おむつの全てが解る比較ナビ
ピントルのおむつ専門ページ

>> 今年のおむつ人気ランキング <<
1位 2位 3位 4位 5位
パンパース パンパースの特徴 メリーズ メリーズの特徴 ムーニー ムーニーの特徴 グーン グーンの特徴 ゲンキ ゲンキの特徴

おむつ処理ポット(おむつゴミ箱)って必要なの?

おむつ処理ポット(おむつゴミ箱)って必要なの?

今や子育てのおむつ時期において必須とすら言われているおむつ処理ポット、通称おむつゴミ箱ですが、おむつを捨てる専用のゴミ箱なんて必要なの?という意見もチラホラ、もちろん昔はおむつゴミ箱なんて無かったわけですが、おむつが外れる3歳前後までおむつゴミ箱なしで完走する人もいます。
そこで今回はおむつゴミ箱があると役立つポイントや、おむつゴミ箱選びで注意する部分、さらにおむつゴミ箱無しで過ごしている人たちのおむつの捨て方など、おむつゴミ箱は必要なの?不要なの?といった悩みを解決していきましょう。

スポンサーリンク

おむつを捨てる専用のゴミ箱はあると便利!

おむつを捨てる専用のゴミ箱はあると便利!

赤ちゃんのうんちやおしっこを吸収して役目を果たしたおむつ、気になるのはやっぱりニオイですよね。おむつについたうんちをトイレに流して蓋つきの袋に捨てればあまり気になりませんが、1日に何十回もそんな事するのはちょっと大変!というのがママたちの本音ではないでしょうか?ましてやマンションの共有ゴミ捨て場に臭いのするおむつが沢山入ったゴミ袋というのも迷惑ですから。

そこでオススメなのが、消臭効果のあるおむつのゴミ袋、これに入れればうんちをおむつに入れたままでも臭いが外に出ることはありません。ゴミ箱に捨てるだけで勝手にこの消臭ゴミ袋に入ってくれて、なおかつ適正な量になったら満タンになるというのがこの「おむつ専用のゴミ箱」なのです。

普段なら、おむつを交換した後におむつの中のうんちをトイレに捨てて、小さいビニール袋に小分けして入れて、おむつはおむつで別のゴミ箱へ、と手間のかかる作業をしなければなりませんが、おむつゴミ箱があれば、おむつ交換を終えたおむつを丸めてゴミ箱にポイするだけでおしまいです。ママを重労働から解放した革命的な便利グッズとも言えるでしょう。

おむつゴミ箱を選ぶときはココがポイント!

おむつゴミ箱というのは多種多様なベビー用品向けのブランドから販売されていますが、今先輩ママ達から「おむつゴミ箱はこれ一択!」と言われているのは「アップリカのにおわなくてポイ」というおむつ専用のゴミ箱。

「うちは食事をするリビングにアップリカの袋に入れたおむつを放置してるけど気にならない」という意見もあるほどニオイに関しては完璧な防臭性能、カートリッジは高い!なんて意見もありますがアップリカの"におわなくてポイ"なら一ヶ月で1個しか使わないし、おむつ交換の後処理も本当にゴミ箱にポイっと捨てるだけだから新生児の時はかなり助かる!と高評価。

おむつ処理ポットの購入を考えている人は、他のおむつゴミ箱を買って失敗しないためにも、金額的な折り合いがつくのであればアップリカのにおわなくてポイを買っておくのが無難と言えるでしょう。

現在の価格はコチラ

おむつゴミ箱なんて必要ないでしょ?というママの意見

我が家はおむつゴミ箱を使用していません!という意見としては

・おむつゴミ箱はランニングコストがかかるから大変
・以外と大きいから部屋に置いておきたくない
・おむつだけでも出費がすごいのに・・・
・カートリッジ代に毎月800円はちょっと・・・
・おむつが不要になったらゴミ箱自体を捨てるのも面倒
・結局自治体のゴミ袋に入れなければいけないから不便

といった意見が多く見られました。

おむつゴミ箱のランニングコスト

おむつゴミ箱として一番有名なアップリカのにおわなくてポイを参考にすると、おむつゴミ箱の本体価格が約2000円、そして専用のカートリッジ(おむつ専用ゴミ袋)は1個あたり約800円です。そしてカートリッジは平均して1ヶ月間で1個程度を消費するため、初期投資だけでなくおむつゴミ箱を使用し続ける限りランニングコストが発生します。

・12ヶ月(1年間)×800円=9,600円
・24ヶ月(2年間)×800円=19,200円
・36ヶ月(3年間)×800円=28,800円
・48ヶ月(4年間)×800円=38,400円

もし仮に4歳までおむつが外れなかったらおむつを処理するだけで4万円近いコストがかかります。もちろん子供の年齢が上がればおむつを使用する回数も減るため、この予想コストよりは低くなると思いますが、おむつ代で家計が火の車なら、おむつゴミ箱はちょっと出費がかさみすぎるという判断もできます。

おむつゴミ箱を使わなくても大丈夫なの?

高いから使わない!といっても、おむつゴミ箱なしでおむつ処理しても大丈夫なのでしょうか?、もちろん大丈夫です。多少おむつゴミ箱を使わないことで手間は増えますが、使わずに処理することもできます。

適当な大きさのプラスチックかごや蓋つきのゴミ箱を用意し、ロール式の小さいビニール袋を買ってきて、一回一回袋におむつを入れてから捨てましょう。

ニオイ対策としては、うんちの場合はトイレにしっかりと流してから捨てたり、ゴミ箱をトイレに設置したりすれば大丈夫です。ロール式のビニール袋に入れればそれほどニオイは気になりませんし、大きなゴミ袋に移して捨てる際も中身が見にくくなるため、マンションの共有ゴミ置場でもそれほど気になることはありません。

>>正しいおむつの処理方法についてはコチラ

スポンサーリンク

結論!おむつゴミ箱は必要なのか!?

結論!おむつゴミ箱は必要なのか!?

まいにち大量に出るおむつを処理する時間や手間、さらには快適さを考えれば、価格に見合った効果を得られるため、おむつゴミ箱は『必要』といえるでしょう。

もちろん節約のために毎日の努力を惜しまない、もしくはそれほどおむつから出るニオイを気にしない!という場合はそこまで重要ではないかもしれません。しかしもし奥様が「おむつゴミ箱が欲しい!」と言っているのを聞いて、旦那様がこのページを見ているのであれば買ってあげて欲しいなと思います。

新生児の時期は特に、おむつ交換の合間に食事をしているような気分になるくらい、常におむつ交換と隣り合わせですから、その時間が毎回短縮されるのはかなりのストレス緩和になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今年のおむつ人気ランキング <<
1位 2位 3位 4位 5位
パンパース パンパースの特徴 メリーズ メリーズの特徴 ムーニー ムーニーの特徴 グーン グーンの特徴 ゲンキ ゲンキの特徴