大切な赤ちゃんのために
ピントルのベビーカー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
A型・B型・AB型のベビーカーの違い
A型とB型ー
ベビーカーの違い
A型ベビーカー人気ランキング
A型
人気ランキング
B型ベビーカー人気ランキング
B型
人気ランキング
ベビーカーの選び方
ベビーカー
選び方
セカンドベビーカーの選び方
2台目
選び方

ベビーカーシートの選び方やおすすめ商品まとめ

ベビーカーシートの選び方

ベビーカーは本体とは別に様々なアクセサリーがあります。その代表的な一つがシートです。

最近のベビーカーは性能が高くシートを敷かなくても問題がないように設計されていますが、季節や天気などへの適応力は低くバリエーションにも欠けます。

そこで目的に応じたシートを敷くことによって、赤ちゃんやお母さんの負担を軽減するメリットやシートの必要性が見えてきます。

ここでは、そんなベビーカーシートの選び方やおすすめ商品についてご紹介します。

スポンサーリンク

ベビーカーのシート(マット)とは?

ベビーカーのシートとは?

シートはベビーカーの上に敷くもので、ベビーシートと呼ばれることもあります。

私たち大人が車に乗る際にも、シートのクッション性や素材により乗り心地が違うかと思います。ベビーカーのシートは赤ちゃんにとっての乗り心地を最も左右する要因と言えます。

シートの表面素材は綿素材のものが多く、気持ちの良い肌触りが特徴です。中綿はポリエステル素材のものがほとんどで、クッション性にも優れているものが多くあります。

また、製品の多くは簡単に脱着することが可能で、洗濯も容易です。真夏の炎天下などでは通気性の低下が懸念されるので、こまめに赤ちゃんを抱きあげてあげることが大切です。

ベビーカーシート(マット)のメリットとは?

シートを敷くことによるメリット

ベビーカーにシートを敷くことは、赤ちゃんの負担が軽減されるだけでなく、同時にお母さんのストレスも緩和するというメリットも備えています。

乗り心地の改善

前述した通り、ベビーカーの乗り心地が大きく改善されます。ベビーカーの振動は路面の状況にも左右されますが、赤ちゃんにとってはかなりの負担であり、常に軽い乗り物酔い状態が続いてしまうケースもあります。

クッション性のあるシートを敷くことによって、車輪からの振動を吸収し、赤ちゃんへの負担とストレスが大きく改善されます。

ベビーカー汚れを防ぎ、お母さんのストレスも軽減

赤ちゃんの食べこぼしや排せつ物、突然の吐き戻しでベビーカー本体が汚れることを防ぐことができます。一度ベビーカー本体に染みこんでしまった汚れや臭いを取るのは大変ですよね。それが頻繁に繰り返さると、ただでさえ育児に大変なお母さんの仕事が更に増えてしまいます。

シートは手軽に洗えるものがほとんどです。剥がしてそのまま洗濯機に入れるだけでOK。これにより、赤ちゃんに常に清潔な環境を与えることができるだけでなく、お母さんのストレス軽減にもつながります。

スポンサーリンク

ベビーカーシート(マット)の種類と選び方について

シートの種類と選び方について

一口にシートと言っても、生地や機能性などで数多くの製品があり選ぶのにも一苦労します。

ここでは、シートを細かく分類しますので、最適なシート選びの参考にして頂ければ幸いです。

生地の選び方

生地選びは赤ちゃんの快適さに直結します。基本的にベビーカーのしーとは赤ちゃんの肌に優しい素材でできています。ただ、私たちが真冬にメッシュ生地の服を着ないのと同じように、赤ちゃんにとっても最適な生地選択をしてあげましょう。

ガーゼの特徴

綿100%のガーゼの特徴は、吸湿性や通気性、発散性が優れており、全体的にバランスがとれているという点です。

パジャマに最も使われている生地で、触り心地もよく、季節を問わず肌が敏感な赤ちゃんにはとても向いています。

パイルの特徴

タオルなどに用いられる表面が小さな輪っか状になっているパイル生地は、吸湿性も高く、汗をしっかり吸収してくれるので快適です。

また、パイル独特のふんわりとした感触で、非常に優しい触り心地です。空気を含む構造なので冬でも暖かいのが特徴です。

メッシュの特徴

ポリエステル素材で作られたメッシュ生地は、何といっても通気性と速乾性が最大の特徴です。

薄く軽量であり、たくさん汗をかく夏場でもムレを起こしにくいため、夏や湿気の多い時期でも背中を快適な状態に保つことができます。

クッション性(厚さ)の選び方

「ふかふかの気持ち良いものにしてあげたい」と思っても、度を超えると「通気性が犠牲に」なってしまいます。

基本的に、クッション性と通気性は反比例します。例えば、とてもクッション性に優れたものは、ベビーカーの乗り心地も良く暖かい一方で、背中の汗を吸いづらくムレの原因になりがちです。

特別な目的や理由がない限りは、極端に厚いものは避ける方が無難かもしれません。

ベビーカーシートの機能性について

ベビーカーのシートに機能性を持たせるという発想は、「赤ちゃんやお母さんの負担を軽減したい」という想いから開発されています。機能性に優れたものは価格にも反映されますが、それを選択するだけの価値がしっかりとあります。

リバーシブル

その名の通り、両面とも使用できます。食べこぼしや排泄等でシーツは汚れがちなので、旅行などに出かける際に替えを持ち歩く必要がなくなるので便利です。

保温・冷却

シートによってはポケットなどがついており、そこに保冷剤などを入れて温度調節ができる製品もあります。また、保温効果のある生地で作られたシートなども販売されています。

通気性・吸湿性

ムレ防止加工を施されている生地もありますが、基本的にはメッシュ生地を用いたものがほとんどです。夏場にはたくさん汗をかくため、通気性や吸湿性の低い生地のシートを敷くとあせもの原因になってしまいます。

おすすめのベビーカー用シートまとめ

おすすめのシートまとめ

ここまでの特徴を踏まえ、「これはおすすめ!」と言える商品を厳選してご紹介します。

オールシーズン・旅行などにおすすめなベビーカーシート

一年を通じて汎用性の高い「愛用のシーツ」になり得る製品を選びました。

現在の価格はコチラ

夏におすすめなベビーカーシート

夏は赤ちゃんもたくさん汗をかくため、最も背中にあせもができやすい季節です。背中の通気性を最大限に考慮し、赤ちゃんが快適にすごせるためのシートを選びました。

現在の価格はコチラ

冬におすすめなベビーカーシート

冬は何といっても暖かさが必要です。赤ちゃん用のダウンや帽子、靴下などを着せてあげるのに加えて、赤ちゃんがすごすベビーカー内の環境にも暖かさを加えてあげましょう

     
秋冬に入荷予定

>>ベビーカーのおすすめ人気ランキングはコチラ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
A型・B型・AB型のベビーカーの違い
A型とB型ー
ベビーカーの違い
A型ベビーカー人気ランキング
A型
人気ランキング
B型ベビーカー人気ランキング
B型
人気ランキング
ベビーカーの選び方
ベビーカー
選び方
セカンドベビーカーの選び方
2台目
選び方