大切な赤ちゃんのために
ピントルのベビーカー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
A型・B型・AB型のベビーカーの違い
A型とB型ー
ベビーカーの違い
A型ベビーカー人気ランキング
A型
人気ランキング
B型ベビーカー人気ランキング
B型
人気ランキング
ベビーカーの選び方
ベビーカー
選び方
セカンドベビーカーの選び方
2台目
選び方

B型ベビーカーの特徴やメリット&デメリット

B型ベビーカーの特徴

ベビーカーにもA型やB型と言った種類があります。これはSGマーク基準で定められているのですが、この2つのベビーカーには決定的な違いがあります。

このA型B型の違いと、B型ベビーカーの特徴、選び方のポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

B型ベビーカーとは?

B型ベビーカーとは?

ベビーカーには大きく分けて2つの種類があります。これは製品安全協会が定める「SGマーク」の基準で定められた分類であり、「A型ベビーカー」と「B型ベビーカー」に分けられます。

この「SGマーク」とは、安全な製品であることを示すマークであり、ヘルメットやベビーカーなどの体に危害を与える可能性のある製品に対して、安全な製品として必要な点を認定基準に設け、認定基準をクリアした製品に対してのみ表示を許可するマークのことです。

このSGマークが表示された製品は、万が一の製品の欠陥に備えて対人賠償責任保険が付いている点も特徴です。

B型ベビーカーの特徴

製品安全協会が定めるB型ベビーカーのSGマーク基準(2009年3月改定)の
一部を以下に記載します。

  • 適用月齢:生後7か月から24か月または36か月、最長48か月まで
  • リクライニング:100度以上。リクライニング機能は無くても良い。
  • 使用状態:座った状態で使用可能
  • 連続使用時間:1時間以内

SGマーク基準の一部ですが、これらの要件を満たしたベビーカーをB型ベビーカーと言います。B型ベビーカーは「軽量でコンパクトなセカンドカー」と表現されており、取り回しのしやすさが最大の特徴です。

一般的な認識としては、B型ベビーカーは腰の据わってきた生後7か月以降の赤ちゃんから使えるベビーカーであり、軽量でコンパクト、取り回しのしやすさが魅力です。生後7か月以降からの使用が前提ですので複雑な機能が不要なため、軽くて価格もA型ベビーカーより安いのも特徴です。

また、B型ベビーカーは重心が後ろにある点も特徴であり、電車に乗る時や段差を超える時に前輪を浮かせ易く、取り回しがA型ベビーカーと比べると圧倒的に楽です。同様に、コンパクトに収納もできるので収納面でも魅力があります。

>>A型とB型の違いについて詳しくはコチラ

B型ベビーカーの選び方

B型ベビーカーの選び方

赤ちゃんと外出するときにずっとおんぶや抱っこでは、赤ちゃんも親御さんも疲れてしまいますよね。そこで外出時の必須アイテムとなっているのがベビーカーです。心地よいベビーカーは、赤ちゃんを眠りに誘いやすく、いつもより眠ってくれることも多いです。

ベビーカーは赤ちゃんにとっては動く椅子やベッドです。そんな赤ちゃんや親御さんにとって最適なベビーカーの選び方を、B型ベビーカーのメリットと特徴からご紹介します。

B型ベビーカーのメリット

B型ベビーカーのメリットは以下の3点に集約されます。

  • 軽い
  • 安い
  • コンパクト

B型ベビーカーは首や腰の据わった7か月以降の赤ちゃんの使用を想定していますので、複雑な機能が不要なため、シンプルで軽量なベビーカーとなります。ですので、軽くてコンパクトでリーズナブルなベビーカーとなります。

取り回しのしやすさもメリットであり、階段や段差の多い電車移動時にも便利であり、コンパクトに畳むこともできます。それゆえ、セカンドベビーカーとしての利用も少なくなく、車や電車での移動時はB型ベビーカーを、普段の移動はA型ベビーカーを使用するという家庭も少なくありません。

コンパクトに収納できる点も大きなメリットであり、収納場所の少ないマンションでもコンパクトに畳んで収納できるなど、A型ベビーカーよりも有利な点が多数あります。しかし、A型ベビーカーよりも安定感や居住性には劣っていますし、対面機能が付いていません。

B型ベビーカーで注意してほしいのは、生後7か月未満の赤ちゃんには使えないという点です。B型ベビーカーは座った状態での使用が前提ですので、首や腰の据わっていない赤ちゃんが使うことは想定されていません。

>>セカンドベビーカーの選び方

B型ベビーカーを選ぶポイント

B型ベビーカーを選ぶ際のポイントは、ベビーカー自体の機能はもちろんですが、各家庭の使用状況の想定が最も重要となります。収納場所にも経済的にも余裕のある方はA型ベビーカーもB型ベビーカーも購入するのが良いかもしれませんが、どちらか1つの購入を検討している家庭が大半だと思います。

そこで実際の使用を想定してほしいのですが、生後1か月からベビーカーで外出する機会が何回あるでしょうか?頻繁に新生児を外に連れ出す家庭は少数派だと思います。

基本的には首や腰が据わる生後7か月まで、赤ちゃんは外出させ無い方が良いと言われています。生後7か月未満で外出する機会は、予防接種やお宮参りくらいではないでしょうか。

ですので、A型ベビーカーがどうしても必要という家庭はあまりないかもしれません。もちろん安定感や居住性などの機能重視でA型ベビーカーを選ぶことも間違いではありません。要は各家庭、赤ちゃんにあったベビーカーを選んでほしいということです。

>>新生児でも安心なベビーカーの賢い選び方

特に車での移動がメインの家庭であれば、生後7か月まで待ってB型ベビーカーを購入するのが最も経済的と言われています。

もちろん経済性や収納性を度外視するのであれば、A型とB型の2台持ちが最も便利なのは説明するまでもありません。要は各家庭の使用頻度や場所、経済性、収納場所を勘案して選ぶことが、あなたにとっての最適なベビーカーの選び方ということです。

>>B型ベビーカー人気ランキング:TOP10

>>ベビーカーの上手で賢い選び方はコチラ

>>ベビーカーの総合人気ランキングはコチラ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
A型・B型・AB型のベビーカーの違い
A型とB型ー
ベビーカーの違い
A型ベビーカー人気ランキング
A型
人気ランキング
B型ベビーカー人気ランキング
B型
人気ランキング
ベビーカーの選び方
ベビーカー
選び方
セカンドベビーカーの選び方
2台目
選び方