自分のお気に入りがきっと見つかる!
ピントルのレコーダー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
最新!人気のHDD搭載レコーダーおすすめランキング
おすすめ
HDD搭載
4K対応も!人気の高画質レコーダーおすすめランキング
おすすめ
高画質
必見!人気の同時録画機能レコーダーおすすめランキング
おすすめ
同時録画機能
便利!人気のスマホ対応レコーダーおすすめランキング
おすすめ
スマホ対応
人気の安いブルーレイレコーダーおすすめランキング
おすすめ
安くて使える

高画質!人気のブルーレイディスクおすすめランキング

ブルーレイディスクランキング

ブルーレイディスクというとDVDディスクより高いイメージがあり、実際にコストパフォーマンスとしても見劣りするところがあるかもしれません。

しかし1枚で多くのデータを保存できるブルーレイディスクだからこそ、高画質の映像が記録できるのです。ただそんなブルーレイディスクも様々な商品があり、どれを選んでいいのか分からないと言う方もいます。

ブルーレイディスクと一言に言っても種類もいくつかあり、それによって用途も違ってくるのです。知識がないと選ぶのも大変だと思うので、こちらではブルーレイディスクの種類と、高画質で人気の商品のおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ブルーレイディスクの特徴

ブルーレイディスクの特徴

ブルーレイディスクと言えば、読み込む面を見ると青色に見えることが特徴に挙がりますが、それ以外は従来のDVDディスクと同じ形状の光学ディスクとなっています。

そんな何の変哲もないようなディスクが、これまでにない大容量を実現しています。1層でも25GB、2層で50GBと非常に多くの情報量を記録できるメディアなのです。

これは記録に使う機器であるブルーレイレコーダーにも秘密があります。従来の記録に使っていたものよりも細い光である青紫色レーザーを使用して書き込みを行っているため、DVDと同じ面積しかなくても非常に多くの情報を記録することができるのです。

もちろんレコーダーだけの技術ではなく、それを受け取るディスク側にも特殊な加工がされているため、ブルーレイディスクという独自の光学ディスクが存在しています。

青紫色レーザーで書き込みや読み取りが可能なディスクなので「ブルーレイディスク」と呼称されています。

DVDディスクとの違い

上述したようにDVDディスクとは形状は同じで、背面のカラーが違う程度しか見た目の相違点はありません。物によってはDVDと背面のカラーも同じものもあります。

しかしその違いは書き込める容量に現れています。DVDでは1層で4.7GB、2層で8.5GBとなっており先述したブルーレイディスクの5分の1から6分の1程度しかありません。

そう考えると、ブルーレイディスクの容量の拡大は驚異的とも言えます。

またそれによって記録されている映像や音声のクオリティも格段に違いが生まれます。だからこそ綺麗な映像ならブルーレイディスクとなるのです。

ただその分、ブルーレイディスクは価格も高くなるため、コストを考える方はDVDを選ぶ方もいらっしゃる現状です。

ブルーレイディスクの種類

ブルーレイディスクの種類

ブルーレイディスクと一言でご紹介してきましたが、実はこのディスクにもいくつか種類があります。大きく分けると以下の3種類になります。

  • 読み出し専用
  • 追記型
  • 書き換え型

これから使っていきたいと言う方のためにも、それぞれの種類についてご紹介してきましょう。

読み出し専用

読み出し専用のものはBD-ROMと呼ばれ、主に読み取りのみしかできず、書き込みはできないようになっています。

主には販売やレンタルで手に入れられる映画やドラマなどのブルーレイディスク、PS3やPS4のゲームディスクがこれにあたります。

基本的には記録されたコンテンツを楽しむためのブルーレイディスクなので、それを目的として手に入れることがほとんどでしょう。

追記型

追記型のブルーレイディスクは主に2種類あります。

  • BD-R
  • BD-R BDXL

どちらも一度きりの書き込みが可能なディスクになります。そのため書き込んだ内容を書き換えることができません。

ただ最初の書き込みで、まだ書き込みできる容量が余っている場合は、後々その空き容量に追記することは可能なのです。

どちらもそのような特徴があるのですが、BDXLというものが付いている種類があります。こちらは2010年から策定された新規格であり、これまで最大2層しかなかったものを、3~4層まで拡張したディスクになります。

つまりこれで2倍以上の容量を得たことになります。3層で100GB、4層で128GBとなっており、これまで以上にデータを記録できるようになりました。

しかしBDXLは対応したブルーレイプレーヤーあるいはレコーダーでなければ読み込みも書き込みもできないので注意してください。

どんな人におすすめ?

追記は出来ても書き換えは出来ないことから、大切なデータを長期的に保存するのであればこちらがおすすめです。

後述の書き換え型になると、繰り返し使うことは出来ますが、誤ってデータを消してしまうと言ったトラブルにも見舞われることがあります。

また耐久性もこちらの方が上だと言われているので、長期的な保存を目的にするならおすすめとなります。

書き換え型

続いて書き換え型ですが、名前の通り、繰り返しデータを書き換えることが可能なディスクとなります。こちらも種類が2種類あります。

  • BD-RE
  • BD-RE BDXL

BDXLについては先ほど触れた通りです。こちらも大容量で様々なデータを書き込み、そして修正が出来るため単価が高いブルーレイディスクであっても繰り返し使えるのでコストパフォーマンスは良い方と言えます。

製品によりますが、その書き換え回数は約1,000~1万回と言われているので、かなりの回数と言えます。

どんな人におすすめ?

こちらも先ほども触れましたが、ブルーレイディスクは単価が高いのが課題となっています。しかしこちらの書き換え型であれば、何枚も持つ必要はなく、1枚でもかなりのデータの書き換えができます

もちろん1枚では不便さもありますので、10枚程度持っておくだけでかなり利便性は上がります。誤って書き換えて、データを消してしまう問うリスクはありますが、コストを考えるのであればおすすめです。

スポンサーリンク

人気のブルーレイディスクおすすめランキング:TOP10

ブルーレイディスクについては分かっていただけたと思いますので、ここからは具体的な商品についても触れていきたいと思います。

人気で評価も高めのブルーレイディスクをおすすめランキングとして10種ご紹介していきます。商品選びに悩んでいる方は、こちらも参考にしてください。

第1位:三菱ケミカルメディア / Verbatim VBR130RP50V4

現在の価格はコチラ

こちらは片面1層式で最大6倍速まで対応可能なブルーレイメディアになります。BD-Rなので一度きりの録画になりますが、50枚も入っているのでそうそうなくなることはありません。

これだけの枚数が入っていてこの価格はかなりの安さになります。書き損じることもほとんどなく、ブルーレイドライブなどを扱うメーカーからも推奨されるほどのメーカーです。

実際使っている方も多く、かなりの人がこちらを何度も使っているようです。BD-Rでコストを考えるのであれば間違いなくおすすめので商品です。

第2位:パナソニック(Panasonic) / LM-BR50LP20

現在の価格はコチラ

パナソニックから販売されている録画用の片面2層式ブルーレイディスクになります。20枚と枚数は少なく、価格こそ高いものの品質は確かとなっています。

また1枚が片面2層なので容量も50GBとかなりのものとなっています。価格よりも品質と思われている方にとってはおすすめの商品となっています。

>>パナソニックのおすすめレコーダーについて詳しくはコチラ

第3位:ソニー(Sony) / 10BNE3VCPS2

現在の価格はコチラ

品質ではソニー製も負けていません。こちらは10枚セットで価格はかなり高めなものの、100GBの容量をもつBDXLになります。

容量が多いだけにこの価格と言うこともあるのですが、繰り返し録画も可能な商品なので、枚数が少なくても十分に使えます。

ただBDXLなので対応機種でないと使えないのが玉に瑕ですが、そのようなレコーダーをお持ちであれば、是非使ってみてほしい商品です。

>>ソニーのおすすめレコーダーについて詳しくはコチラ

第4位に位:ソニー(Sony) / 50BNR1VJPP4

現在の価格はコチラ

こちらは1層式のブルーレイディスクになります。1層式でも25GBなのでかなりの容量ですが、4倍速に対応して50枚セットであればこの値段でもまずまず安い方です。

ソニー製と言うこともあり品質も高く、問題なく利用できるという声や、書き込みエラーとの少なさも評価に挙がっていました。

第5位:パナソニック(Panasonic) / LM-BR50LP10

現在の価格はコチラ

再びパナソニックから2層式の4倍速対応ブルーレイディスクになります。第2位の商品の10枚セットなだけですが、枚数が少ない分、値段も安くなっています。

とりあえずお試しでと言う方や、それほど枚数は要らないと言う方はこちらでもいいかもしれません。人気としても高めであることから、用途に合わせて選ぶのもいいでしょう。

第6位:三菱ケミカルメディア / Verbatim VBE130NP50SV1

現在の価格はコチラ

繰り返し録画可能なBD-REが登場です。片面1層で2倍速までの対応ではありますが、50枚の枚数での価格がかなり安い商品です。

繰り返し録画できるのでそれほど枚数は要らないと思われるかもしれませんが、的確に保管しておけば、BD-Rとしての使い方もできるので、こちらも目的に合わせて選ぶのも良いと思います。

ただコストパフォーマンスを考えたらなかなか良い商品なので、価格重視であればこちらもおすすめとなります。

第7位:パナソニック(Panasonic) / LM-BE25P20

現在の価格はコチラ

こちらも書き換えが可能なBD-REの1層式メディアとなります。さすがに2倍速までの対応となりますが、何度も書き換えられるのは便利です。

枚数も20枚と少なめで、価格は上記のものより高めですが、その分だけ品質の高さがあります。正直評価としてはこちらの方が上であり、安心と納得の品質と言う声も見られます。品質重視であれば、こちらを選んでみるのもいいでしょう。

第8位:三菱ケミカルメディア / Verbatim VBR130RP50V1

現在の価格はコチラ

三菱ケミカルメディアの1回録画用で1層式のブルーレイディスクが登場です。こちらは1層式でありながら2倍速にまでしか対応していないのは惜しいですが、盤面印刷が可となっているので、印刷機さえ持っていれば、ディスクの白面部分の印刷が可能となります。

書き損じなどの心配はあるもの2倍速対応な分、価格がさらに安くなっているので、安い物をお求めであれば、こちらでもいいでしょう。

第9位:マクセル / BRV25WPE.50SP

現在の価格はコチラ

マクセルからも1回録画用の4倍速対応ブルーレイディスクが販売されています。50枚入りで価格としては三菱ケミカルメディアには及ばないものの、評価は高めの商品です。

実際にメディアを大量ストックしたい場合におすすめと言う声や、何度もリピートしているなど人気も高めとなっているのでおすすめです。

第10位:ソニー(Sony) / 20BNE1VJPP2

現在の価格はコチラ

こちらは枚数こそ少ないですが、何度も書き換えられるBD-REなのでそれほど気にならないでしょう。それでも20枚は入っており、2倍速まで対応してくれます。

また20枚のBD-REでこの価格はなかなか良心的と言えるほど安い商品でもあります。それでいて品質はなかなか良く、安定していて一度も書き込みエラーを起こさなくて良いなど高評価の商品なので、BD-REならこちらでもいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
最新!人気のHDD搭載レコーダーおすすめランキング
おすすめ
HDD搭載
4K対応も!人気の高画質レコーダーおすすめランキング
おすすめ
高画質
必見!人気の同時録画機能レコーダーおすすめランキング
おすすめ
同時録画機能
便利!人気のスマホ対応レコーダーおすすめランキング
おすすめ
スマホ対応
人気の安いブルーレイレコーダーおすすめランキング
おすすめ
安くて使える