目的で最適なアイテムがわかる!
ピントルのプリンター専門ページ

おすすめの記事はコチラ
年賀状や写真に!目的別:プリンターの上手な選び方
プリンター
選び方
2017年発売!最新プリンターおすすめランキング
プリンター
おすすめ
CANON(キャノン)の評判とおすすめプリンターランキング
CANON
おすすめ
EPSON(エプソン)の評判とおすすめプリンターランキング
EPSON
おすすめ

【2018年最新版】口コミや評判は?HPのおすすめプリンター

HPのおすすめプリンター

キャノンやエプソン、ブラザーといったプリンターメーカーをご存知の方は多いかもしれませんが、HP(ヒューレットパッカード)を知っている方は少ないのではないでしょうか?

実はこのHPは、世界で最も売れているプリンターメーカーです。

今回はそんなHPのインクジェットプリンターについて大特集。ご家庭で使用できるモデルを中心に、小規模オフィスで使用できるビジネスモデルもご紹介していきます。

スポンサーリンク

HP(ヒューレットパッカード)ってどんな会社?

HP(ヒューレットパッカード)ってどんな会社?

HP(ヒューレットパッカード)って聞いたことはあるけど、どんな会社か分からないという人も多いのではないでしょうか?

プリンターの解説に行く前に簡単にHPについて学んでおきましょう。

HPの歴史は1939年に、ウィリアム・ヒューレットとデビッド・パッカードによりアメリカ合衆国カリフォルニア州パロアルトで創業したことから始まります。当初は計測器メーカーとしてのスタートでした。

2002年にコンピューター会社のコンパックコンピュータを買収。パソコン事業を拡大していきます。2006年にはPCの販売台数で世界1位になります。

2015年にはパソコン及びプリンター部門と企業向け部門で会社を分割、パソコン・プリンター部門は「HP Inc.」として、企業向け部門は「Hewlett Packard Enterprise」として新たなスタートを切りました。

人々の生活に寄り添うテクノロジーを創出する大手企業として、HPは現在も躍進を続けています。

HPのプリンターの特徴

HPのプリンターの特徴

HPは、インクジェットプリンター「ENVY」「OfiiceJet」を展開しています。一般的にご家庭で使用できるモデルから小規模オフィスで使用できるモデルまで様々なラインナップで発売されています。

インクのシステムには、文章プリントに強い「顔料インク」と写真プリントに強い「染料インク」を組み合わせた4色ハイブリットを採用しています。そのため、文章の印刷も写真の印刷も高いクオリティーで行うことが可能です。

また本体価格が他メーカーに比べると、安く購入がしやすいのも特徴です。エントリーモデルにかかわらず「自動両面プリント」に対応していることや、インクコストも比較的安いことなどを考慮すると、コストパフォーマンスの高いメーカーということができるでしょう。

スポンサーリンク

HPのおすすめプリンター

HPのおすすめプリンター

ここからは、編集部が厳選したHPのおすすめプリンターをご紹介していきます。

【関連記事】
プリンターの選び方。初心者でも絶対に失敗しないポイントを解説!
おすすめの家庭用プリンター10選。2018年最新の人気モデルをご紹介!

ENVY 5020

現在の価格はコチラ

ポイント

  • 価格の目安:8,000円~
  • 印刷コスト:約17.7円(A4カラー文書)
  • 印刷スピード:約52秒(フォト用紙)
  • 4色ハイブリット
  • 一体型カートリッジ
  • Wi-Fi
  • Wi-Fi Direct
  • 自動両面プリント
  • 前面給紙

まずご紹介するのはHPのプリンターの中でも、エントリーモデルにあたる「ENVY 5020」になります。価格を抑えながらも、コピーとスキャンにもしっかりと対応したインクジェット複合機です。

Wi-Fiを利用し、簡単にワイヤレス接続が可能なことはもちろんのこと、自動両面プリントにも対応。この価格帯で、自動両面プリントに対応しているのは、HPならではの使い勝手の良さと言えるでしょう。

タッチパネルも搭載し、操作も簡単。自宅にとりあえず安いインクジェットプリンターが欲しいという方におすすめのモデルです。

ただし、プリントスピードが遅いことや、他モデルに比べてランニングコストがかかってしまうことには注意が必要。1か月に数十枚~100枚程度プリントするというユーザーに適しています。

ENVY Photo 6220

現在の価格はコチラ

ポイント

  • 価格の目安:15,000円~
  • 印刷コスト:約13.6円(A4カラー文書)
  • 印刷スピード:約40秒(フォト用紙)
  • 4色ハイブリット
  • 一体型カートリッジ
  • Wi-Fi
  • Wi-Fi Direct
  • 自動両面プリント
  • 前面給紙

続いてご紹介するのは、HPのプリンターの中でもミドルクラスにあたる「Photo 6220」になります。印刷スピードが向上したことや最大給紙枚数が多くなり、より使い勝手の良いプリンターに設計されています。

下位モデル(ENVY5020)が1分間に10枚モノクロ印刷が可能なのに対して、当モデルは13枚まで可能になっています。またセットが可能な用紙枚数も100枚から125枚に増えています。

頻繁に印刷を行う方、素早く印刷をしたい方、ランニングコストを抑えたい方はコチラのモデルがおすすめ!月に200~300枚程度プリントをする人に適しています。

ENVY OfficeJet 5220

現在の価格はコチラ

ポイント

  • 価格の目安:10,000円~
  • 印刷コスト:約12.3円(A4カラー文書)
  • 印刷スピード:約52秒(フォト用紙)
  • 4色ハイブリット
  • 一体型カートリッジ
  • Wi-Fi
  • Wi-Fi Direct
  • 自動両面プリント
  • 前面給紙
  • (NEW)FAX機能
  • (NEW)ADF機能

最後にご紹介するのは、FAX機能を搭載した「OfficeJet 5220」。今回紹介したモデルの中で、最もランニングコストを抑えることのできるモデルです。

普通紙であれば最大35枚まで自動で原稿を読み取ることのできる「ADF機能」を搭載しているため、セットをしているだけで自動でスキャンやコピーが可能に。作業の効率化を計ることができます。

現在のネット販売価格もお求めやすいものとなっているので、編集部一押しのモデルです。ご自宅での使用はもちろんのこと、小規模オフィスや事務所・店舗での使用にもおすすめです。

HPのプリンターの口コミ・評判

HPのプリンターの口コミ・評判

実際にHPのプリンターを使用しているユーザーの口コミや評判についてみていきましょう。

HPのプリンターは、エプソンやキャノンから買い替えたユーザーに多く使用されています。購入の決め手としては、「価格の安さ」があるようです。

使用したユーザーに多くみられた意見として、「Wi-Fiの接続が簡単」があります。タッチスクリーンの操作のしやすさや専用アプリ「HP Smart」の分かり易さが要因になっています。今までのプリンターで最も早くセットアップが完了したとの声も!

また印刷の品質は、文章・写真ともに高い評価を受けており、マイナスの評価はほぼ見られません。印刷スピードに関しても問題ありません。

マイナスの評価としては、ボディの大きさが気になると言う点。確かに、キャノンやエプソンのプリンターと比べると、本体の奥行が大きい傾向にあります。購入の際にはサイズを確認し、スペースをしっかりと確保する必要があるでしょう。

HPのプリンター比較表

2018年10月現在のHPのインクジェットプリンターの性能比較表です。

家庭用インクジェットプリンター

比較 ENVY 5020 ENVY Photo 6220 ENVY Photo 6222
デザイン envy5020 envy photo6220 envyphoto6222
カラー ブラック ブラック ホワイト
発売時期 2017年10月 2017年10月 2017年10月
タイプ インクジェット インクジェット インクジェット
解像度(dpi) 4800×1200 4800×1200 4800×1200
カードリッジ 一体 一体 一体
インク色 4色 4色 4色
対応インク 染料+顔料 染料+顔料 染料+顔料
印刷速度
(カラー)
7枚 8枚 8枚
印刷速度
(白黒)
10枚 13枚 13枚
液晶モニター
タッチパネル
2.2型モノクロ

2.2型モノクロ

2.2型モノクロ
対応用紙サイズ A4 A4 A4
給紙トレイ 前面 前面 前面
最大給紙枚数(普通紙) 100枚 125枚 125枚
最大給紙枚数(ハガキ) 30枚 40枚 40枚
FAX × × ×
コピー
スキャナー
接続方法 USB
無線LAN
USB
無線LAN
Bluetooth
USB
無線LAN
Bluetooth
サイズ 幅445mm
高さ128mm
奥行367mm
幅454mm
高さ157mm
奥行410mm
幅454mm
高さ157mm
奥行410mm
重量 5.41kg 6.47kg 6.47kg
【評価】
価格.COM
4.00/5点満点
(1人)
-- 4.00/5点満点
(1人)
【評価】
Amazon
4.00/5点満点
(10人)
4.00/5点満点
(1人)
3.4/5点満点
(1人)
価格の目安
(2018/10現在)
¥8,000~
現在価格
¥15,000~
現在価格
¥9,000~
現在価格
メーカー
ダイレクト価格
¥11,800
(税抜)
¥14,800
(税抜)
特定量販店モデル
比較 OfficeJet 5220 ENVY Photo 7820 ENVY Photo 7822
デザイン officejet5220 photo7820 photo7822
カラー ブラック ブラック ホワイト
発売時期 2017年10月 2017年10月 2017年10月
タイプ インクジェット インクジェット インクジェット
解像度(dpi) 4800×1200 4800×1200 4800×1200
カードリッジ 一体 一体 一体
インク色 4色 4色 4色
対応インク 染料+顔料 染料+顔料 染料+顔料
印刷速度
(カラー)
7枚 10枚 10枚
印刷速度
(白黒)
10枚 15枚 15枚
液晶モニター
タッチパネル
2.2型モノクロ

2.65型カラー

2.65型カラー
対応用紙サイズ A4 A4 A4
給紙トレイ 前面 前面 前面
最大給紙枚数(普通紙) 100枚 125枚 125枚
最大給紙枚数(ハガキ) 30枚 40枚 40枚
FAX
コピー
スキャナー
接続方法 USB
無線LAN
USB
無線LAN
有線LAN
Bluetooth
USB
有線LAN
無線LAN
Bluetooth
サイズ 幅445mm
高さ190mm
奥行369mm
幅454mm
高さ193mm
奥行410mm
幅454mm
高さ157mm
奥行410mm
重量 6.55kg 7.72kg 6.47kg
【評価】
価格.COM
-- -- --
【評価】
Amazon
3.6/5点満点
(4人)
-- 2.0/5点満点
(2人)
価格の目安
(2018/10現在)
¥10,000~
現在価格
--
現在価格
¥12,000~
現在価格
メーカー
ダイレクト価格
¥15,800
(税抜)
¥19,800
(税抜)
特定量販店モデル

モバイルタイプ

比較 OfficeJet 200 Mobile OfficeJet 250 Mobile
デザイン officejet200mobile office250mobile
カラー ブラック ブラック
発売時期 2016年5月 2016年9月
タイプ インクジェット インクジェット
解像度(dpi) 4800×1200 4800×1200
カードリッジ 一体 一体
インク色 4色 4色
対応インク 染料+顔料 染料+顔料
印刷速度
(カラー)
7枚 7枚
印刷速度
(白黒)
10枚 10枚
液晶モニター
タッチパネル ×
対応用紙サイズ A4 A4
給紙トレイ 背面 背面
最大給紙枚数(普通紙) 50枚 50枚
最大給紙枚数(ハガキ) 20枚 20枚
FAX × ×
コピー ×
スキャナー ×
接続方法 USB
無線LAN
USB
無線LAN
Bluetooth
サイズ 幅364mm
高さ69mm
奥行186mm
幅380.2mm
高さ91.3mm
奥行198.3mm
重量 2.2kg 2.96kg
【評価】
価格.COM
3.6/5点満点
(5人)
--
【評価】
Amazon
3.6/5点満点
(20人)
4.0/5点満点
(6人)
価格の目安
(2018/10現在)
¥18,000~
現在価格
¥31,000~
現在価格
メーカー
ダイレクト価格
¥24,800
(税抜)
¥34,800
(税抜)
スポンサーリンク

まとめ

さて、ここまでHPのプリンターについて解説をしてきましたが、いかがだったでしょうか。

HPのプリンターは、あまり日本国内では馴染みがないので購入が不安な方も多いと思います、しかし、低価格ながら基本機能をしっかりと備えたコスパの良いプリンターメーカーです。

編集部のおすすめは、1万円少しで購入することのできる「ENVY OfficeJet 52220」。是非購入を検討してみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
年賀状や写真に!目的別:プリンターの上手な選び方
プリンター
選び方
2017年発売!最新プリンターおすすめランキング
プリンター
おすすめ
CANON(キャノン)の評判とおすすめプリンターランキング
CANON
おすすめ
EPSON(エプソン)の評判とおすすめプリンターランキング
EPSON
おすすめ