赤ちゃんにベストな1本をご提案!
ピントルの哺乳瓶専門ページ

おすすめの記事はコチラ
失敗しない!哺乳瓶のサイズや種類とおすすめの選び方
哺乳瓶
選び方
新生児から使える!人気の哺乳瓶おすすめランキング
哺乳瓶
ランキング
旅行や災害時に!人気の使い捨て哺乳瓶おすすめランキング
使い捨て
哺乳瓶
超可愛い!個性的でおしゃれなおすすめ哺乳瓶:厳選10種
カワイイ
哺乳瓶
哺乳瓶と合わせて揃えたい!授乳グッズ&ミルクグッズ
おすすめ
授乳グッズ

外出先でのミルク作りに必要な持ち物と消毒や洗浄のコツ

外出時のミルク作りと哺乳瓶の消毒洗浄

哺乳瓶を使って赤ちゃんに粉ミルクを与えているパパママにとって外出先での授乳は一苦労です。荷物は多いし、どこでミルクを作って良いのかわからない、さらに消毒や洗浄はどうすれば良いんだろう?と疑問は尽きませんね。

そこで今回は哺乳瓶赤ちゃんと楽しくお出かけするために必要な道具やシーン別のミルク作りアイディア、消毒や洗浄について解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

外出時のミルク作りに必要な持ち物

外出時のミルク作りに必要な持ち物

外出先でミルクを作る場合は最低でも以下の4つの道具を揃えておきましょう。

  • 粉ミルク
  • 哺乳瓶
  • お湯
  • 湯冷まし用の水

以下でおすすめの選び方を解説していきます。

外出用の粉ミルクの選び方

現在の価格はコチラ

持ち運び用の粉ミルクは、荷物と手間をなるべく減らすためにスティックタイプやキューブタイプのものを選ぶと良いでしょう。かさばり具合と軽量の手間が省けます。

>>キューブタイプと粉タイプのミルク比較はコチラ

外出用の哺乳瓶の選び方

現在の価格はコチラ

持ち運び用の哺乳瓶はガラスよりもプラスチックの方が軽くて楽です。ガラスがダメなわけではないですが、落として割れる危険性や重さを考慮するとプラスチック製の方が断然おすすめです。たまにしか外出しないようであれば使い捨て用の哺乳瓶も選択肢の1つとしては良いでしょう。

哺乳瓶のサイズは月齢に合わせて替えていくものですが、外出用も月齢に合わせて替えているとかなり費用が掛かります。少しかさばってしまいますが240mlのものを2~3本持っておくと良いでしょう。2~3本用意しておく理由は、外出先では消毒ができず、1本を使いまわすことができないためです。

>>哺乳瓶の素材の種類について詳しくはコチラ

外出用の水筒の選び方

現在の価格はコチラ

持ち運び用の水筒は気密性の高い魔法瓶タイプのものがおすすめです。コンパクトさで言えば密閉式タンブラーのようなものも良いですね。

基本的にはお湯用と湯冷まし用で2本用意しますが、市販のミルク用調整水を外出先で入手できる場合は湯冷まし用は必要ありません。

>>密閉式タンブラーのおすすめランキングはコチラ

外出のシーン別:粉ミルク作りのアイディア

外出のシーン別:粉ミルク作りのアイディア

それでは道具が揃ったところで、今度は外出先のシーン別にミルク作りのアイディアを紹介していきます。覚えておくとスムーズなので頭の片隅にでも入れておきましょう。

ちょっとした外出

ちょっとした外出の時(授乳が1回で良い場合)は哺乳瓶にお湯を入れて持ち運び、スティックやキューブタイプのミルクを持って行くと荷物が最小限で済みます。外出先で湯冷まし用の水が売っていそうなら湯冷ましの水筒もいりません。逆に湯冷まし用の水が売っていなそうなら湯冷まし用の水筒を追加しましょう。

哺乳瓶の中のお湯が冷めてしまいそうなくらいのお出かけであれば、哺乳瓶に粉ミルクを入れておき、お湯と湯冷まし用の水筒を持って行くという方法もあります。

移動中の車内

車の中では、赤ちゃんが泣いてから作り始めるとなかなかうまく作れません。赤ちゃんが寝ている状況で、そろそろ起きそうかなと思ったら一度車を停めてミルクを作っておきましょう。

熱すぎるときは外気に当てておいたり、クーラーに当てておくとすぐに冷ますことができます。もし赤ちゃんが起きなくて冷めすぎた場合は保温ポーチなどに入れておくと良いでしょう。

デパートやショッピングモール

デパートやショッピングモールでは調乳室が設置されていることが多いです。そこにはポットやウォーターサーバーがあるので、お湯や水の心配はいりません。哺乳瓶とミルクだけ用意しておけば良いでしょう。

ただし、デパートやショッピングモールというだけで必ず用意されているわけではないので、事前にリサーチしておいた方が安心です。

スポンサーリンク

外出時の哺乳瓶の消毒と洗浄について

外出先では当然ながら哺乳瓶を消毒してあげることができません。デパートやショッピングモールだとしても、できるのは洗浄程度で、消毒まではしてあげられないんです。ここでは月齢別に消毒の必要性や消毒しなくても大丈夫な方法を紹介していきます。

>>哺乳瓶の洗い方と消毒方法はコチラ

生後3ヶ月までの新生児期

現在の価格はコチラ

生後3ヶ月までは哺乳瓶の消毒は必須です。この時期の赤ちゃんはちょっとした雑菌でも体を壊しやすいので1度使ったら消毒するまで使わないようにします。

そうなると外出先では1つの哺乳瓶につき1回しか授乳できないことになるので、軽めのプラスチック哺乳瓶を2~3本用意するか、使い捨て哺乳瓶を用意すると良いでしょう。

>>使い捨て哺乳瓶おすすめランキングはコチラ

生後3〜4ヶ月以降

現在の価格はコチラ

生後3~4ヵ月を過ぎれば基本的に消毒は不要になります。これは哺乳瓶を消毒したところで、他の物を口に加えるのであまり意味がないためです。

ただし、洗浄は必須です。洗浄せずに使いまわせば夏場なら2時間で雑菌が繁殖し、ひどい場合には食中毒になります。使い終わったらすぐに洗い流し、熱湯があれば熱湯ですすいであげましょう。雑菌の繁殖をなるべく抑える意味でも、哺乳瓶ケースは保冷できるものだと尚安心ですね。

>>哺乳瓶ケースって必要?代用や選び方とおすすめ5選

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
失敗しない!哺乳瓶のサイズや種類とおすすめの選び方
哺乳瓶
選び方
新生児から使える!人気の哺乳瓶おすすめランキング
哺乳瓶
ランキング
旅行や災害時に!人気の使い捨て哺乳瓶おすすめランキング
使い捨て
哺乳瓶
超可愛い!個性的でおしゃれなおすすめ哺乳瓶:厳選10種
カワイイ
哺乳瓶
哺乳瓶と合わせて揃えたい!授乳グッズ&ミルクグッズ
おすすめ
授乳グッズ