自分のお気に入りがきっと見つかる!
ピントルのレコーダー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
最新!人気のHDD搭載レコーダーおすすめランキング
おすすめ
HDD搭載
4K対応も!人気の高画質レコーダーおすすめランキング
おすすめ
高画質
必見!人気の同時録画機能レコーダーおすすめランキング
おすすめ
同時録画機能
便利!人気のスマホ対応レコーダーおすすめランキング
おすすめ
スマホ対応
人気の安いブルーレイレコーダーおすすめランキング
おすすめ
安くて使える

外付けブルーレイ・DVDドライブおすすめランキング

外付けブルーレイ・DVDドライブランキング

PCを使う方の中には内蔵ではなく外付けのブルーレイやDVDドライブを使用されている方もいらっしゃいます。外付けの場合、場所などは取りますが故障した場合にも交換がききやすく、何かと便利となっています。

PCの周辺機器は数あれど、ブルーレイやDVDドライブの商品数はとても多く、また選び方もやや複雑なところがあります。そこでこちらでは外付けブルーレイ・DVDドライブの選び方やおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

外付けブルーレイ・DVDドライブの特徴

外付けブルーレイ・DVDドライブの特徴

PCをよく使う方にとっては馴染み深いパーツの1つが外付けブルーレイ・DVDドライブになります。

PCと言うと光学ドライブは内蔵型をイメージされる方もいらっしゃるかもしれませんが、USBなどで接続することで使用することが可能な外付けのドライブも販売されています。

価格帯は幅広いですが、使用用途に合わせて様々な商品が販売されており、USBのみでデータのやり取りも電源供給が可能なものから、コンパクトで持ち運びも可能な物まで様々です。

また取り外しも簡単なので、複数のPCに付け替えて使用できるのも便利なのが特徴です。例えば内蔵ではDVDドライブしかなく、ブルーレイドライブに交換しようにも知識が無いからできない、と言う場合にも、外付けなら何の心配もなく取り付けることができるのです。

そのため、内蔵ドライブが故障した時に修理に出すとお金がかかりすぎるから、応急処置的に使用すると言った方法もあります。

修理に出して交換してもらうのであれば、外付けのドライブを付けた方が安上がりになるケースもよくあるのです。

どんな人におすすめ?

先ほども触れましたが、PCの組立経験や構造の知識が乏しい方などにはおすすめです。PC自体が精密機械なので、自分で修理するのは難しく、知識をつけるのも大変です。

また知識を付けたとしても、経験が無いと筐体を開けて交換するのは不安があると思います。そんな時に外付けのドライブは便利なのです。

例え故障していなくても、複数のドライブを備え付けたい場合やDVDドライブしか内蔵されておらず、ブルーレイが使えないから使えるようにしたいと言う場合にも、簡単に増設ができます。

もちろん知識や経験がある方でも、手っ取り早く取り付けたい場合や持ち運びができるものを探している方にも向いているのは言うまでもないでしょう。

さらに根本的なことを言えば、据え置きのデスクトップPCであればパーツの交換などが可能ですが、ノートPCともなるとそれが出来ない場合もあります。

そんな時にはUSBポートさえ開いていれば、この外付けドライブを付けることが可能なのでおすすめとなります。

外付けブルーレイ・DVDドライブを選ぶポイント

外付けブルーレイ・DVDドライブを選ぶポイント

さて、そんな外付けブルーレイ・DVDドライブですが、商品数もそれなりにあるため、その中から自分に合うものを選ぶ必要があります。

まず挙げられるのは予算だと思いますが、それでも絞り切れない場合や、予算ばかりで考えて合わないものを手にしてしまう場合もあります。

価格も大事ですが、それ以上に選ぶポイントをしっかりと抑えておく必要があるのです。

  • 対応メディアを確認する
  • 接続端子を確認する
  • その他の機能を確認する
  • その他の機能を確認する

以上の4点については必ず確認しておく必要があります。それぞれのポイントについて少し詳しく見てみましょう。

>>ドライブレコーダーの上手な選び方について詳しくはコチラ

対応メディアを確認する

対応メディアを確認するのは大切です。当然のことですがDVDドライブでブルーレイの読み込みや書き込みは出来ません

逆に現在販売されているブルーレイドライブはブルーレイだけでなくDVDの再生もできます。さらにどちらもCDの読み込みはできるようになっています。

これには大きく分けると3つの種類が出てきます。

  • DVDコンボドライブ
  • DVDマルチドライブ(DVDスーパーマルチドライブ)
  • ブルーレイドライブ

DVDコンボドライブはDVDとCDの読み込み、そしてCDのみ書き込みが可能なドライブとなります。現在はほとんど販売されていませんが、中古PCなどに搭載されていることがあるタイプです。

外付けドライブとしても見かけることはほぼありませんが、念のためにご紹介しておきます。

DVDマルチドライブは外付けのDVDドライブのタイプであり、DVD及びCDの読み込みと書き込みが可能な光学ドライブになります。

製品には必ず「DVD MULTI RECORDER」のマークが入っているので分かりやすいですが、パッケージでは見えないので、必ず説明を見て確認するようにしましょう。

ブルーレイドライブはそのままブルーレイの読み込み及び書き込みはもちろん、CDやDVDも同様のことができます。

ただ、ドライブ側での対応メディアだけ確認するだけではいけません。目的に合わせて的確なメディアを選ぶことも大切です。

ブルーレイのメディアをチェック

ブルーレイドライブに使用するブルーレイディスクは一言に言っても2種類に分類することができます。それが以下になります。

  • BD-R/BD-R DL
  • BD-RE/BD-RE DL

まず先に出てきた「BD-R/BD-R DL」は一度だけ書き込みが出来るタイプのメディアになります。そのため一度書き込みを開始してしまったら、あるいは書き込みが完了してしまったら、書き換えることができないメディアになります。

空き容量ができやすいなど不便と感じるかもしれませんが、大切なデータなどを上書きして消してしまう心配はないので、上書き防止用に使用できるメディアとなります。

次の「BD-RE/BD-RE DL」は繰り返し書き換えができるタイプになります。これであれば空き容量などに追加記録することや、根本的にデータを書き換えることができるので便利です。

その代り、大切なデータを誤って上書きしてしまうこともありますし、長期的な保存性には向かないという欠点もあります。

そのためデータを長期的に保存したい場合にはBD-R/BD-R DL、繰り返し使いたいのであればBD-RE/BD-RE DLになります。

ちなみに両方に出てくるDLとは2層式を表す表記になります。BD-Rであれば1層、BD-R DLは2層となるので併せて覚えておいてください。

DVDのメディアをチェック

ブルーレイ同様、DVDのメディアもチェックする必要があり、こちらも分けると2種類になります。

  • DVD-R/DVD+R/DVD-R DL/DVD+R DL
  • DVD-RW/DVD+RW/DVD-RAM

こちらも「DVD-R/DVD+R/DVD-R DL/DVD+R DL」が1度だけ書き込みができるもので、「DVD-RW/DVD+RW/DVD-RAM」が繰り返し書き換えができるタイプになります。

メリットやデメリットなどもブルーレイのメディアと変わりませんが、DVDは種類が多いので確認しておきましょう。

まず「DVD-R」は一度だけ書き込みが可能で記録したデータの変更は出来ませんが、ファイナライズという作業を行っていない場合のみ、書き込み可能な容量が残っていれば追記が可能なメディアです。書き換えは出来ませんが、条件付きで追記可能というわけですね。

これに対して「DVD+R」はファイナライズの有無にかかわらず、書き込み可能な容量さえ残っていれば追記可能なメディアになります。ただしDVD-R同様に一度だけの書き込みのみで、書き換え自体は出来ないので注意して下さい。

この2種類にそれぞれDLが付属しているものは、先ほど触れたように2層式を表しています。これにより4種類のメディアに分かれているというわけですが、根本的には一度の書き込みのみのメディアであることをおさえておけば大丈夫です。

それに対して「DVD-RW」や「DVD+RW」は繰り返し書き換えができるタイプであり、-と+の違いは上記同様にファイナライズが条件にあるかどうかの違いになります。基本的には約1,000回のデータの書き込みや書き換えが可能なメディアと言われています。

またもう1つの特徴として、DVD+RWは再生できない機器もあり得るので、そこだけは注意しておいてください。。

「DVD-RAM」も繰り返しの書き換えが可能なのですが、こちらはおよそ10万回の書き換えが可能であり、特別なライティングソフトが無くても書き込める便利なメディアになります。

ただしDVD-RAMの再生にはこれに対応した機器でのみの再生、あるいはAV機器の録画も対応機種のみになるので注意が必要です。

接続端子を確認する

接続端子の確認も大切です。大抵の商品はUSB接続端子を持っていますが、接続する側のPCや機器がUSBではなく他の接続端子と言うこともあり得ます。

そのため変換アダプタなどを一緒に購入して接続することもあり得ますが、商品によってはUSB端子以外の接続端子にも対応しているものもあります。

お使いになりたい機器の接続端子と、外付け光学ドライブの接続端子は必ず両方とも確認するようにしてください。

その他の機能を確認する

その他の機能を確認するのも大切です。例えば4K動画視聴可能なものや3D対応のものなど商品によっては特殊な機能を有する物もあります。

もちろん全てではないですが、こちらの機能を持つ物を購入することで、より美麗な映像が楽しめるメディアを再生出来たり、3Dの迫力ある映像を楽しんだりすることができます。

自身の目的に合わせた商品を選べるように、説明書きをよく読み、必要な機能を持つ物を探しましょう。

スポンサーリンク

人気の外付けブルーレイドライブおすすめランキング:TOP5

人気の外付けブルーレイドライブおすすめランキング:TOP5

さて、外付けの光学ドライブの特徴や選び方については分かっていただけたと思いますが、具体的な商品を知りたい方も出てきていると思います。

そこでここからはブルーレイ、DVDそれぞれのおすすめランキングをご紹介していきます。まずは人気の外付けブルーレイドライブから見ていきましょう。

第1位:パイオニア / BDR-XD05BKXL2

現在の価格はコチラ

外付けブルーレイドライブであれば、まずはこちらです。パイオニアから販売されているこちらは、価格は少し高めながらも、性能が高いのがポイントです。

USB3.0でBDXL対応なのでデータ転送も早く、3層式や4層式の大容量ブルーレイも扱えるのが魅力です。さらに高精度なオーディオCDの読み取りなども可能なのもこの商品ならではです。

クラムシェル型でコンパクトであるため、使い勝手も持ち運びもしやすいことから人気も評価も高い商品としておすすめです。

>>パイオニアのおすすめレコーダーについて詳しくはコチラ

第2位:IODATA / BRP-UT6SLW

     
現在の価格はコチラ

PC周辺機器でお馴染みのアイ・オー・データからも性能が高いブルーレイドライブが販売されています。こちらはUSB3.0だけでなく2.0にも対応してるので、幅広く使用できる商品でもあります。

もちろんブルーレイドライブとしての機能も十分持っており、値段から考えても良い商品と言う評価がついていました。使わないときは外して保管して置けるのも便利なようです。

大切なデータも長期的に保存するM-DISCにも対応しているなど、幅広いメディアもつけるのも嬉しいところです。

第3位:ロジテック / LBD-PUC6U3VBK

現在の価格はコチラ

こちらもUSB3.0対応のブルーレイドライブになります。9.5mmの薄型ドライブなので場所にも困らず、持ち運びもしやすいコンパクトサイズです。

ロジステックでは再生編集用のソフトも付属しているので、別途用意する必要もないのはありがたいです。価格としてはやや高めですが、内容量や性能も高いものとなっています。

ブルーレイもDVDも書き込みエラーなどをほとんど起こさず、使用感も良いとして多くの方が満足されている商品でした。

第4位:バッファロー(buffalo) / BRXL-PC6VU2-WHC

現在の価格はコチラ

こちらはBDXL対応のバッファロー製ブルーレイドライブになります。対応メディア自体はかなり多くとなっており、書き込みも読み込みも可能と性能が高いものとなってています。

ただ唯一USB2.0にしか対応していないのが惜しいところです。それでも大容量ディスクを使いたいと言う方にはおすすめです。

第5位:アイ・オー・データ(IODATA) / BRD-UT16WX

現在の価格はコチラ

こちらは外付けブルーレイドライブとしてはかなり大きめとなります。第4位まではポータブルブルーレイドライブであり、こちらは外付け型として製造されています。

USB3.0やBDXL対応なのはもちろんのこと、書き込み速度が16倍速と外付け型ならではのハイスペックを誇ります。

持ち運びを前提とせず高性能を求めるのであれば、こちらがおすすめとして第5位になりました。

>>アイ・オー・データのおすすめレコーダーについて詳しくはコチラ

人気の外付けDVDドライブおすすめランキング:TOP5

人気の外付けDVDドライブおすすめランキング:TOP5

続いて人気の外付けDVDドライブです。こちらも根強い人気があり、商品数も多く評価が高いものもあるので、その中から5商品選ばさせていただきました。

第1位:アイ・オー・データ(IODATA) / EX-DVD04W

現在の価格はコチラ

DVDドライブでありながら、USB3.0対応で転送速度がとても速い商品です。さらにバスパワー対応なので、ケーブル1本のみで転送、電源供給が行えます

サイズもスリムなポータブルタイプであり、ハイレゾにも対応しているので音楽CDであってもクリアな音をPCに送り出してくれます。

洗練されたデザインもあり、人気も高く、購入した方々リピートしたいとの声もあるほどの商品でした。

第2位:バッファロー(buffalo)/ DVSM-PC58U2V

現在の価格はコチラ

こちらはUSBと電源ケーブルどちらも収納でき、すっきりと持ち運べる便利なDVDドライブになります。USB2.0対応ですが、DVDドライブなので十分でしょう。

その分だけ価格も安くなっていることから、お求めやすい商品でもあります。それもあってか、購入されている方も多く、レビューもかなり多いですが、全体的にも高評価の商品としておすすめされていました。

第3位:アップル(Apple) / Apple USB SuperDrive MD564ZM/A

現在の価格はコチラ

MacやiPhoneでお馴染みのAppleから販売されているDVDドライブです。Appleらしいすっきりとしたスタイリッシュなデザインが魅力となっています。

性能としてはシンプルですが、必要な機能は全て詰め込まれたと謳われるだけあって、使い勝手も良いと評判です。バスパワー対応なので電源供給もUSBでされ、こちらも手軽に使えて便利です。

第4位:アイ・オー・データ(IODATA) / DVRP-UT8LW

     
現在の価格はコチラ

USB3.0対応でバスパワーを搭載した使い勝手がいいDVDドライブです。Apple製に負けず劣らずすっきりとしたデザインと、第1位の商品と同じような性能を持っています。

唯一違うのはUSB2.0にも対応しているため、より使い勝手の幅が広がっているところです。その分だけ価格も上がっていますが、使いやすさでおすすめの第4位になります。

第5位:日立LG / GP65NB70

現在の価格はコチラ

日立LGから発売されているこちらの商品もリーズナブルで使い勝手のいい商品としておすすめとなっています。一応USBは3.0にも対応はしているものの、メインは2.0なのでそこが惜しいところではありますが、読み込みや書き込み速度は8倍速あるので、問題なく使えるでしょう。

接続環境によって多少不具合が起こることもあるようですが、ほとんどの方が使えているため、何か問題がある場合はメーカーにすぐ問い合わせてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
最新!人気のHDD搭載レコーダーおすすめランキング
おすすめ
HDD搭載
4K対応も!人気の高画質レコーダーおすすめランキング
おすすめ
高画質
必見!人気の同時録画機能レコーダーおすすめランキング
おすすめ
同時録画機能
便利!人気のスマホ対応レコーダーおすすめランキング
おすすめ
スマホ対応
人気の安いブルーレイレコーダーおすすめランキング
おすすめ
安くて使える