深刻になる前に知っておきたい!
ピントルのストーカー対策専門ページ

おすすめの記事はコチラ
【必須の5種類】ストーカー対策グッズ
ストーカー
対策グッズ
【要注意】やってはいけないストーカー対策
やってはいけない
ストーカー対策
元カレ(彼氏)からストーカー被害を受けない対策法と&撃退法
元カレストーカー
対策法
会社や職場の社内ストーカー被害の対策法&撃退法
社内ストーカー
対策法
ネットストーカー被害(サイバーストーカー)の対策法&撃退法
ネットストーカー
対策法

自分がストーカー扱いを受けた時の対処法

ストーカー扱いを受けた時の対処法

ストーカー規制法などにより、ストーカーという犯罪自体が身近な物になってきていますが、それにより、自意識過剰な人から自分がストーカー扱いを受けてしまう事も多くなりました。そこで今回は、自分がストーカー扱いを受けた時の対処法について紹介していきます。

スポンサーリンク

もし自分がストーカー扱いを受けた場合

恋愛に対する積極的なアプローチも、相手の受け方次第ではストーカー行為になります。ストーカー規制法に抵触しても最終的に恋が実を結べばハッピーエンドとなるのですが、そうならずにストーカー扱いを受けてしまう事もある為、対策を考えておく必要もあります。

ストーカー扱いを受けた時の注意点

相手の人から「ストーカーしないで!」と言われた程度であれば弁解も出来るでしょうが、ストーカー扱いを受けてしまった人の多くは、いきなり警察から連絡が来ます。元カノに振られた理由を聞きたくてメールを何通もしたり、家に行っただけの事が、警察からストーカー行為に関する警告としての通知が来てしまう事だってあるのです。

そうなった場合「なんて事するんだ!」とメールをするだけで逮捕になってしまうので、感情に任せて行動するのは危険です、1度落ち着いて対策を考えましょう。

ストーカー扱いを受けたときの対処法

ストーカー扱いをした人の出方にもよりますが、一番安全な方法は、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼して、あなたが相手に伝えたい事を内容証明にして送信する事も考えましょう。基本的に当事者同士でのストーカー扱いではなく、警察が関与している場合は、弁護士に依頼する事無く解決するのは難しいと考えてよいでしょう。

ストーカーに関する事件というのは冤罪等も多いため、自分1人の力で解決しようとしても、相手の策にハメられます。誤解を晴らすという事に関しても、法律の専門家の力は必要なため、ストーカー扱いを受けて困っている場合は、弁護士に相談しましょう。

>>ストーカー被害の対策で弁護士に相談する時の注意点

ストーカー扱いを受けない為に出来る事

ストーカー扱いを受ける事は、痴漢の冤罪の様に、どうしても女性の意見が尊重されます。痴漢の冤罪を受けない為に、電車内では両手でつり革を掴むという対策をしている人もいて、ストーカー扱いを受けない為にも、そういった事前の対策が重要視されています。

なぜストーカー扱いを受ける人が増えたのか

ストーカー扱いをされる人が増えた背景には、ストーカー自体の増加と、ストーカー規制法で厳格に定められていないストーカーの定義の二つがあります。現在では草食系男子と言われるように、恋愛に対して消極的な人が増えてきました。

それにより、恋愛関係をこじられる人が増えた事によりストーカー予備軍が増加傾向です。また、ストーカーという定義が曖昧なので自意識過剰な人たちが、簡単に相手をストーカーだと断定し、被害を受けていると通報しがちな為、ストーカー扱いを受ける人たちが増えてしまっています。

ストーカー扱いを受けない為には

大抵の場合、ストーカー扱いを受けるきっかけとなるのは、生理的に受け付けない人間として見られる事と、嫌悪感を抱かれてしまう事です。好意のある人間に追いかけられても、人はストーカーだと感じたりしませんから。

つまりまず、身なりの清潔感などは大切であり、相手に嫌われない事が大切です。ストーカーの多くは「相手の事を考える事が出来ない」という特徴があるように、相手の人に何を思われているのかを理解する事は、ストーカー扱いされない為に大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
【必須の5種類】ストーカー対策グッズ
ストーカー
対策グッズ
【要注意】やってはいけないストーカー対策
やってはいけない
ストーカー対策
元カレ(彼氏)からストーカー被害を受けない対策法と&撃退法
元カレストーカー
対策法
会社や職場の社内ストーカー被害の対策法&撃退法
社内ストーカー
対策法
ネットストーカー被害(サイバーストーカー)の対策法&撃退法
ネットストーカー
対策法