用途によってぴったりなアイテムが見つかる!
ピントルのロボット掃除機専門ページ

おすすめの記事はコチラ
【2018年最新】おすすめのモデルはこれ!人気ロボット掃除機の性能比較
ロボット掃除機
比較とおすすめ
床拭き!フローリングの掃除におすすめのロボット掃除機
フローリング向け
ロボット掃除機
コスパ最強!おすすめの安いロボット掃除機ランキング
安い
ロボット掃除機
【2018年】ルンバの選び方とおすすめモデル5選
ルンバ
選び方とおすすめ
何が違うの?ルンバのシリーズやモデルを徹底比較
ルンバ
徹底比較

ロボット掃除機のメーカーまとめ。どんな特徴があるのかを徹底解説!

ロボット掃除機のメーカーまとめ

「ロボット掃除機が欲しいけど、どのメーカーが良いのか分からない!」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

大人気家電「ロボット掃除機」は、様々なメーカーから多くのシリーズやモデルが発売されています。

この記事では、アイロボット「ルンバ」「ブラーバ」をはじめ、パナソニック「ルーロ」、日立「ミニマル」、シャープ「ココロボ」など売れ筋メーカーの特徴についてまとめています。

ロボット掃除機の購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください!

徹底比較!2018年最新のおすすめロボット掃除機を知りたい方はコチラ

スポンサーリンク

アイロボットのロボット掃除機「ルンバ」とは?

現在の価格はコチラ

「ロボット掃除機」の中で最も人気の高い「ルンバ」。「ロボット掃除機=ルンバ」と認識する人も多いのではないでしょうか?

ルンバの特徴は、「広範囲の清掃が可能」な点と「高い吸引力」にあります。

ルンバ独自の強力クリーニング機能「AeroForce」を搭載し、最大で112畳の広範囲を時間をかけずに清掃する事が出来ます。

また、ロボット掃除機では難しいとされていた「カーペット」や「ラグ」「絨毯」に入り込んだホコリも強力な吸引システムによって、綺麗に掃除する事を可能にしています。

「ルンバ900シリーズ」「ルンバ800シリーズ」「ルンバ600シリーズ」の3シリーズに分かれており、価格帯や機能が大きく異なってきます。詳しく知りたい方は、以下の記事をご確認ください。

何が違うの?ルンバのシリーズやモデルを徹底比較
【2018年】ルンバの選び方とおすすめモデル5選

「ルンバ」の主要モデルと価格帯
ルンバ980 110,000円
ルンバ890 70,000円
ルンバ641 40,000円

アイロボットのロボット掃除機「ブラーバ」とは?

現在の価格はコチラ

アイロボット社は、「ルンバ」の他に「ブラーバ」というシリーズを発売しています。

ルンバがごみの「吸引」を目的として設計されているのに対し、「ブラーバ」は床の拭き掃除を目的としています。

床にこびりついてしまった「食べかす」や「飲みこぼし」を、水分を含ませたクリーニングパットで拭き取っていきます。

フローリングでの使用には適している反面、「カーペット」や「ラグ」「絨毯」の上の掃除はする事が出来ません。小さなお子様がいる家庭で人気のあるシリーズです。

アイロボットのロボット掃除機「ブラーバ」の口コミや評判は?

「ブラーバ」の主要モデルと価格帯
ブラーバ ジェット 240 30,000円
ブラーバ 380j 40,000円
スポンサーリンク

パナソニックのロボット掃除機「ルーロ」とは?

現在の価格はコチラ

パナソニックは、「ルーロ」と呼ばれるロボット掃除機を発売しています。

丸い形状が多いロボット掃除機ですが、「ルーロ」は独自の「三角形状」を採用。そのため、お部屋の「隅」に溜まったゴミをかき出して吸引するのを得意としています。

またアイロボット「ルンバ」と同様に、広範囲の清掃(最大で120畳)が出来るのも魅力の一つになっています。国内メーカーとしては、最も売れているロボット掃除機です。

パナソニックのロボット掃除機「ルーロ」の口コミや評判は?

「ルーロ」の主要モデルと価格帯
MC-RS800 100,000円
MC-RS300 70,000円
MC-RS20 42,000円

日立のロボット掃除機「ミニマル」とは?

現在の価格はコチラ

日立は、コンパクトサイズのロボット掃除機「ミニマル」を展開しています。「ミニマル RV-EX20」は、「幅25cm×高さ9.2cm」と主要メーカーの中では最もコンパクトなサイズを実現。

ソファーの下や、机の下など、なかなかお掃除しづらいスペースに入り込み、清掃を行ってくれます。

運転音を抑えた「マナーモード」を搭載するなど、使い勝手の良さも人気の秘訣です。

日立のロボット掃除機「ミニマル」の口コミや評判は?

「ミニマル」の主要モデルと価格帯
RV-EX20 80,000円
RV-EX1 70,000円

シャープのロボット掃除機「ココロボ」とは?

現在の価格はコチラ

シャープのロボット掃除機「ココロボ」は、音声によるコミュニケーションが可能になっており、まるでペットの様に扱える「かわいらしい」シリーズです。

「強力な吸じんシステム」を採用し、カーペットやラグの上でも難なくお掃除をこなせます。

国内主要メーカーの中でも比較的安価で購入する事が出来るのも嬉しいポイントです。

シャープのロボット掃除機「ココロボ」の口コミや評判は?

「ココロボ」の主要モデルと価格帯
RX-V95A 40,000円
RX-V200 40,000円
スポンサーリンク

東芝のロボット掃除機「トルネオロボ」とは?

現在の価格はコチラ

東芝は、使い勝手に優れたロボット掃除機「トルネオロボ」を展開しています。

他メーカーにはない「ダストステーション」というシステムを採用し、「ゴミ捨て」にかかる労力を最大限減らしてくれます。

また「Wサイドアームブラシ」を採用し、「壁際のゴミ」をうまく処理できるのも特徴です。

東芝のロボット掃除機「トルネオロボ」の口コミや評判は?

「トルネオロボ」の主要モデルと価格帯
VC-RVS2 60,000円
VC-RV2 50,000円
VC-RCX1 60,000円

ダイソンのロボット掃除機「Dyson 360 eye」とは?

現在の価格はコチラ

「スティック型の掃除機」でお馴染みのダイソンが展開するロボット掃除機「Dyson 360 eye」。

高速回転を実現した「ダイソンデジタルモーター V2」を搭載し、ロボット掃除機最強クラスの吸引力を誇っています。

「稼働時間の短さ」や「狭いスペース」を苦手とするなど難点はありますが、吸引力のみで比較するとトップクラスの性能をもっています。

ダイソンのロボット掃除機「Dyson 360 eye」の口コミや評判は?

「Dyson 360 eye」の主要モデルと価格帯
Dyson 360 eye 95,000円

エコバックスのロボット掃除機「WINBOT」とは?

現在の価格はコチラ

エコバックスの展開するロボット掃除機「WINBOT」は、「窓拭き」を専門にした珍しいモデルです。

専用のクリーニングパットに「洗浄液」を吹き付け、窓に装着するだけで、あとは自動で窓を綺麗にしてくれます。

「窓の多い一軒家にお住まいの方」「脚立がないと清掃できない背の高い窓がある方」にはとっても便利ロボット掃除機になっています。

エコバックスのロボット掃除機「WINBOT」の口コミや評判は?

「WINBOT」の主要モデルと価格帯
WINBOT 950 60,000円
WINBOT 850 50,000円
WINBOT 830 30,000円
スポンサーリンク

エコバックスのロボット掃除機「DEEBOT」とは?

現在の価格はコチラ

エコバックスは「WINBOT」の他に、「DEEBOT」と呼ばれるシリーズも展開しています。

こちらは通常のロボット掃除機同様に、「ゴミの吸引」を行うと同時に、本体下部に付属しているモップで「床の拭き掃除」も行います。

一台で「吸引」「水拭き」の2役をこなす珍しいロボット掃除機です。

エコバックスのロボット掃除機「DEEBOT」の口コミや評判は?

「DEEBOT」の主要モデルと価格帯
DEEBOT OZMO 930 90,000円
DEEBOT R98 90,000円
DEEBOT M88 50,000円
DEEBOT MINI2 20,000円

ネイトロボティクスのロボット掃除機「Botvac」とは?

現在の価格はコチラ

半円形のフォルムをしたネイトロボティクスのロボット掃除機「Botvac」。

その独特のフォルムから、お部屋の「隅」や「壁際」のゴミの吸引に強みを持ちます。

ナビゲーションシステム「LaserSmart」により、広範囲を短時間で清掃する事を可能にしています。

ネイトロボティクスのロボット掃除機「Botvac」の口コミや評判は?

「Botvac」の主要モデルと価格帯
Botvac D3 Connected 55,000円
Botvac D8500 50,000円
Botvac D5 Connected 70,000円
Botvac Connected 90,000円

ニトリのロボット掃除機「ルノン XR210」とは?

 
現在の価格はコチラ

安くてコストパフォーマンスに優れた家具や雑貨を販売する「ニトリ」はロボット掃除機も発売しています。

ニトリの展開する「ルノン XR210」は、2万円という低価格ながら、大容量のダストボックス(0.35L)を備えています。

広範囲の清掃や細かなゴミの吸引などには向いていませんが、毎日のお掃除の負担を減らしてくれるモデルです。

ニトリのロボット掃除機「ルノン XR210」の口コミや評判は?

「ルノン XR210」の主要モデルと価格帯
ルノン XR210 20,000円
スポンサーリンク

ツカモトエイムロボット掃除機「エコモ」「ミニネオ」とは?

現在の価格はコチラ

各メーカーの中でも、最安クラスのロボット掃除機を展開するのが「ツカモトエイム」。

「ワンルーム住まい」「一人暮らし」の方をターゲットに、コストパフォーマンスに優れたモデルを発売しています。

余計な機能を省くことで、シンプルかつ使い勝手の良いロボット掃除機を実現。

ツカモトエイムのロボット掃除機「エコモ」「ミニネオ」の口コミや評判は?

「エコモ」「ミニネオ」の主要モデルと価格帯
ミニネオ AIM-RC03 10,000円
エコモ ポンテライン AIM-RC21 15,000円

アンカー(Eufy)のロボット掃除機「Robovac」とは?

現在の価格はコチラ

アンカーの姉妹ブランド「Eufy」は、ロボット掃除機「Robovac」を発売しています。

価格は2~3万円と低価格帯での展開ながら、壁際を重点的に清掃する「エッジモード」汚れが溜まっている箇所を清掃する「スポットモード」など7種類もの運転モードを搭載。

ご自宅のニーズに合わせて、運転モードを変更できるのが特徴です。

アンカー(Eufy)のロボット掃除機「Robovac」の口コミや評判は?

「Robovac」の主要モデルと価格帯
RoboVac11 20,000円
RoboVac20 30,000円
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
【2018年最新】おすすめのモデルはこれ!人気ロボット掃除機の性能比較
ロボット掃除機
比較とおすすめ
床拭き!フローリングの掃除におすすめのロボット掃除機
フローリング向け
ロボット掃除機
コスパ最強!おすすめの安いロボット掃除機ランキング
安い
ロボット掃除機
【2018年】ルンバの選び方とおすすめモデル5選
ルンバ
選び方とおすすめ
何が違うの?ルンバのシリーズやモデルを徹底比較
ルンバ
徹底比較