おすすめがわかる!
ピントルの電気ポット専門ページ

おすすめの記事はコチラ
最新機能も解説!おすすめの電気ケトルランキング
おすすめ
電気ケトル
ステンレスの魅力!おしゃれな電気ケトル:15選
おしゃれ
電気ケトル
徹底解説!ティファールのおすすめ電気ケトルの比較
ティファール
電気ケトル
象印?タイガー?おすすめの電気ポットランキング
おすすめ
電気ポット
どっちが安い?電気ケトルやポットの電気代の目安や比較
電気ケトル
電気代

買うならコレ!象印のおすすめ電気ケトルと特徴や口コミ

象印のおすすめ電気ケトル

1918年に設立した象印は現在、魔法瓶をはじめ、炊飯器・電気ポット・ホットプレートなど家庭用調理器具や空気清浄機のほか、業務用炊飯器や保温機(ジャー)なども製造し、IH炊飯器・ジャーポットの市場占有率では日本国内1位の会社です。

一般的に日本の大手調理家電メーカーの展開する電気ケトルは、安心・安全な機能はもちろん、品質も高いということで人気がありますが、デザイン性においては海外のメーカーに劣ると言われています。しかし、象印のCK-AW08やCK-AW10はスタイリッシュなデザインで高い評価を得ています。

象印が展開する電気ケトルは種類が多く、価格帯も他のメーカーに比べて少し高めに設定されていますが、その分機能やデザインに優れています。ここではそんな象印の買うならコレ!象印のおすすめ電気ケトルと特徴や口コミを詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

象印ってどんなメーカー?

象印ってどんなメーカー?

市川金三郎・市川銀三郎兄弟が、1918年に大阪に設立した象印。設立当初は、市川兄弟商会という名前で魔法瓶の内瓶を製造していましたが、1948年から本格的な魔法瓶の製造を行うようになりました。アジアでは神聖な動物で性格はとても温厚ですが、ひとたび怒らせばライオンや虎をも倒すその強さを持つということから、1961年に象印マホービンと社名を変更し、ブランドアイコンとして象を用いるようになりました。

象印は、1967年に今までの卓上用魔法瓶に新しい風を吹き込みました。従来の卓上用魔法瓶は光りもののクロームから、これに色をつけたり、木目調にしたりするなど華やかさというものに欠けていましたが、象印は、卓上用魔法瓶に当時ではめずらしい花柄をケースに印刷した「UポットUA型」を発売しました。UポットUA型は、大ヒット商品となり、花柄ブームを起こしました。

以来、卓上用魔法瓶は単にお湯を注ぐものではなく、部屋の中に潤いと華やかさを演出する小道具の役割を果たすインテリアの内の1つという存在に変わっていきました。現在は、魔法瓶のみならず炊飯器・電気ポット・ホットプレートなど家庭用調理器具や空気清浄機のほか、業務用炊飯器や保温機(ジャー)なども製造し、IH炊飯器・ジャーポットの市場占有率では日本国内1位の会社です。

>>電気ケトルや電気ポットの電気代について詳しくはコチラ

象印のおすすめ電気ケトルの特徴

象印のおすすめ電気ケトルの特徴 

象印の電気ケトルは、安全設計でお湯がすぐ沸くという点が大きな特徴です。安全性に高いこだわり持つ象印の電気ケトルは、ほとんどの電気ケトルにコードレス出湯・空焚き防止機能・蒸気レス機能を搭載し、家族みんなが毎日安心して使えるように作られています。

お茶の成分をより引き出す「プラチナフッ素加工内容器」CK-AW08やCK-AW10は、内容器にプラチナナノ粒子を含んだフッ素をコーティングして、プラチナの触媒作用によりポット内の水質を弱アルカリ化することで、お湯が茶葉の内部まで浸透しやすくなることから、茶葉からカテキンの抽出がより促進されるという独特の特徴を持っています。メタリックカラーのスタイリッシュなデザインも高い評価を得ています。

また、CK-HB08は女性でも片手でラクラクとお湯が注げるような軽量化された電気ケトルで、本体重量はわずか0.76㎏となっています。

象印の電気ケトルは、デザイン面においては海外メーカーの電気ケトルには劣りますが、本体が熱くならないように工夫されていたり、保温機能が1時間ほど付いていたり、倒れてもお湯がこぼれない使用になっていたりと、安全面においての機能は圧倒的に優れています

価格帯は比較的高いですが、使い勝手や安全面を求める方にはとてもおすすめのメーカーです。容量は0.8Lと1.0Lがメインに展開されています。

>>電気ケトルや電気ポットの洗浄方法について詳しくはコチラ

口コミや評価

誰もが安全に使えるという人気の象印の電気ケトルを、実際に使っている人の口コミや評価を調べてみました。ここでは、象印の電気ケトルの口コミや評価を詳しくご紹介していきたいと思います。

良い口コミや評価

まずは象印の電気ケトルの良い口コミ評価から見てきましょう。

  • 音を立てずに沸騰するので、静かなところが気に入っている。
  • 蓋の着脱が簡単で、お手入れがしやすい。
  • すぐにお湯が沸き。使い勝手抜群な電気ケトル。
  • 日本のメーカーの電気ケトルの中では、デザインがスタイリッシュで気に入った。
  • しっかりとした作りで、安全な機能が搭載されているので、家族で使える。

というような良い口コミや評価が多く見られました。他のメーカーに比べて、沸騰させている時の音がとても静かという点が高く評価されています。また、蓋が着脱できるため、ポット内のお手入れがしやすいところも人気のポイントとなっています。他にも機能面・デザイン面でも使用者は満足している人が多いようです。

象印の悪い口コミや評価

とても人気の高い象印の電気ケトルですが、中には悪い口コミや評価も見られました。それでは悪い意見も見ていきましょう。

  • お湯が注ぎ口からほぼ直角に出るので、満水時に注ぐときには水漏れしてしまうので注意が必要。
  • 蒸気レス機能付きの為か、カルキ抜きをしてもカルキ臭が気になる。
  • 沸騰完了を知らせるアラーム音がうるさい。
  • 外側から、ポット内の水量が確認できない。
  • 蓋のロック解除が固くて力が必要なので、不便。

などといった悪い口コミや評価もありました。慣れるまでは、お湯を注ぐときに的であるカップから外れて注いでしまい、熱湯が漏れて火傷をしてしまいそうになったという人もいました。また機種によっては、外側に湯量が確認できる水量窓が付いていない電気ケトルのタイプがあるので、不便という声も見られました。

象印の電気ケトルに限らず、電気ケトルを新しく購入した場合、慣れるまでは、熱湯を扱うため特に注意が必要です。

スポンサーリンク

象印の電気ケトルおすすめランキング:TOP5

象印の電気ケトルおすすめランキング:TOP5 

家族みんなで毎日安心して使用できる象印の電気ケトル。色々なタイプが展開されていますが、その中から、象印の電気ケトルおすすめランキングTOP5をそれぞれの特徴ともに、どんな人におすすめかという点について詳しくご紹介していきます。

>>おすすめの電気ケトルのランキングはコチラ

第1位:CK-AW08

現在の価格はコチラ

お茶の成分をより引き出す「プラチナフッ素加工内容器」CK-AW08やCK-AW10は、内容器にプラチナナノ粒子を含んだフッ素をコーティングして、プラチナの触媒作用によりポット内の水質を弱アルカリ化することで、お湯が茶葉の内部まで浸透しやすくなることから、茶葉からカテキンの抽出がより促進されるという大きな特徴を持つ電気ケトルです。カップ1杯分が約65秒で沸騰完了します。

沸とう後も1時間、約90℃で保温することができ、1時間以上経ってしまっても沸騰完了までに時間と電気代を節約することができます。そのほかにも、内容器の底部と上部に2つの沸とう検知センサーを搭載し、蒸気の発生を素早く検知して抑える蒸気レス機能が搭載されているので、置き場所を選ばずに安心して使用できます。

お湯を注ぐときにはレバーで、湯量を調節できるので用途によって合わせて簡単に注ぐことができます。ステンレス製の本体は、容量は0.8L、幅23×奥行14.5×高さ22.5㎝、重量は1.2㎏となっています。カラーはメタリックレッドとメタリックグレーの2色展開、スタイリッシュなデザインがとても人気の電気ケトルです。3人家族から4人家族の方におすすめです。また、お茶を美味しく飲みたい方にもとてもおすすめの電気ケトルです。

第2位:CK-AW10

現在の価格はコチラ

第1位でご紹介したCK-AW08と機能面は全く同じです。違う点はサイズと価格のみで、容量は1.0L、幅23×奥行14.5×高さ24.5㎝、総重量は1.3㎏となっており、容量が少し大きくなっている分、高さと重量が若干大きくなりますがケトル本体の重さは1.0㎏とCK-AW08と同じ重さとなっています。

価格も象印の電気ケトルの中でも最も高価な電気ケトルです。普段からお茶やコーヒーなどを良く飲んだり、お湯を頻繁に使うという人にはこちらのタイプがおすすめです。

基本性能は、CK-AW08と同じく

  • 転倒湯もれ防止
  • 自動給湯ロック機能
  • 熱くなりにくい本体構造
  • マイコンによる沸騰検知
  • 空だき防止機能
  • 自動電源オフ機能
  • お茶がおいしくなるプラチナフッ素加工内容器を採用
  • 1時間あったか保温機能
  • 蒸気レス機能

以上のような便利な機能が搭載され、カップ1杯分が約65秒で沸騰完了できるおすすめの電気ケトルです。

>>おすすめのコーヒー向け電気ケトルはコチラ

第3位:CK-HB08

現在の価格はコチラ

幅21.5×奥行15×高さ21.5㎝、本体のみの重量は0.76㎏という女性でも片手でラクラクとお湯が注げるような軽量化された電気ケトルです。素材はステンレス製で、本体は熱くならないので両手で持つことも出来ます。

基本性能は、下記のとおりです。

  • 転倒湯もれ防止
  • 自動給湯ロック機能
  • 熱くなりにくい本体構造
  • 空だき防止機能
  • 自動電源オフ機能
  • 蒸気セーブ機能

以上の安心・安全機能が搭載されています。カップ1杯分が約60秒で沸騰完了するので、すぐにお茶やコーヒーが飲みたいという人にもおすすめです。また、最大容量の0.8Lを入れても1.5㎏ほどにしかならないので、女性におすすめです。色はシンプルでどんなキッチンにも合わせやすいホワイトと、部屋を明るくする女性らしくピンクの2色が展開されており、好みに合わせて選ぶことができます。

第4位:CK-AH10

現在の価格はコチラ

「蒸気レス構造」を採用しているので、キッチンやリビングなどの壁際や狭い場所など置き場所を選ばないで使える象印のステンレス製の電気ケトルです。本体サイズは、幅23×奥行14.5×高さ24.5㎝で、本体重量は1.0㎏、容量は1.0Lという大容量なので家族でのご使用におすすめです。基本性能は下記のとおりです。

  • 転倒湯もれ防止
  • 自動給湯ロック機能
  • 熱くなりにくい本体構造
  • マイコンによる沸騰検知
  • 空だき防止機能
  • 自動電源オフ機能
  • 蒸気レス機能

以上のような、毎日安心して家族みんなで使える便利な機能がたくさん搭載されています。カップ1杯分が約65秒で沸騰完了し、飲みたい時にすぐコーヒーやお茶などが飲めるおすすめの電気ケトルです。カラーはピンクとホワイトの2色展開となっています。

第5位:CK-CA06

現在の価格はコチラ

沸とう後、約90℃で1時間保温し、1時間経つと自動で電源がオフになる「1時間あったか保温」機能を搭載したステンレス製の電気ケトルです。本体サイズは、幅23.5×奥行15×高さ23㎝で本体重量は1.0㎏とコンパクトで置き場所を選びません。基本性能は下記のとおりです。

  • 転倒湯もれ防止
  • 自動給湯ロック機能
  • 熱くなりにくい本体構造
  • マイコンによる沸騰検知
  • 空だき防止機能
  • 自動電源オフ機能
  • 1時間あったか保温機能
  • 蒸気セーブ機能

以上の機能が搭載されており、カラーはホワイトとピンクの2色から好みに合わせて選ぶことができます。食事やお茶の時間がバラバラな家族でも1時間の保温機能が搭載されているのでおすすめです。またやコーヒーやお茶をお替わりをするときにもとても便利な電気ケトルです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
最新機能も解説!おすすめの電気ケトルランキング
おすすめ
電気ケトル
ステンレスの魅力!おしゃれな電気ケトル:15選
おしゃれ
電気ケトル
徹底解説!ティファールのおすすめ電気ケトルの比較
ティファール
電気ケトル
象印?タイガー?おすすめの電気ポットランキング
おすすめ
電気ポット
どっちが安い?電気ケトルやポットの電気代の目安や比較
電気ケトル
電気代