大切な赤ちゃんのために
ピントルのベビーカー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
A型・B型・AB型のベビーカーの違い
A型とB型ー
ベビーカーの違い
A型ベビーカー人気ランキング
A型
人気ランキング
B型ベビーカー人気ランキング
B型
人気ランキング
ベビーカーの選び方
ベビーカー
選び方
セカンドベビーカーの選び方
2台目
選び方

三輪ベビーカーの人気ランキング:TOP10

三輪ベビーカーの人気ランキング

海外のイメージがなんとなく強い三輪ベビーカー。日本だし合わないんじゃないかって思ってるママパパも意外と多いようです。実は三輪ベビーカーは日本で使うのに最適なベビーカーなんです。

ここでは「三輪ベビーカーのメリット」と「三輪ベビーカーの人気ランキング」を紹介します。

スポンサーリンク

三輪ベビーカーのメリット

まず三輪ベビーカーは前輪が1つ、後輪が2つになっており、前輪が1つなので方向転換がしやすく小回りが利きやすいのが特徴となっています。エアタイヤを採用している場合も多く車輪ひとつひとつが多くなっていることが多いので、ちょっとした段差などに強いのが特徴となっています。

振動を軽減する機能は赤ちゃんの乗り心地に直結するので非常に重要なポイントですし、操作性の良さはママパパの使い勝手と赤ちゃんの乗り心地にも関係しています。

日本の入り組んだ街中に最適なベビーカーとして三輪ベビーカーはぜひおすすめです。以下で三輪ベビーカーの人気ランキングTOP10を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

>>三輪ベビーカーの特徴について詳しくはコチラ

三輪ベビーカーランキングTOP10

では、それぞれの三輪ベビーカーを紹介していきます。どれも使いやすくデザイン性にも優れたベビーカーなのでぜひチェックしてみてください。

三輪ベビーカー第1位
Air Buggy COCO BRAKE(エアバギー ココ ブレーキ)

重量 体重上限 使用可能月齢
9.5kg 20kg 生後3ヶ月~
現在の価格はコチラ

海外ブランドを抑えてランキング第1位となったのは日本の大人気メーカーであるエアバギーのココ ブレーキです。スリムでありながらも安定した乗り心地と操作性から人気が高いベビーカーであり、ハンドルにブレーキが搭載されているので下り坂などでスピードを簡単に調整することが可能になっています。

レインカバーやドリンクホルダーを標準搭載、操作性だけでなく荷物を積みやすい機能性も優れたバランスの良いベビーカーです。芸能人でも愛用者が多い信頼性の高い三輪ベビーカーとしてぜひおすすめです。

三輪ベビーカー第2位
Quinny ZAPP(クイニー ザップ)

重量 体重上限 使用可能月齢
 7.8kg  15kg 生後6ヶ月~
現在の価格はコチラ

三輪ベビーカーランキングで惜しくも第2位となったのがオランダの大人気育児ブランドであるクイニーが展開しているザップです。三輪ベビーカーならではのしなやかで軽快な走行を可能にしており、世界最小クラスの折りたたみサイズから絶大な支持を得ているベビーカーです。

機能性だけでなく独創的なおしゃれなデザインも魅力のベビーカーとして一押しのベビーカーとなっています。

三輪ベビーカー第3位
Air Buggy MIMI(エアバギー ミミ)

重量 体重上限 使用可能月齢
 9.6kg  20kg 生後2ヶ月~
現在の価格はコチラ

国産ブランドとして非常に人気が高いエアーバギー。その中でも根強く人気となっているのがエアバギー ミミです。3段階のリクライニングが可能なシートをフラットにすることによってオムツ替えまでできてしまいます。

赤ちゃんのお昼寝にも最適な乗り心地の良いベビーカーとして人気が高いモデルになっているので、アウトドアでの活動が比較的多めの人にぜひおすすめしたいベビーカーです。

三輪ベビーカー第4位
Quinny Buzz(クイニー バズ)

重量 体重上限 使用可能月齢
 11.4kg 20kg 生後6ヶ月~
現在の価格はコチラ

ベビーカーを中心とした人気のあるオランダのブランドであるクイニーが展開している長く人気を獲得している三輪ベビーカーがバズです。三輪ベビーカーならではの機動性と安定性があるモデルとなっており、赤ちゃんに優しいシートも魅力的です。

ガススプリングによって自動で畳んだ状態から立ち上がるようになっており、畳むのも簡単です。買い物や散歩に最適なベビーカーとして第4位にランクインとなりました。

三輪ベビーカー第5位
Apprica SMOOOVE(アップリカ スムーヴ)

重量 体重上限 使用可能月齢
9kg 15kg 生後1ヶ月~
現在の価格はコチラ

誰もが知る日本の有名ベビーカーメーカーであるアップリカ初の三輪ベビーカーがスムーヴです。三輪ベビーカーでありながらもリクライニングを170℃まで取っているので生後1ヶ月から使用することが可能となっています。

中空式のエアタイヤを使用することによって従来のベビーカーに比べて大幅に振動を軽減できるので不快な振動から赤ちゃんを守ることができます。地面から58cm離れたハイシートなので地面の照り返しや砂埃から赤ちゃんを守りつつ、乗り降りなどの世話もしやすい親切設計になっています。

三輪ベビーカー第6位
Quinny MOODD(クイニー ムード)

重量 体重上限 使用可能月齢
 15.1kg 15kg 生後1ヶ月~
現在の価格はコチラ

オランダの大人気ブランドであるクイニーの生後1ヶ月の赤ちゃんから使用することができる人気のベビーカー「ムード」が第6位にランクインとなりました。シートを水平に倒すことが出来るフルフラットシートにすることによって生後1ヶ月の赤ちゃんを乗せることができるようになりました。

対面・背面を切り替えることができますし折りたたんだ状態から自動で立ち上がる機能も健在。ロングユースタイプのぜひおすすめしたい三輪ベビーカーとなっています。

三輪ベビーカー第7位
Air Buggy COCO PREMIER(エアバギー ココ プレミア)

重量 体重上限 使用可能月齢
 10.3kg  20kg 生後3ヶ月~
現在の価格はコチラ

エアバギー ココに高級感を加えた印象のあるエアバギー ココ プレミアが第7位にランクイン。プレミアというだけあってクッションやハンドルが革製となっています。速度を調整しやすいハンドルに付いているブレーキも健在、電車の改札も通りやすいスリムなサイズになっているので操作性だけでなく利便性も高いベビーカーです。機能性や高級感を味わえる日本のブランドとしても人気となっています。

三輪ベビーカー第8位
MOUNTAIN BUGGY SWIFT(マウンテンバギー スイフト)

重量 体重上限 使用可能月齢
 9.5kg 30kg 生後2ヶ月~
現在の価格はコチラ

ヨーロッパやアメリカ、日本の安全基準を満たしているニュージーランドの人気ブランドであるマウンテンバギーのSWIFT(スイフト)がランキング第8位に登場です。三輪とエアータイヤによって抜群の走行性と快適さを実現しているのが特徴です。

170℃のリクライニング機能、身長に合わせてハンドルの高さを変えることができるフレキシブルハンドルなど三輪ベビーカーならではの走行性だけでなく機能性も充実している根強い人気のある三輪ベビーカーです。

三輪ベビーカー第9位
GRACO(グレコ) シティトレック

重量 体重上限 使用可能月齢
8.5kg(フル装備8.8kg)  15kg 生後1ヶ月~
現在の価格はコチラ

誰もが知るアメリカNo.1の人気ブランド「グレコ」の人気三輪ベビーカーとなっているのがシティトレックです。エアタイヤの三輪なので安定した抜群の操作性を実感することができる三輪ベビーカーとなっています。

サスペンションも搭載されているので赤ちゃんの乗り心地も良く、ワンタッチで開閉できる上に収納もしっかりしている万能ベビーカーなので手軽なメインベビーカーを探している人はぜひチェックしてみてください。

三輪ベビーカー第10位
Phil&Teds DOT(フィル&テッズ ドット)

重量 体重上限 使用可能月齢
 14kg 20kg 生後1ヶ月~
現在の価格はコチラ

三輪ベビーカー第10位となったのは赤ちゃんふたりを乗せることができる三輪ベビーカー「ドット」です。通気性が考えられたフルフラットリクライニングのシートを採用することによって生後1ヶ月の赤ちゃんから使用することができる三輪ベビーカーとなっています。

三輪&スリムなサイズによって小回りが利くようになっており、片手で簡単に折りたたむことができる機能やタイヤストッパーが付いている機能性も魅力的な三輪ベビーカーとなっています。

>>ベビーカーの上手で賢い選び方についてはコチラ

>>ベビーカーのおすすめ人気ランキングはコチラ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
A型・B型・AB型のベビーカーの違い
A型とB型ー
ベビーカーの違い
A型ベビーカー人気ランキング
A型
人気ランキング
B型ベビーカー人気ランキング
B型
人気ランキング
ベビーカーの選び方
ベビーカー
選び方
セカンドベビーカーの選び方
2台目
選び方