おむつの全てが解る比較ナビ
ピントルのおむつ専門ページ

>> 今年のおむつ人気ランキング <<
1位 2位 3位 4位 5位
パンパース パンパースの特徴 メリーズ メリーズの特徴 ムーニー ムーニーの特徴 グーン グーンの特徴 ゲンキ ゲンキの特徴

布おむつと紙おむつはどちらがオススメ?

布おむつと紙おむつはどちらがオススメ?

赤ちゃんにとっての必須アイテムの一つであるおむつ。そんなおむつにには紙おむつと布おむつの二つの種類のおむつがあります。現在では圧倒的なシェアを誇る紙おむつですが、今でも布おむつを使うお母さんはいます。

ではこの紙おむつと布おむつ、実際にはどちらのおむつがおすすめなのでしょうか。ここでは布おむつのメリットやデメリットについて確認しながら検証してきます。

スポンサーリンク

布おむつの特徴

布おむつの特徴

近年では圧倒的なシェアを誇る紙おむつですが、そんな中でも根強いファンを持つのが布おむつです。これからお子様を持つ方も布おむつを検討している方もいらっしゃるでしょう。

では実際のところ布おむつにはどんな特徴があって、今布おむつを使用している人はどんな理由で使用しているのでしょうか。ここでは、そんな布おむつがどんな特徴を持つのかについて紹介していきます。

赤ちゃんの肌にやさしい

布おむつを使用する多くのお母さんがこの点を気にされているようです。赤ちゃんのお肌はとってもデリケートなので肌触りのよい布おむつをはかせる方が、赤ちゃんのおしりにもやさしいとされています。

実際に紙おむつを使うことによっておむつかぶれを引き起こす赤ちゃんも多くいるようですが、これはおむつ交換の頻度や赤ちゃんの肌質、体質も関係してくるので一概に紙おむつがダメというわけではありません。

また度重なる洗濯によって繊維が劣化した布おむつは赤ちゃんのお尻を刺激してしまうこともあるので、この点は布おむつにおいても注意が必要であると言えるでしょう。

おむつはずれが早い

布おむつは、紙おむつと違い、おしっこをした時の不快感を赤ちゃんはダイレクトで感じることになります。そのため、赤ちゃんはその不快感を泣いてお母さんにすぐに伝えるでしょう。

これを繰り返し行うことによって、その不快感の要因を自分で理解しおむつにおしっこをする前にお母さんに知らせるトレーニングにもなっているという考え方があるようです。

>>おむつはずしが早くなるポイントについてはコチラ

布おむつはゴミが出ない

紙おむつを使う方にとってバカにならないのがゴミの量です。一般的に赤ちゃんのおむつが外れるまでに出るおむつのゴミの量は、赤ちゃん一人当たり2トンと言われています。

紙おむつの場合ゴミ出しもそれなりに大変になってくると言えるでしょう。布おむつはその点において非常にエコなおむつということになります。

>>おむつの処理方法についてはコチラ

布おむつと紙おむつの比較

布おむつと紙おむつの比較

上記では布おむつが持つ特徴について紹介してきました。ではそんな特徴を含めて紙おむつとはどんな違いがあるのか、様々な観点から比較していきましょう。比較条件によってはすべての方に当てはまらないものもあるかもしれませんが、是非参考にしてみてください。

布おむつと紙おむつのコスト比較

布おむつと紙おむつとの比較について、まずはコストの面から比較していきます。

布おむつは最初にそろえる布おむつ、おむつカバーなどの初期費用が若干必要になってきます。カバーについては赤ちゃんの成長とともに買い換えていくことになるでしょう。ただし一度買ってしまえば、後は洗濯して使っていくので、おむつ自体にそれ以上の費用はかからなくなります。

一年間のおおよそのコストは布おむつとおむつカバーで一年間で20,000円前後と考えれば良いでしょう。

それに対して紙おむつは、いわゆる使い捨てです。都度新しい紙おむつを購入していくことになります。紙おむつはサイズが大きくなるごとにコストが高くなるので、一年分を平均した場合の一枚あたりのコストを約20円弱、一日6~7枚の紙おむつを消費するとして一ヶ月あたり4,000円前後として計算します。

その場合の紙おむつのコストは一年間ではおよそ48,000円前後のコストとなるでしょう。

このことから布おむつと紙おむつでは圧倒的に布おむつの方が低コストで済むことがお分かりいただけるかとも思います。

布おむつと紙おむつの洗濯の手間

続いて比較するのは、洗濯の手間です。コストの面では圧倒的に有利な布おむつですが、どうしても洗濯の手間がかかってしまうというのが布おむつの大きなデメリットと言えるでしょう。

紙おむつはその点おむつを洗濯するという手間は一切かかりません。赤ちゃんがおしっこやウンチをしたらそのままとりかえて処分するだけとなっています。

この点は家事や育児、ましてや働きながら子育てをしているというお母さんにとっては非常に大きなポイントです。布おむつを使うことを選んだお母さんたちが、布おむつの使用を断念し、紙おむつに変わっていく大きな要因の一つが、この布おむつの洗濯であると言えるでしょう。

>>布おむつの洗い方についてはコチラ

布おむつと紙おむつの交換頻度の差

布おむつと紙おむつ、当然ながらどちらも交換の必要があるものです。では紙と布のおむつではどちらの方が交換頻度が高いといえるのでしょうか。

この点に関しては、どうしても布おむつの方が交換頻度が高いということは間違いないでしょう。現在の紙おむつは非常に性能もよく、滅多なことでは横漏れなどしにくいだけでなく、吸水性も非常に良く、頻繁に交換する必要がありません。

一方で布おむつは横漏れや浸透などがしやすく赤ちゃんも不快に感じやすいために頻繁に交換する必要があります。そのため布おむつの方がお母さんのおむつ交換の手間が増えると言うことになるでしょう。

しかし逆にいえば、赤ちゃんとのスキンシップの時間も増え、赤ちゃんとお母さんの信頼関係が構築されやすいとも言えます。また頻繁におむつ交換をすることによって赤ちゃんのおむつかぶれのリスクを減らすことにもつながるでしょう。

>>おむつかぶれの原因と対策方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今年のおむつ人気ランキング <<
1位 2位 3位 4位 5位
パンパース パンパースの特徴 メリーズ メリーズの特徴 ムーニー ムーニーの特徴 グーン グーンの特徴 ゲンキ ゲンキの特徴