おすすめがわかる!
ピントルの電気ポット専門ページ

おすすめの記事はコチラ
最新機能も解説!おすすめの電気ケトルランキング
おすすめ
電気ケトル
ステンレスの魅力!おしゃれな電気ケトル:15選
おしゃれ
電気ケトル
徹底解説!ティファールのおすすめ電気ケトルの比較
ティファール
電気ケトル
象印?タイガー?おすすめの電気ポットランキング
おすすめ
電気ポット
どっちが安い?電気ケトルやポットの電気代の目安や比較
電気ケトル
電気代

定番から最新商品まで!タイガーのおすすめ電気ポット

タイガーのおすすめ電気ポット

私たちの生活に欠かせないお湯は、コーヒーやお茶を飲む時だけでなく、赤ちゃんのミルクや、料理など色々な用途で使われています。そんなお湯がいつでも必要な時に必要な分だけ使える便利な電気ポットは、現在たくさんのメーカーから様々なタイプが展開されています。

中でも、魔法瓶メーカーならではの高い保温機能が搭載されたタイガーの電気ポットは、魔法瓶構造の「とく子さん」シリーズと非魔法瓶構造の「マイコン電気ポット」の2種類を展開しています。「とく子さん」シリーズは、VE電気魔法瓶(高真空2重瓶)を採用し、省エネ・節電性と、蒸気の出ない安全性、コードレスで使用できる利便性に優れています。

「マイコン電気ポット」は節電タイマーなどを搭載し、3段階の保温機能が搭載されています。ここでは定番から最新商品まで!タイガーのおすすめ電気ポットについて詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

タイガーってどんなメーカー?

タイガーってどんなメーカー?

1992年に、創業者・菊池武範が大阪市西区で「菊池製作所」を設立し、「虎印魔法瓶」の製造・販売を開始したことが始まりのタイガー。日本の小型家電製品を主に展開するメーカーです。「食卓に、温もりの魔法を」をブランドステータスとし、創業以来、同社の代表的な製品であるガラス製魔法瓶に始まり、電子ジャー、炊飯ジャー、電気ポット、調理器具など多くの小型家電製品を販売しています。

タイガーは、真空断熱技術を強みにした保温機能の優れた製品に定評があり、多くの一般家庭で愛用されているメーカーです。

>>電気ケトルや電気ポットの電気代について詳しくはコチラ

タイガーの電気ポットの特徴

タイガーは、真空断熱技術を強みにした保温機能の優れた製品に定評があり、多くの一般家庭で愛用されているメーカーです。 タイガーの電気ポットの特徴 

タイガーの電気ポット「とく子さん」の特徴は以下の3点となっています。

  • 節電対策
  • 安全性
  • 高い利便性

ここでは、これらの3点の特徴についてそれぞれ詳しく解説していきたいと思います。

>>電気ケトルや電気ポットの洗浄方法について詳しくはコチラ

節電対策

タイガーの「とく子さん」シリーズのVE電気魔法瓶は、内容器が魔法瓶と同じ構造で作られています。そのため、一度温めたお湯は冷めにくく、PIS-A300、PIP-A300の機種はプラグを抜いて2時間たっても90度以上をキープすることが可能です。結果、保温のための電力はほとんど使わずに済むので、節電ができます。無理なく節電しながら、いつでも温かいお湯が使える便利な電気ポットです。

また、非魔法瓶構造のタイプと比べると2.2Lのタイプのものであれば使用状況にもよって異なりますが、湯沸かしを1日に2回、再沸騰を1日に1回、1日の間に保温設定90度で23時間を365日使用した場合、年間電気代が約5900円も節約できて、とても経済的です。

>>電気ケトルや電気ポットの電気代について詳しくはコチラ

安全性

タイガーの電気ポット「とく子さん」シリーズは、一部の機種を除いたほとんどの機種が「蒸気レス」機能を搭載しています。そのため、蒸気を気にせずにキッチンやリビングなど、どこにでも置けて、火傷の心配が少なく安心して使うことが出来ます。

いつでも熱いお湯が使えるのは便利ですが、小さな子供や年配の方がいる家庭では、火傷を心配してしまう人も多いかと思います。しかしタイガーの電気ポットは、蒸気の出ない安全性の高いVE電気魔法瓶構造の電気ポットなので、火傷などの心配が少ないのでどんな家庭でも安心して置いておくことが可能です。-

高い利便性

「とく子さん」シリーズのPIS-AやPIM-Aなどは、コードレス対応の電気ポットです。この「コードレス給湯」により、場所を選ばずにどこへでも持ち運びして給湯が可能です。プラグを抜いてもエアー給湯で注げるため、コードの届かないテラスやガーデンなどで使用する子もできます。

また、VE電気魔法瓶構造なので、長時間お湯の温度をキープすることができるので、好きな場所で温かい飲み物が楽しめます。万が一、停電をしても使用が可能なので安心です。

スポンサーリンク

タイガーの電気ポットの口コミや評価

タイガーの電気ポットの口コミや評価

色々な特徴を持ったタイガーの電気ポットを実際に使用している人の口コミや評価を調べてみました。ここでは、タイガーの電気ポットの口コミや評価を詳しくご紹介していきたいと思います。

良い口コミや評価

まず、タイガーの電気ポットの良い口コミや評価から見ていきましょう。

  • 給湯量表示が搭載されているので、とても便利。
  • 充実した機能と、落ち着いたデザインでとても気に入っている。
  • 省エネで電気代の節約ができるので助かる。
  • 子供のいる家庭でも安心して使用できる。
  • コードレス機能や、回転機能などが搭載されているので使い勝手が良い。

などといった良い意見が見られました。特に最近の電気ポットにはあまり見られない給湯量表示について、とても便利という声が多く見られました。また、スタイリッシュでシンプルなデザインのものや、持ち運びに便利なコードレス機能が搭載されている点なども評価が高くなっています。充実した機能が搭載されていて、安心・安全な電気ポットが欲しいという人におすすめです。

悪い口コミや評価

評価の高いタイガーの電気ポットですが、中には悪い意見も見られました。それでは悪い口コミや評価も見ていきましょう。

  • 充実した機能が搭載されているので便利ですが、値段が高いのが難点。
  • 付属品のコードが短く、使いにくい。
  • 給湯口が本体の色とかぶっているのでわかりにくい。
  • お湯を入れ替えるときに、残った水を捨てにくい。
  • 電源を抜くたびに設定がリセットされ、再設定するのが面倒。

というような悪い意見も見られました。

充実した機能が搭載されているので仕方がないのですが、他のメーカーに比べても全体的に価格の高い製品が多いという声が多く見られました。また、本体の色と給湯口の色が重なって給湯する際に不便という声や注意が必要という声もありました。ただ、お湯が使えればいいという人には、機能がたくさん搭載されて高価なのであまりおすすめではありません。

タイガーの電気ポットおすすめランキング:TOP5

タイガーの電気ポットおすすめランキング:TOP5 

経済的で、安全・安心に使用ができ、高い利便性があると人気のタイガーの電気ポット。ここでは、タイガーの電気ポットおすすめランキングTOP5をそれぞれの特徴とともに詳しくご紹介していきたいと思います。

>>おすすめの電気ポットのランキングはコチラ

第1位:蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIS-A300

現在の価格はコチラ

節電VE保温は電気保温に高真空2重瓶での保温も併用した、プラグを抜いて2時間経っても90度以上をキープすることが出来る経済的な電気ポットです。また、エアー給湯機能が搭載されているので、コードの届かない庭やテラスなどでティータイムを楽しむことも出来ます。

本体サイズは、幅21.7×奥行28.2×高さ32.3㎝、最大容量は3.0L。本体重量3.0㎏、消費電力は700Wとなっています。また、この電気ポットに備わっている性能は下記のとおりです。

  • 高温の蒸気による火傷の危険性のない蒸気レス
  • 空焚き防止
  • 給湯後しばらくすると自動でロックがかかる自動ロック電動給湯
  • 万一傾いた場合は、お湯漏れを最小限に抑える傾斜・転倒流水防止
  • 蒸気レスでもカルキを抜いた美味しいお湯を楽しめるカルキ抜き沸騰機能
  • どこへでも持ち運んで給湯できるコードレス対応
  • 80℃90℃98℃の3段階に設定できる保温設定機能

このようなタイガーの電気ポットの特徴である便利・安心・節電対策の機能が豊富に搭載されています。価格は他のメーカーに比べて高めの設定となっていますが、充実した機能と毎日の電気代節約ができる電気ポットを求めている人に特におすすめです。

第2位:PDR-G221

現在の価格はコチラ

PDR-G221は、タイガーの展開するマイコン電気ポットです。とく子さんシリーズの電気ポットとは違い、機能はあまり搭載されていません。そのため、価格が安く設定されているので、沸騰機能やいつでも熱いお湯が使えて、リーズナブルな電気ポットが欲しいという人におすすめです

湯沸かし時の消費電力を700Wに抑えて、省エネプログラムを搭載、また蒸気量を従来品と比べて約1/3にカットした省スチーム設計で安心です。本体サイズは幅21.2×奥行28.0×高さ25.4㎝、最大容量は2.2L、本体重量は2.0㎏とコンパクトで軽量なサイズが特徴です。

第3位:蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIJ-A300

現在の価格はコチラ

機能美を追求したシンプルなスクエアフォルムでスタイリッシュなデザインが特徴の電気ポットです。丸みのある通常の電気ポットとは違い、すっきりと収納スペースに収まります。本体サイズは、幅21.8×奥行30.8×高さ27.6㎝で、最大容量は3.0L、本体重量は3.3㎏、消費電力は700Wとなっています。

また、この電気ポットに備わっている性能は下記のとおりです。

  • 高温の蒸気による火傷の危険性のない蒸気レス
  • 空焚き防止
  • 給湯後しばらくすると自動でロックがかかる自動ロック電動給湯
  • 万一傾いた場合は、お湯漏れを最小限に抑える傾斜・転倒流水防止
  • 2時間以上使わないときは自動的に設定温度より5度下がって保温する節電保温機能
  • 70℃80℃90℃98℃の4段階に設定できる保温設定機能

保温設定が4段階から選べて、自動で節電するだけでなく、プラグを抜いて2時間経っても90度以上をキープしてくれるので電気代の節約もできます。キッチンなどに置いていてもインテリアの邪魔にならないスタイリッシュな電気ポットを求めている人におすすめの電気ポットです。

第4位:蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300

現在の価格はコチラ

タイガーの展開する電気ポットの中でも最も節電できる電気ポットです。新断熱構造採用して、タイガー独自の2重真空構造により、プラグを抜いて3時間経っても90℃以上をキープできます。また、待機時消費電力ゼロで保温できる魔法瓶保温や、液晶で給湯量も確認ができるところも大きな特徴です。

本体サイズは、幅23.4×奥行30.2×高さ31.0㎝、最大容量は3.0L、本体重量は3.7kg、消費電力は700Wとなっています。

この電気ポットに備わっている性能は、下記のとおりです。

  • 高温の蒸気による火傷の危険性のない蒸気レス
  • 空焚き防止
  • 給湯後しばらくすると自動でロックがかかる自動ロック電動給湯
  • 万一傾いた場合は、お湯漏れを最小限に抑える傾斜・転倒流水防止
  • 蒸気レスでもカルキを抜いた美味しいお湯を楽しめるカルキ抜き沸騰機能
  • どこへでも持ち運んで給湯できるコードレス対応
  • 80℃90℃98℃の3段階に設定できる保温設定機能
  • 湯わかしと保温の両方が節電できる「省エネコース」

価格が高めのタイガーの電気ポットの中でも中位機種なので、安価ではありませんが、家族みんなで安心して使用できるのはもちろん、毎日無理なく節電をして電気代を抑えたいという人におすすめの電気ポットです。

第5位:蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIM-A300

現在の価格はコチラ

第3位にご紹介したPIJ-A300の上位機種です。PIJ-A300に搭載されている機能に加えて、どこへでも持ち運んで給湯ができるコードレス対応、蒸気レス沸騰によるカルキ抜き沸騰ができます。また前面にスタイリッシュに配置されたワイド電動給湯レバーは、左右どちらからでも操作ができるので置き場所や利き手を選びません。

本体サイズは、幅21.8×奥行30.8×高さ31.9㎝、最大容量は3.0L、本体重量は3.5㎏、消費電力は700Wとなっています。タイガーの展開する電気ポットの中でも、節電、コードレス、蒸気レス、カルキ抜きなどの豊富な機能が搭載されており、高価な電気ポットなので機能重視・品質重視で長く使いたいという人におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
最新機能も解説!おすすめの電気ケトルランキング
おすすめ
電気ケトル
ステンレスの魅力!おしゃれな電気ケトル:15選
おしゃれ
電気ケトル
徹底解説!ティファールのおすすめ電気ケトルの比較
ティファール
電気ケトル
象印?タイガー?おすすめの電気ポットランキング
おすすめ
電気ポット
どっちが安い?電気ケトルやポットの電気代の目安や比較
電気ケトル
電気代