自分のお気に入りがきっと見つかる!
ピントルのレコーダー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
最新!人気のHDD搭載レコーダーおすすめランキング
おすすめ
HDD搭載
4K対応も!人気の高画質レコーダーおすすめランキング
おすすめ
高画質
必見!人気の同時録画機能レコーダーおすすめランキング
おすすめ
同時録画機能
便利!人気のスマホ対応レコーダーおすすめランキング
おすすめ
スマホ対応
人気の安いブルーレイレコーダーおすすめランキング
おすすめ
安くて使える

コスパがいい!人気のDVDディスクおすすめランキング

DVDディスクランキング

VHSに変わり長らく主力としてデジタルデータの保存などに活躍してきたDVDディスクですが、ブルーレイディスクの台頭はあったものの、今も現役で活躍しています。しかしそんなDVDに様々な種類があることは意外に知らない方も多いようです。

DVDディスクには多くの種類があり、それによって用途や価格も変わってきます。これからも使っていくから知っておきたいと言う方のために、こちらではそんなDVDディスクの種類とコストパフォーマンスが良い人気の商品のおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

DVDディスクの特徴

DVDディスクの特徴

かつての技術革新からデジタルデータを記録できるようになったDVDディスクですが、最近ブルーレイディスクにその存在を脅かされながらも、まだまだ現役の光学ディスクになります。

DVDは円形のディスクで1層で4.7GB、2層で8.5GBの容量を持ち、1層でもCDのおよそ7倍の容量を持つ大容量ディスクになります。写真などの静止画からテレビ番組などの動画まで、記録できるので便利なメディアとなります。

画質にこだわらないなら絶対DVDディスクがおすすめ

ただし、現在の地上デジタル放送などを記録するとなると容量としては些か不足気味です。そのためブルーレイディスクが台頭してきたわけです。

しかし画質などにこだわらないのでえらば、DVDディスクの方が圧倒的におすすめになります。これはコスト的な面が大きく挙がります。

DVDは登場当時こそ少々高めですが、現在は商品数も非常に増え、生産ラインなども確立されている点や、大量生産や産地によりコストがかなり抑えられているので、1枚当たりの単価がかなり安いのも特徴になります。

1枚に記録できる内容は少なくなりますが、大画面などで見ない限り画質としてはそれほど気にならないこともあるので、画質へのこだわりが無いのであればおすすめというわけです。

DVDディスクの種類

さてそんなDVDディスクですが、細かく分けると種類も多いのが特徴です。ただ大きく分けると3種類に分かれるので、まずはそこを抑えておきましょう。

  • 読み出し専用
  • 追記型
  • 書き換え型

この3種類の中にも、いくつかの種類に細分化されるので、そのあたりも含め、その特徴を見てみましょう。

読み出し専用

読み出し専用のものはDVD-ROMと呼ばれ、主に読み取りのみしかできず、書き込みはできないようになっています。

主には販売やレンタルで手に入れられる映画やドラマなどのDVDディスク、プレーステーションやX-BOXなど多くのゲームのディスクがこれにあたります。

基本的には記録されたコンテンツを楽しむためのメディアなので、それを目的として手に入れることがほとんどでしょう。

追記型

続いて追記型になります。追記型は基本的に繰り返し書き込むことは出来ず、1度のみとなりますが、書き込んだ際にまだ容量が空いている場合は、そのスペースに後々追記をすることができるのです。

  • DVD-R
  • DVD-R DL
  • DVD+R
  • DVD+R DL

その種類はこの4つになりますが、分け方としては2種類です。

まず「DVD-R」と「DVD+R」の違いとしてはファイナライズの有無になります。

DVD-Rはファイナライズを行っている場合、容量が空いていても追記が不可能になります。となればファイナライズさえしておらず、容量さえ空いていれば追記可能となるのです。それに対してDVD+Rは容量さえ空いていれば追記可能となっています。

あとはDLという表記ですが、これは2層式を表しています。つまり、DLが付いているものは8.5GBの容量があることが分かるのです。

どんな人におすすめ?

基本的に一度だけの書き込みになりますので、大切なデータを長期的に保存したい方にはおすすめになります。

追記できるとはいえ、一度書き込んだデータは消すことができないですし、耐久性も高いとされているので、データ保存にはもってこいのタイプなのです。

書き換え型

書き換え型はその名の通り、何度も繰り返して書き換えができるディスクになります。その回数は最低でも約1,000回は出来るとされています。その種類は以下のようになっています。

  • DVD-RW
  • DVD+RW
  • DVD-RAM

こちらも3種類に分かれますが、「-」と「+」の違いは追記型同様にファイナライズの有無になります。

またもう1つDVD-RAMという書き換え型特有のものもあります。こちらは10万回もの書き換えが可能であり、しかも書き込みのために特別なライティングソフトが必要ないのです。

言うなればかつてのフロッピーディスクや、HDDにデータを保存するかのように簡単に書き込み、書き換えが出来るのです。

非常に便利ではあるのですが、DVD-RAM対応の機器でしか再生や録画ができないので注意してください。

どんな人におすすめ?

こちらの書き込み型は大量のDVDディスクを持ちたくない方におすすめです。さすがに1枚では不足しますが、10枚程度あれば、書き換えをすることで何度もデータを保存することができます。

ドラマなど見終わったデータが入ったディスクに、他の映画やドラマを保存するなどの使い方ができますが、誤って残しておきたいデータも消してしまうリスクもあるので気を付けてください。

スポンサーリンク

人気のDVDディスクおすすめランキング:TOP10

人気のDVDディスクおすすめランキング:TOP10

さてDVDディスクについては分かっていただけたと思いますが、具体的な商品についても知りたい方はいらっしゃると思います。そこでここからは人気のDVDディスクのおすすめランキングもご紹介していきます。商品選びにお悩みの方はこちらも参考にしてみてください。

>>おすすめのブルーレイディスクはコチラ

第1位:三菱ケミカルメディア / VHR12JP50V4

現在の価格はコチラ

DVDディスクをお探しならまずこちらがおすすめです。1回録画用ではありますが、16倍速まで対応し50枚セットで価格が非常に安い商品となっています。

とにかく安いことで人気であり、品質もまずまずとのことです。どうしても大量生産品なので、稀に不良品はあるようですが、その可能性はそれほど高くはありません。

安い商品でなるべくたくさんストックしておきたいと言う方にはおすすめの商品となっています。

第2位:三菱ケミカルメディア / VHR21HDSP10

現在の価格はコチラ

こちらも価格が安い録画用のDVDディスクになります。10枚セットにはなるものの単価だけで見れば第1位よりも安いです。

ただその分書き込み速度は8倍速までしか対応していません。それほど急がなくてもいいし、たくさん必要ないと言う方にはおすすめかもしれません。

実際に購入している方も多く、こちらの方が書き込みエラーも少ないとのことで、品質的にも評価されていました。

第3位:That's / DR-85WWY50BA

現在の価格はコチラ

価格で言えばこちらもおすすめです。片面2層式で容量も大きく、50枚のパッケージングで1枚が1円程度と非常に安い商品なのです。

対応速度こそ8倍速までですが、2層式なら十分な速度となります。品質も高い安心の日本製と言うことで購入される方も多く、書き損じも少ない安定感が高評価となっていました。2層式ならまずこちらをおすすめさせていただきます。

第4位:三菱ケミカルメディア / Verbatim DHR85HP25V1

現在の価格はコチラ

こちらも片面2層式のDVDディスクになります。8倍速までの対応で25枚パックと枚数は少ないですが、価格としては上記に勝るものとなっています。

それほど大量には使わないけど、たまに録画で使用したいと言う方にはおすすめの価格と枚数となっています。

第5位:三菱ケミカルメディア / Verbatim DTR85HP25V1

現在の価格はコチラ

型番が非常に似ていて分かりにくいですが、こちらはDVD+Rであり、ファイナライズの有無にかかわらず追記が可能な商品です。

書き込み速度や枚数は上記と変わりませんが、価格がわずかに変わります。ただどちらを選ぶかは人それぞれなので、用途に合わせて選んでいただくといいでしょう。

第6位:HI-DISC / DR47JNP100_BULK

現在の価格はコチラ

真っ黒なパッケージが印象的なHI-DISCの商品です。100枚入りと言うとんでもない枚数で売られています。16倍速対応となかなかの性能にはなっているのですが、評価を見ると書き損じることも幾度かあるようです。

枚数が多いものほど不良品が混入している可能性も高くなります。それでも枚数と単価重視で購入されるのであれば、こちらでも良いと思います。

第7位:ALL WAYS / ACPR16X100PW

現在の価格はコチラ

こちらも100枚セットで16倍速にまで対応した1層式のDVDディスクになります。評価の方はこちらの方が上であり、エラーもほとんどなく安定していることが見受けられます。

ただ全員ではなく、物によってはエラーが多いものもあるようなので若干博打なところはあります。それでもお得感もあり、購入してよかったという声が多い商品です。

第8位:三菱ケミカルメディア / Verbatim DTR85HP10SV1

現在の価格はコチラ

こちらは2層式のDVD+Rであり、8倍速まで対応している商品になります。大容量なので10枚セットではありますが、それでも価格も安く、枚数がそれほど要らないと言う方にはおすすめとなります。

もう少し安くてもいいという声もありますが、2層式であれば概ね満足であるという意見の方が多く、お買い得商品のようです。

第9位:HI-DISC / HDDR47JNP100

現在の価格はコチラ

再び100枚入りの商品が登場です。16倍速対応なのは相変わらずですが、こちらの方が少し高めになります。その分だけ品質も向上しており、エラーも少なくて安定感があるので、コストパフォーマンスを考えるとこちらの方がお得になるかもしれません。

第10位:三菱ケミカルメディア / Verbatim VHW12NP10V1

現在の価格はコチラ

こちらは書き換え可能なDVD-RWの10枚セットになります。RWなのでさすがに価格は少し上がりますが、何度も使えると言うことで枚数としては10枚でも問題なく使えるでしょう。

安定感もあり、大抵はエラーが出ることもないのですが、環境によってはフォーマットができないなどの不具合があるものもあるようです。価格も安いので、エラーはある程度覚悟の上で購入したほうがいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
最新!人気のHDD搭載レコーダーおすすめランキング
おすすめ
HDD搭載
4K対応も!人気の高画質レコーダーおすすめランキング
おすすめ
高画質
必見!人気の同時録画機能レコーダーおすすめランキング
おすすめ
同時録画機能
便利!人気のスマホ対応レコーダーおすすめランキング
おすすめ
スマホ対応
人気の安いブルーレイレコーダーおすすめランキング
おすすめ
安くて使える