深刻になる前に知っておきたい!
ピントルのストーカー対策専門ページ

おすすめの記事はコチラ
【必須の5種類】ストーカー対策グッズ
ストーカー
対策グッズ
【要注意】やってはいけないストーカー対策
やってはいけない
ストーカー対策
元カレ(彼氏)からストーカー被害を受けない対策法と&撃退法
元カレストーカー
対策法
会社や職場の社内ストーカー被害の対策法&撃退法
社内ストーカー
対策法
ネットストーカー被害(サイバーストーカー)の対策法&撃退法
ネットストーカー
対策法

ストーカー被害でうつ病にならない対策と対処法

うつ病にならない対策と対処法

ストーカーによる被害を受けていると、その恐怖やストレスは筆舌に難いものです。そのストレスによって「うつ病」になる被害書も少なくありません。自分勝手な犯罪者であるストーカーが原因で、病気になるのは耐えられません。そこでうつ病にならないための対策と対処法についてご説明。

スポンサーリンク

ストーカー被害とうつ病は密接な関係

ストーカー被害でうつ病になりやすい人の特徴

ストーカーの被害に遭っておる方は、強烈なストレスを与えられていますので、普通の人よりも「うつ病」になりやすい傾向があります。そこでここでは、特に「うつ病」になりやすいストーカー被害者の特徴を記載します。されているストーキングの内容にもよりますが、参考にしてみてください。

・責任感が強く、悪いことが怒っても全て自分の責任だと考える

・その時の感情でなんでも判断する

・根拠のない思い込みを信じる

・「ああすべきではなかった」と強く後悔する

これらの特徴に当てはまる人は要注意です。

ストーカー被害でうつ病になってしまったら診断書を

ストーカー被害を受けて、「うつ病」と診断されたり、疑わしいような時は、すぐに病院で診察を行い、診断書を入手してください。少なくともカルテや領収書を保管しておくだけでも大きな違いが生まれます。診断書が手に入れば、犯罪としてストーカーを検挙できます。

警察も重い腰を動かさざるを得なくなりますので、解決に受けて動いてくれます。また、弁護士に相談してストーカーに慰謝料の請求も行える可能性もあります。診断されたら、必ず診断書を手に入れてください。あなたを守る大きな手助けになるはずです。

ストーカー被害でうつ病にならない為に出来る事

ストーカー被害でうつ病にならない為の対策

ストーカーの被害でうつ病にならないための対策としては、ストーカーの解決が最も望ましいですが、簡単ではありません。そこで、最も最初に行って欲しい対策としては「味方」を作ることです。家族でも友達でもいいので、自分がストーカー被害に遭っている現状を相談してください。

すぐにストーカーが解決するわけではありませんが、心理的に非常に楽になりますし、万が一の時の保険にもなります。自分では冷静な判断がつかない精神状態になることも多いので、冷静に、客観的に判断してくれる「味方」は非常に大きな存在です。精神衛生上も非常に大きな助けとなります。

また、知人や親族以外にも専門家への相談も大きな心の支えとなります。警察や弁護士、探偵が自分にはついているという安心感は、一人でストーカーと戦っている時とは比べ物にならないほど心強いです。

また、ストーカー解決に向けた方法も教えてくれますので、解決も早くなる可能性が高いです。ストーカーによって身体的にも精神的にも被害を受けないように、できる限りの対策をしていきましょう。

ストーカー被害でうつ病かもと感じた場合

ストーカー被害によって、うつ病とまではいかないにしろ、精神的にダメージを受けたと感じたら「病院で診察」を必ず受けてください。そして、受診後は診断書をもらいましょう。これは被害を受けた証拠になりますので、いままで動いてくれなかった警察も動かざるを得なくなります。

ストーカー規制法によってストーカーは犯罪になりましたが、「親告罪」ですので、あなたが被害届けを出さない限り、警察は動きません。診断書は「ストーカー被害」の証拠となり得ますので、ストーカー解決の助けとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
【必須の5種類】ストーカー対策グッズ
ストーカー
対策グッズ
【要注意】やってはいけないストーカー対策
やってはいけない
ストーカー対策
元カレ(彼氏)からストーカー被害を受けない対策法と&撃退法
元カレストーカー
対策法
会社や職場の社内ストーカー被害の対策法&撃退法
社内ストーカー
対策法
ネットストーカー被害(サイバーストーカー)の対策法&撃退法
ネットストーカー
対策法