家族だから安心なものを選びたい
ピントルのドッグフード専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
犬種別ドッグフードの選び方
犬種別
ドッグフード
小型犬向けおすすめドッグフードと選び方
小型犬向け
ドッグフード
中型犬向けおすすめドッグフードと選び方
中型犬向け
ドッグフード
大型犬向けおすすめドッグフードと選び方
大型犬向け
ドッグフード
アレルギー犬のドッグフード選びとは?
アレルギー犬
ドッグフード

中型犬におすすめなドッグフードの選び方

中型犬向けおすすめドッグフードと選び方

犬種が多く、運動量が多い活発な特徴を持っている中型犬。馴染みのある犬種も多く、飼っている人も多いのが中型犬です。そんな中型犬向けのおすすめのドッグフードと選び方を紹介していきます。

スポンサーリンク

中型犬向けドッグフード選びのポイント

中型犬向けドッグフード選びのポイント

非常に多くの種類があるドッグフードですが、その中から中型犬向けドッグフードをどのように選べばいいのか、以下のポイントを紹介します。

  • ライフステージ
  • コストパフォーマンス
  • 栄養素

まずこの3点を抑えておけば中型犬に適したドッグフードを選びやすくなります

また、中型犬というのは小型犬用や大型犬用のドッグフードと比べて、「自分のワンちゃんに合ったドッグフードが見つけにくい」とされています。その理由は、ほぼ小型犬の体重なのに扱いは中型犬であったり、ほぼ大型犬の体重なのに中型犬の扱いをされている犬種な事が多いからです。

つまり、一概に中型犬用のドッグフードと言われても、あなたのワンちゃんにぴったりのドッグフードであるかどうかというのは違ってくるのです。

当ページでは、犬種ごとにドッグフードの選び方を解説しているページもございますので、もし飼われているワンちゃんの犬種が当てはまる場合は、こちらのページも参考にしてください。

犬種が当てはまらない場合や雑種犬の場合は、以下でドッグフードの選び方を解説していくので参考にしてみてください。

ライフステージに合わせて選ぶ

  • 子犬
  • 成犬
  • 老犬

犬にはライフステージによって適したドッグフードがあります。ライフステージによって主に含まれているカロリーに違いがあります。犬はライフステージによって必要なカロリーが変わってきます。

子犬から老犬にかけて、歳を取るにつれて運動量や基礎代謝が徐々に低下していきます。そういった理由から子犬の時は必要なカロリーが多いですし、老犬になると必要なカロリーが少なくなっていくわけです。子犬に老犬用ドッグフードを与えるとカロリーが足りませんし、老犬に子犬用ドッグフードを与えるとカロリー過多になってしまい健康を阻害することになります。

ドッグフードには「子犬用」や「シニア用」など適したライフステージの表記があります。子犬用には子犬用ドッグフード、老犬には老犬用・シニア用など、まずはライフステージに適したドッグフードを選んであげてください。

コストパフォーマンス

長い間犬を飼うとなると、もちろんドッグフードのコストパフォーマンスがポイントになる人も多いかと思います。かと言って安さだけをポイントにしてしまうのもちょっと不安ですよね。

中型犬は運動量が多く活発な犬種が多いです。その為に必要な筋肉の維持や体重管理などが重要になります。そうなると必然的に高たんぱくで適度な脂質を含んだドッグフードを選ぶことになります。それに加えて中型犬に重要な栄養素も含んでなければいけないので、その条件を満たしつつリーズナブルなドッグフードを選ぶ必要があります。

一般的に、体重1kgのチワワに対して1日40g必要なドッグフードであれば、体重22kgのチャウチャウは1日に390g、約10倍近いドッグフードが必要とされています。

コーギーやビーグルといった中型犬の中でも体重10kg前後の小型犬に近い犬種であればそこまでコストパフォーマンスを気にしてドッグフードを選ぶ必要はありませんが、チャウチャウやボーダーコリーといった大柄な中型犬を飼っている人は注意してドッグフードを選ぶ必要性があります。

食いつきも考慮する

どんなドッグフードを選んでも食べてくれなくては意味がありません。リーズナブルなドッグフードは肉類よりも穀物を原料として多く使用しているものもあり、一般的には穀物が多いドッグフードは食いつきが心配されます。

価格は多少割高にはなりますが、原料に肉類を多く使っているドッグフードを選ぶようにすれば、食いつきが悪く無駄にする可能性を減らすことができます。

個体差にもよりますが、犬は穀物よりも肉類への食いつきが良いことを頭に入れておきて損はありません。

中型犬に必要な栄養素で選ぶ

中型犬は運動量が多いので、高い運動能力を発揮する筋肉を維持する為の、たんぱく質やバランスの取れたビタミン・ミネラルが必要になります。それに加えて体重管理しやすくする為、脂質にも配慮する必要があります。

基本的に中型犬用に販売されているドッグフードは、たんぱく質やビタミン・ミネラルなどの栄養素が配慮されているものが多いのでそこまで心配はありません。

しかし中型犬にとって非常に重要な栄養素になるので、中型犬用のドッグフードを選ぶ時は大事なポイントであることを理解しておきましょう。

抗酸化作用が重要

中型犬は運動量が多いので、運動した時に体内で作られる活性酸素に対して対策を取る必要があります。活性酸素は細胞の酸化を早める、つまり老化を進める作用があります。それによって免疫力の低下などに繋がることになります。

この活性酸素対策として、抗酸化ビタミンであるビタミンA・ビタミンC・ビタミンEをしっかりと配合したドッグフードも多くあります。これによって細胞の酸化を弱めることができるわけです。

中型犬用のドッグフードを選ぶ時は、抗酸化成分や免疫力などに配慮されたドッグフードを選ぶようにしましょう。

中型犬向けおすすめドッグフード

中型犬向けおすすめドッグフード

子犬用中型犬向けドッグフード

現在の価格はコチラ

中型犬の子犬におすすめなのがシュプレモ 全犬種用 子犬用 小粒です。子犬でもしっかり噛み砕くことができる粒のサイズになっており、ふやけやすいので発達途中の子犬の消化器官への負担にも配慮されているドッグフードです。

子犬の成長や骨、関節の健康維持に必要なグルコサミン・コンドロイチンもしっかりと配合されており、抗酸化作用のあるビタミンEも含まれています。

主原料にチキン生肉を使用しているので非常に食いつきが良く、コストパフォーマンスに優れているぜひおすすめしたいドッグフードです。

成犬用中型犬向けドッグフード

現在の価格はコチラ

中型犬の成犬のおすすめなのがロイヤルカナン ミディアム アダルトです。活発な中型犬の成犬に適した活性酸素にしっかりとした対策がされているドッグフードです。

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを配合した抗酸化作用が特徴となっており、高品質なたんぱく質を使用していることによって消化がしやすく、胃のサポートにも優れています。

主原料に鶏肉を使用しており、味付けも工夫されているので食いつきの悪さの心配のない人気のドッグフードです。コストパフォーマンスも悪くないのでチェックしておきましょう。

老犬用中型犬向けドッグフード

現在の価格はコチラ

中型犬の老犬におすすめなのがアイムス 7歳以上用 チキンです。質の高い動物性たんぱく質と食物繊維によって、脂肪が付きにくい健康な体を維持しつつ、腸内環境の健康維持にも配慮されているドッグフードです。

老化によって免疫力が低下していきますが、抗酸化成分を配合しているのでしっかりと対策もされています。グルコサミンも配合しているので関節などのサポートも考えられている特徴があります。

老犬用としてバランスが非常に良いドッグフードであり、リーズナブルな価格と有名メーカーである人気から手に入れやすいのも魅力となっているドッグフードです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
犬種別ドッグフードの選び方
犬種別
ドッグフード
小型犬向けおすすめドッグフードと選び方
小型犬向け
ドッグフード
中型犬向けおすすめドッグフードと選び方
中型犬向け
ドッグフード
大型犬向けおすすめドッグフードと選び方
大型犬向け
ドッグフード
アレルギー犬のドッグフード選びとは?
アレルギー犬
ドッグフード