用途によってぴったりなアイテムが見つかる!
ピントルのロボット掃除機専門ページ

アンカー(Eufy)のロボット掃除機「RoboVac」の特徴と口コミ

アンカー(Eufy)【RoboVac】

モバイル充電業界で有名なアンカーは、新家電ブランド「Eufy」を新たに立ち上げ、ロボット掃除機を展開しています。

2~3万円と非常に安い価格で購入できるのにも関わらず、安定した吸引力と広範囲の清掃を実現。

「広範囲の清掃をしたいけれど、高いロボット掃除機はちょっと...」と考えている方には、ぜひ注目してもらいたいブランドです。

今回は、そんなアンカー(Eufy)のロボット掃除機のモデルや口コミについて解説をしていきます。

>>徹底比較!2018年最新のおすすめロボット掃除機を知りたい方はコチラ

スポンサーリンク

アンカー(Eufy)とは?

アンカー(Eufy)とは?

アンカーとは、アメリカのカリフォルニアにて創設されたデジタル機器メーカーです。

同社のバッテリーは世界的にもとても評価が高く、創設してからわずか数年で、モバイル充電業界のNo. 1ブランドへと成長しています。

そんなアンカー(アンカー・ジャパン)が2016年に新たに作った姉妹ブランドが、「Eufy(ユーフィ)」。

コードレス掃除機やロボット掃除機に関しては、「Eufy(ユーフィ)」のブランド名で展開されています。

>>他メーカーのロボット掃除機の特徴について知りたい方はコチラ

アンカー(Eufy)のロボット掃除機「RoboVac」の特徴とモデル比較

アンカー(Eufy)のロボット掃除機「RoboVac」の特徴とモデル比較

アンカー(Eufy)の「RoboVac」は、リーズナブルな価格帯にも関わらず、機能面が非常に充実しています。

特に、清掃できる範囲の広さには、目を見張るものがあります。

同価格帯のロボット掃除機だと、20畳~30畳程度のお部屋が清掃可能なのに対し、「RoboVac」は最大で90畳程度のお掃除が可能。

お住まいによっては、すべてのお部屋の掃除を「RoboVac」一台で済ませる事が出来ます。

現在発売されているモデルは、以下の2種類。

最長運転時間が約2倍になったのが、上位機種の「RoboVac20」です。

モデル名 RoboVac11 RoboVac20
値段の目安 20,000円 30,000円
サイズ(mm)  最大幅330×高さ78 最大幅330×高さ80
重量 約3.0kg 90畳
最大稼働面積 90畳 4パターン
最長運転時間 100分 200分
自動充電
自動再開 × ×
スマホ対応 × ×
予約運転機能
掃除モード 6種類 7種類

RoboVac11

現在の価格はコチラ

「RoboVac11」は、価格はわずか2万円台で購入できるのにもかかわらず、機能面が充実しているのが特徴です。

掃除モードは、約6種類から選ぶ事が出来ます。

  1. 自動モード:お部屋の大きさを検出し、最適なモードを選択。
  2. スポットモード:汚れが溜まっているエリアを集中的に清掃。
  3. エッジモード:壁際を清掃したい時に効果的。
  4. マックスパワーモード:吸引力を最大にアップ。カーペットの清掃に効果的。
  5. シングルルームモード:1つの部屋のみを清掃。
  6. マニュアルモード:リモコンで手動で操作。

この価格帯で、多彩な運転モードを搭載しているのは非常に魅力的です。

お住まいの部屋やご使用のニーズによって、適切なモードを選ぶ事が出来ます。

また、従来のモデルより約30%ダストボックスの容量が大きくなり、1回の清掃でより多くのゴミを集められるようになりました。

充実した機能面や広範囲の清掃が可能な事を考慮すると、コストパフォーマンスに大変優れたモデルと言えるでしょう。

価格の目安は、約2万円。サイズは「幅33cm×高さ7.8cm×奥行32.6cm」。最大で90畳の清掃が可能。

>>コスパ最強!おすすめの安いロボット掃除機ランキングはコチラ

RoboVac11のユーザーの口コミや評価
  • 運転音がルンバ875より静か。
  • カーペットやラグくらいの段差であれば簡単に乗り越えてくれる。
  • ダストボックスやフィルターのお手入れが簡単。
  • 壁や家具にぶつかる事が多い。
  • 充電台にうまく戻らないなど、不満な点はあるが、価格を考えると大満足。

「運転音が静か」という意見が多くみられました。また段差への対応力もあるようです。

一方で、充電台にうまく戻ってこれないという意見が多数。途中で止まってしまって、ユーザーの手によって充電台まで運ぶケースが多いようです。

>>段差への対応!カーペットや絨毯の掃除におすすめのロボット掃除機はコチラ

RoboVac20

現在の価格はコチラ

「RoboVac20」は、上記でご紹介した「RoboVac11」のハイエンドモデルとなっています。

しかし、価格自体は1万円程度しか変わらず、こちらも大変格安なモデル。

清掃モードは、7種類から選ぶ事が出来ます。

  1. 自動モード:お部屋の大きさを検出し、最適なモードを選択。
  2. フリーモード:障害物にぶつかるまで掃除を行い、その後ランダムに清掃。
  3. スポットモード:汚れが溜まっているエリアを集中的に清掃。
  4. エッジモード:壁際を清掃したい時に効果的。
  5. ジグザグモード:幅広く掃除をするために、ジグザグ走行。
  6. ポリゴンモード:多角的な移動を行う。
  7. マニュアルモード:リモコンで手動で操作。

また、こちらのモデルでは、「HEPA式フィルター」を採用。

「ダニ」や「カビ」など微細なアレルギー物質を高性能なフィルターでしっかりカットし、室内環境を清潔に保つことが出来ます。

価格の目安は約3万円、サイズは「幅33cm×高さ8cm×奥行33cm」。最大で90畳の清掃が可能。

RoboVac20のユーザーの口コミや評価
  • 掃除モードはいくつかあるが、自動モードで充分綺麗にしてくれる。
  • ルンバより運転音が静か。
  • 清掃時間を設定しなければ、綺麗になっても掃除を続けてしまう。
  • お部屋の隅の清掃は、やや苦手。

「RoboVac20」より吸引力に関して、ユーザーから高い評価を得ています。

お部屋の隅のゴミの取り残しはあるようですが、吸引力自体に問題はなさそうです。

このモデルの特徴の1つに、「3時間以上連続で清掃できる」事がありますが、あらかじめ設定を行わないと清掃を完了しても、お掃除を続けてしまうようです。

>>マンションでの使用に!おすすめの静かなロボット掃除機はコチラ

スポンサーリンク

アンカー(Eufy)のロボット掃除機「RoboVac」の保証期間は?故障したら?

アンカー(Eufy)のロボット掃除機「RoboVac」の保証期間は?故障したら?

ロボット掃除機のメーカーとしては大変珍しく、購入してから18か月の長期保証が付いています。

他のメーカーは、1年保証が基本なので、アンカー(Eufy)の保証期間は非常に長いと言えるでしょう。

保証期間や故障トラブル等について詳しく知りたい方は、アンカー(Eufy)の公式ホームページ(https://jp.eufylife.com/)よりご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
【2018年最新】おすすめのモデルはこれ!人気ロボット掃除機の性能比較
ロボット掃除機
比較とおすすめ
床拭き!フローリングの掃除におすすめのロボット掃除機
フローリング向け
ロボット掃除機
コスパ最強!おすすめの安いロボット掃除機ランキング
安い
ロボット掃除機
【2018年】ルンバの選び方とおすすめモデル5選
ルンバ
選び方とおすすめ
何が違うの?ルンバのシリーズやモデルを徹底比較
ルンバ
徹底比較