ランキングからブランド別特徴まで
ピントルのボールペン専門ページ

よく読まれるページはコチラ
最新の実用ボールペン人気ランキングBEST50
実用ボールペン
ベスト50
高級ボールペンの人気ブランドランキング
高級ボールペン
人気ランキング
安くて書きやすいボールペンの決定版
書きやすさ重視
ボールペン特集
ビジネス向けボールペンランキング
ビジネス向け
人気ランキング
必見!インクの出ないボールペンを復活させる魔法の方法
インクが出ない
復活方法

人気の消せるボールペンはコレ!

人気の消せるボールペン

今や大ヒット商品となった消せるボールペン「フリクションボール」。それに追随しようと、各社から様々な消せるボールペンが登場しました。となると気になるのは、最も優れた消せるボールペンはどれ?という事。

激戦区となった消せるボールペン市場で生き残るのはどの商品でしょうか。今回は、今最も優れている人気の消せるボールペンを紹介しましょう。

スポンサーリンク

最も優れた消せるボールペンはフリクションボール

現在の価格はコチラ

他の消せるボールペンを圧倒する様な滑らかな書き心地だけでなく、濃く鮮やかなインクの発色と、スムーズに消せるという特徴から見て最も優れた消せるボールペンはフリクションボールだと言えます。

そのため、パイロット社に製造委託をして無印良品から販売される”こすって消せるボールペン”も同様に最も優れた消せるボールペンです。

まずはこの、フリクションボールがいかに優れた製品なのかについて、消せるボールペン市場で雌雄を決する三菱鉛筆の消せるボールペンと比較しながら解説していきたいと思います。

消せるボールペンの書き具合比較

消せるボールペンの二大ブランドと言えるこの二種類。上の写真を見ても解る通り、インクの濃さにも違いが出ます。

フリクションボールは水性やゲルインクらしい深い黒ですが、ユニボールは油性の悪い部分が強く出る赤みがかった黒。

もちろんこちらの色に関しては好みの問題もでるとは思いますが、あくまで濃さを判断基準にするならフリクションボールの圧勝です。

また、書き心地に関しても消せるボールペンらしくない滑らかさで、一般的なボールペンと同様に書ける心地よさがたまりません。

インクの消し具合比較

さてさて、消せるボールペンと言うのですから、書き心地よりもむしろ大切なのは消し心地といえるでしょう。

消せるボールペンのインクは、ラバーによる摩擦熱で消えるのですが、このラバーの出来具合によっては、消しカス、消し心地、消え方など様々な部分に影響が出るため、ラバーの性能も見逃せません。

そして消してみた感想としては、ユニボールはまだ完成系ではない!ということですが、つまりラバーカスが出てしまうと言う欠陥です。

フリクションボールの方は2往復程度で軽く消えてくれる心地よさがありますが、ユニボールはゴシゴシ擦って、やっと消えてくれるという感じ。

書き心地、消し心地ともにフリクションボールの圧勝と言えます。

>>消せるボールペンの仕組みについてはコチラ

フリクションボール以外の消せるボールペンについて

フリクションボール以外の消せるボールペンについて

最も優れた消せるボールペンがフリクションボールだ!と言いましたが、それはあくまでも消せるボールペンとしての筆記の性能面だけです。

発色、書き心地、消し心地など様々な好みによっては変動するでしょう。そこでここからはフリクションボール以外の消せるボールペンについてその特徴や、おすすめポイント、マイナス点などについて紹介します。

無印良品:こすって消せるボールペン

現在の価格はコチラ

おすすめ度:★★★★☆

パイロットに製造委託している消せるボールペンですから、フリクションボールと同様の消せるインクが搭載されているため、書き心地、消し心地ともに申し分のない良作ボールペンと言えます。

無印良品らしいデザインは、持った感じが賛否両論ありますが、それでも、他の消せるボールペンより実用的で人気を獲得しています。

形状から来る問題点か、フリクションボールよりも消えにくいため、性能面で若干おとると言わざるを得ません。

三菱鉛筆:ユニボール ファントム

現在の価格はコチラ

おすすめ度:★★☆☆☆

パイロットのフリクションボールの対抗馬として存在しますが、人気、性能ともに、かなり大差をつけられて劣勢気味のボールペン。

消す為のラバーがキャップになっているのは大きな特徴ですが、そのラバーの性能が低く、消しにくいため利点となっていません

広い面を使えば一気に消せるのもウリにしているようですが、面積が広くなると、さらに摩擦熱を発生させる為に力が必要で、あまり実用的とは言えない機能となってしまっています。

>>ユニボール ファントムを探すならコチラ

三菱鉛筆:ユニボール シグノ イレイサブル

現在の価格はコチラ

おすすめ度:★★★☆☆

専用のラバーがなくとも、消しゴムで文字が消せるインクを使用し、消せるボールペン業界に革命をもたらすかと思われましたが、実際に使用して見ると、あまりしっかりと消えないと言う状態で消せるボールペンとしての実用度は低いと言わざる得ません。

しかしシグノシリーズだけあってインクの濃さは申し分無くフリクションインクよりも濃くハッキリとした色が出ます。

いざとなったら消せる!という考えならコチラに軍配が上がりますが、書いた文字を綺麗に消したいというのが最優先であればイマイチです。

>>ユニボール イレイサブルを探すならコチラ

ペーパーメイト:リプレイマックス

現在の価格はコチラ

おすすめ度:★★★★☆

場合によってはフリクションボールよりも優れた消せるボールペン。なんといってもこのリプレイマックスは「証書類も書ける」のです。

つまり、消せないボールペンであり、消せるボールペンという一見すると、え?どういう事?となってしまう一本かもしれません。

このボールペンは、特殊な油性インクを使用した消せるボールペンで、書いた直後(1分以内)であれば、フリクションボール並みに綺麗に消え

時間が経つにつれて書いた文字が消えにくくなっていくと言う性質で一日も立ってしまえば、油性ボールペンで書いたように消えません。

記録として残せる消せるボールペンとして今注目されています。

>>リプレイマックスを探すならコチラ

三菱鉛筆:プロパス イレイサブル(マーカー)

現在の価格はコチラ

おすすめ度:ジャンル外

ボールペン、ではありませんが番外編としてマーカーを紹介します。

特に学生さん達はマーカーを使用する機会が多いと思いますが、マーカー界にも消せるインクを使用した物が多数登場しています。

消せるボールペンと違ってペン先が柔らかいため消しても筆跡が残らず、意外と多くの場面で使えると合って注目されている文房具です。

消せるインクの副産物的に生まれた「染みない」機能も素晴らしく、マーカーの裏移りまで改善してくれるのが人気の理由と言えます。

消す機能はいらないけど、裏写り防止機能は嬉しいという人も多く、今後も消せるインクは様々な進化を遂げると感じさせてくれます。

>>プロパス イレイサブルを探すならコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
最新の実用ボールペン人気ランキングBEST50
実用ボールペン
ベスト50
高級ボールペンの人気ブランドランキング
高級ボールペン
人気ランキング
安くて書きやすいボールペンの決定版
書きやすさ重視
ボールペン特集
ビジネス向けボールペンランキング
ビジネス向け
人気ランキング
必見!インクの出ないボールペンを復活させる魔法の方法
インクが出ない
復活方法