用途によってぴったりなアイテムが見つかる!
ピントルのロボット掃除機専門ページ

おすすめの記事はコチラ
【2018年最新】おすすめのモデルはこれ!人気ロボット掃除機の性能比較
ロボット掃除機
比較とおすすめ
床拭き!フローリングの掃除におすすめのロボット掃除機
フローリング向け
ロボット掃除機
コスパ最強!おすすめの安いロボット掃除機ランキング
安い
ロボット掃除機
【2018年】ルンバの選び方とおすすめモデル5選
ルンバ
選び方とおすすめ
何が違うの?ルンバのシリーズやモデルを徹底比較
ルンバ
徹底比較

外出先から操作!おすすめのスマホ対応ロボット掃除機

【スマホ対応】おすすめのロボット掃除機

最新のロボット掃除機は、スマートフォンからの操作に対応し、外出先から簡単に操作をする事ができます。

モデルによっては、掃除を行った時間やエリアを事細かにチェックできるものもあります。

「外出中でもロボット掃除機の操作がしたい」「買い物中に急な来客が決まったけど、家の掃除が...」なんて時に対応できる大変便利なロボット掃除機です。

ここでは、外出先から操作!おすすめのスマホ対応ロボット掃除機をご紹介。

それぞれのモデルの特徴やスマホからどのような操作が可能なのかについて解説していきます!

>>徹底比較!2018年最新のおすすめロボット掃除機を知りたい方はコチラ

スポンサーリンク

パナソニック/ ルーロ MC-RS800

現在の価格はコチラ

国内メーカーで最も人気の高いパナソニック「ルーロ」もスマートフォンからの操作に対応しています。

専用アプリ「RULOナビ」からは、様々な設定や情報の確認を行う事が出来ます。

  • 運転の開始や停止
  • 運転モードの設定
  • お掃除記録
  • エリア指定
  • スケジュール設定

「自動モード」「エリア指定モード」「徹底掃除モード」「お手軽モード」とお部屋の汚れ具合に応じて、様々な運転モードをスマホから設定する事が出来ます。

例えば「急な来客が決まった!」なんてときは、お買い物先から「お手軽モード」を選択。

ゴミが溜まっている場所だけを、急ピッチでお掃除してくれます。

また、「お掃除したいエリア」「させたくないエリア」を設定できる「エリア指定機能」も大変便利です。特にペットを飼われている方から高評価!

価格の目安は、約10万円。サイズは「幅33cm×高さ9.2cm×奥行32.5cm」。

>>パナソニックのロボット掃除機「ルーロ」の口コミと比較

アイロボット / ルンバ980

現在の価格はコチラ

「ルンバ」の中でも、最もハイエンドのモデルが「ルンバ980」になります。

カーペット上で高い吸引力は発揮する「カーペットブースト機能」や最大112畳の広範囲を清掃できる点が大変人気になっています。

「ルンバ980」は専用アプリ「iRobot HOMEアプリ」を使用する事により外出先から様々な操作を行う事が可能になっています。

  • 運転の開始や停止
  • タイマー機能(予約機能)
  • Clean MAPレポート
  • スマートスピーカー

外出先から「ルンバ」の運転の開始や停止が出来る他、時間を設定して運転を開始する「タイマー機能」を搭載しています。

また、「お部屋のどのあたりにゴミが多かったのか」「集中的に清掃した場所」を確認する事が出来る「Clean MAPレポート」にも対応。

専用のスピーカーを購入すれば、音声での操作も可能になります。

価格の目安は、約11万円。サイズは、「最大幅35.3cm×高さ9.2cm」。

>>何が違うの?ルンバのシリーズやモデルを徹底比較はコチラ

>>【2018年】ルンバの選び方とおすすめモデル5選はコチラ

スポンサーリンク

ダイソン / Dyson 360 eye

現在の価格はコチラ

世界初のサイクロン式掃除機を開発したダイソンから発売されている「Dyson 360 eye」。

他メーカーのロボット掃除機の4倍もの吸引力で、0.5ミクロン程度の微細なハウスダストや花粉、ペットのフケなどを逃さず吸引する事が出来ます。

「Dyson Link アプリ」で、以下のような操作が可能になっています。

  • 運転の開始や停止
  • スケジュール予約
  • 「通常モード」「静音モード」の切り替え
  • お掃除記録の確認
  • 製品ガイドの閲覧

運転音を通常モードより約35%抑えた「静音モード」が使用できるのが便利な点ですね。

価格の目安は、約9.5万円。サイズは、「幅23cm×高さ12cm×奥行24cm」。

>>ダイソンのロボット掃除機「Dyson 360 eye」の特徴と口コミはコチラ

アイロボット / ルンバ690

現在の価格はコチラ

ルンバの中でも一番リーズナブルな価格帯の「600シリーズ」。その中で、「ルンバ690」は唯一スマートフォンからの操作を行う事が出来ます。

専用アプリ「iRobot HOMEアプリ」を使用する事により、以下のような操作が可能。

  • 運転の開始や停止
  • タイマー機能(予約機能)
  • スマートスピーカー

上記でご紹介した「ルンバ980」とほぼ同じ操作がスマホから可能になっていますが、1点異なるのは「Clean MAPレポート」を使用できない点です。

価格の目安は、約5万円。サイズは「最大幅34cm×高さ9.2cm」。

シャープ / ココロボ RX-V200

現在の価格はコチラ

ココロボ「RX-V200」は、「遠隔家電コントロール」が搭載されているのが大きな特徴です。

遠隔家電コントロールを使用すれば、ココロボはもちろんの事、シャープ製以外の家電製品のON/OFFを簡単に操作することができます。

また、ココロボ本体に搭載されたカメラや複数のセンサーにより、「室内の温度」「湿度」「お部屋の静止画」を確認する事も。

価格の目安は、約4万円。サイズは、「幅31cm×高さ9cm×奥行31cm」。

>>シャープのロボット掃除機「ココロボ」の特徴や口コミ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
【2018年最新】おすすめのモデルはこれ!人気ロボット掃除機の性能比較
ロボット掃除機
比較とおすすめ
床拭き!フローリングの掃除におすすめのロボット掃除機
フローリング向け
ロボット掃除機
コスパ最強!おすすめの安いロボット掃除機ランキング
安い
ロボット掃除機
【2018年】ルンバの選び方とおすすめモデル5選
ルンバ
選び方とおすすめ
何が違うの?ルンバのシリーズやモデルを徹底比較
ルンバ
徹底比較