安産したい妊婦さんの為に
ピントルの安産専門ページ

よく読まれるページはコチラ
【妊婦必見】安産する為にママが出来る超安産の方法
妊婦必見
超安産の方法
手軽に出来る安産に良く効く運動方法
手軽に出来る
運動方法
超安産の為に妊婦さんがするべき安産体操
効果抜群!?
安産体操
安産のお守りで有名なお寺や神社
安産で有名!
お寺や神社
妊娠中の人への安産を願う人気のプレゼント
妊婦さんへ
人気プレゼント

安産の為に練習しておくべき呼吸法

安産の為に練習しておくべき呼吸法

スムーズな安産のためには「呼吸法」はものすごく重要です。一見するとあまり意味のない行為に思えますが、その効果は測りしれません。お産で重要である「精神的に落ち着くこと」と「いきむタイミング」をコントロールするために効果的な呼吸法についてご説明します。

 

スポンサーリンク

なぜ安産の為には呼吸法の練習が必要なのか

息を止めてしまうと血中酸素が低下してしまう

胎児はお母さんの血液から酸素をもらい二酸化炭素を血液に乗せてお母さんに返します。それゆえ、胎児はお母さんの血液中の酸素量に依存します。

お産の時にパニックを起こしたり、呼吸が乱れるとお母さんの血中酸素量が低下し胎児にも大きな悪影響を与えます。ですので、落ち着いた精神状態でしっかりと酸素を取り込むために「呼吸法」が作られたのです。

その呼吸法は、病院からもらった冊子にも記載してあると思います。出産経験のない方などは、このような呼吸法に意味があるのか疑問に感じる方も多いと思いうますが、このようにしっかりとした理由があるのです。

しっかりと練習しておけば陣痛の激しい痛みの中でも冷静を保つことが可能であり、しっかりと一定のリズムで呼吸ができるので血中酸素が不足することもありません。

安産呼吸法は会陰切開も防止してくれる

出産時の呼吸法は「体の力み」をコントロールする効力もあります。呼吸の方法によって、体をリラックスさせたり力を入れたり、という具合にです。陣痛の痛みは想像を絶します。

冷静でいることは困難です。陣痛には「」がありますので、その波に併せて呼吸を整え、波に合わせて力を入れたり抜いたりしなければスムーズなお産になりません。

しっかりとした呼吸法ができなければ悪いタイミングでいきんだり、いきみっぱなしになったりしますのでスムーズに産道を通過させることが難しくなります。

スムーズにお産が進まないと会陰切開にもつながりますので、呼吸法の習得は会陰切開の防止もなります。安産のためには呼吸法をマスターすることから始めましょう。

>>安産の為の勉強をするならコレ!

 

安産に導く呼吸法とは

タイミングに合わせた安産の為の呼吸法

具体的な呼吸方法についてお産のタイミング毎にご説明します。まず、陣痛が始まった時の呼吸法ですが、痛みが強くなってきたら呼吸法を実践してください。

陣痛が始まったら大きく深呼吸をし、そこからゆっくりと鼻から吸って口から吐き出します。これを3秒以上かけてゆっくり行ってください。

だんだんと陣痛の波が短くなり痛みが強くなってきたら、呼吸法を少し変えます。陣痛が始まったら大きく深呼吸を行い、浅く口で吸って口から吐き出します。陣痛が強くなるにつれて呼吸のペースを上げていき陣痛の波が収まってくれば呼吸のペースを落とします。

いきみストップの時の呼吸法

極期と呼ばれる激しい陣痛の波に襲われるタイミングがあります。いきむタイミングはお医者様の指示に従えば良いので、このタイミングではいきみの我慢が必要です。あまりの痛みであばれるほどの時ですが、暴れてもいいのでいきむのは我慢してください。

この時の呼吸法としては、まず大きく深呼吸し、鼻で軽く息を吸い込みます。口で軽「ヒ」と言いながらく二回吐き出します。そしてもう一度鼻から軽く息を吸い込んだら口から「フー」といいながら吐き出します。この「ヒ・ヒ・フー」を痛みが続く限り繰り返します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
【妊婦必見】安産する為にママが出来る超安産の方法
妊婦必見
超安産の方法
手軽に出来る安産に良く効く運動方法
手軽に出来る
運動方法
超安産の為に妊婦さんがするべき安産体操
効果抜群!?
安産体操
安産のお守りで有名なお寺や神社
安産で有名!
お寺や神社
妊娠中の人への安産を願う人気のプレゼント
妊婦さんへ
人気プレゼント