とB型ー
ベビーカーの違い
A型ベビーカー人気ランキング
A型
人気ランキング
B型ベビーカー人気ランキング
B型
人気ランキング
ベビーカーの選び方
ベビーカー
選び方
セカンドベビーカーの選び方
2台目
選び方