深刻になる前に知っておきたい!
ピントルのストーカー対策専門ページ

おすすめの記事はコチラ
【必須の5種類】ストーカー対策グッズ
ストーカー
対策グッズ
【要注意】やってはいけないストーカー対策
やってはいけない
ストーカー対策
元カレ(彼氏)からストーカー被害を受けない対策法と&撃退法
元カレストーカー
対策法
会社や職場の社内ストーカー被害の対策法&撃退法
社内ストーカー
対策法
ネットストーカー被害(サイバーストーカー)の対策法&撃退法
ネットストーカー
対策法

組織的な集団ストーカー(ガスライティング)とは

集団ストーカー(ガスライティング)とは

集団ストーカー(ガスライティング)という言葉をご存知でしょうか。これはある一人の特定のターゲットに対して、組織的なストーカー行為を仕掛けるもので、一般的なストーカー(つきまとい行為)とは異質のものを指します。ここではそんな集団ストーカー(ガスライティング)について解説します。

スポンサーリンク

集団ストーカー(ガスライティング)行為の特徴

そもそも集団ストーカー(ガスライティング)とは

集団ストーカー(ガスライティング)とは、一般的なストーカー(つきまとい行為)とは違った性質を持ちます。一般的なストーカー(つきまとい行為)は、主にある特定の個人の目を引くために行われます。しかし集団ストーカーは、ある特定の個人を破滅させるために行うものがほとんどです。

具体的には、標的の社会的な信用を失墜させたり、自信や自我を崩壊させることが目的です。複数人数によって巧妙に仕掛けられるワナにより、自分自身を疑わせます。これによって標的は、自分自身を病気だと思うほど追い込まれ自滅し、最悪の場合は自殺にまで追い込まれるケースがあるほどとなっています。

ガスライティングという言葉は、夫が妻を陥れ、妻が自分自身を精神病と疑っていくストーリーである、『ガス燈(Gaslight)』という映画のタイトルからきています。

現在の価格はコチラ

集団ストーカー(ガスライティング)で用いられる手段

集団ストーカーというのは、単に嫌がらせをしていくだけではなく、相手の精神的な部分や、自尊心を破壊するための手段がとられることになります。その手段は非常に巧妙であり、加害者や加害団体を特定することが非常に難しいことが特徴です。その手段の一部を紹介していきましょう。

・職場の定位置にあるものを動かしておく

職場のゴミ箱や、その人が普段置いているものの場所を微妙に変えておきます。それによって相手に微小な違和感を与えることが目的です。なんとなくおかしいと思える程度の変化が良いとされているようです。

・住居への侵入と異変

合いカギを作られれば簡単に家に侵入されてしまいます。この時にも、室内を微妙に変化させておきます。しかし、この変化というのには不思議さを加えます。たとえば、よく使っている調味料を継ぎ足しておいたりするのです。

普段醤油を良く使うはずなのに、なぜか一向に減らない。そんな本人にはすぐに理解できない状況を作ります。これを他人に話したところで、「こいつ何を言っているんだ」と思われるようなことをするということです。

・駐車場での車の移動

会社など、駐車するスペースが決まっている人に対して有効です。例えば、普段上司や同僚が止める場所に車を勝手に移動します。(集団で持ち上げるなりする)それによって、上司や同僚とトラブルを誘発させます。

これを繰り返すことによって、意味不明な言い訳をさせ、当人の信用を壊していきます。これらは、集団ストーカー(ガスライティング)手法のほんの一部です。とにかくターゲットがおかしいと、ターゲットの周りにも思いこませ、ターゲット自身に「自分はおかしいのかもしれない」と思わせていくのです。

集団ストーカーとカルト団体や創価学会の関係

集団ストーカー(ガスライティング)は上記のように、個人に対して、好意の感情のエスカレートによって行われるものとは、全く異質のものであるということが言えます。そしてターゲットの精神状態へ働きかけるやり方から、宗教やカルト団体と呼ばれるもの達が利用するということが言われています。

もちろん創価学会がそういったことをしていると断定するわけではありません。しかし検索をすると被害者だと言う人もいます。何が真実かは分かりませんが、被害にあった時のために、集団ストーカーとは何かについての知識を持っておくことは重要です。

>>集団ストーカー被害(ガスライティング)の対策法&撃退法

集団ストーカーによる電磁波やテクノロジー犯罪とは

電磁波犯罪やテクノロジー犯罪について

集団ストーカーで用いられる言葉として、電磁波犯罪やテクノロジー犯罪があります。これは、目に見えない形で行われるものを言います。盗聴や盗撮、音声の送信などがわかりやすく代表的なものと言えるでしょう。

被害を訴えられたとしても、訴えた本人が精神的におかしいように仕立て上げ、社会における信用をなくさせることが目的となっています。第三者から見た時に、頭がおかしいと思わせるような仕掛けとなるのが特徴と言えるでしょう。

集団ストーカーと統合失調症などの精神疾患

集団ストーカーを受けた本人はいたって健康的な人間であったとしても、その被害状況や、自分が正常であることを訴えれば訴えるほど、他人からは頭がおかしい精神的な病気なのではと思わせるように仕掛けられていきます。

これによって、本人が統合失調症などと診断されてしまい、会社での立場を失ってしまうということがあり得ます。それどころか、集団ストーカーがきっかけで、本当に精神的な疾患を抱えてしまう恐れもあるでしょう。

>>ストーカー被害でうつ病にならない対策と対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
【必須の5種類】ストーカー対策グッズ
ストーカー
対策グッズ
【要注意】やってはいけないストーカー対策
やってはいけない
ストーカー対策
元カレ(彼氏)からストーカー被害を受けない対策法と&撃退法
元カレストーカー
対策法
会社や職場の社内ストーカー被害の対策法&撃退法
社内ストーカー
対策法
ネットストーカー被害(サイバーストーカー)の対策法&撃退法
ネットストーカー
対策法