ランキングからブランド別特徴まで
ピントルのボールペン専門ページ

よく読まれるページはコチラ
最新の実用ボールペン人気ランキングBEST50
実用ボールペン
ベスト50
高級ボールペンの人気ブランドランキング
高級ボールペン
人気ランキング
安くて書きやすいボールペンの決定版
書きやすさ重視
ボールペン特集
ビジネス向けボールペンランキング
ビジネス向け
人気ランキング
必見!インクの出ないボールペンを復活させる魔法の方法
インクが出ない
復活方法

安くて書きやすいボールペンの決定版

書きやすいボールペン特集

ステータスシンボルとなる高級感はなくとも性能なら世界一の国産品、日夜進化する国産のハイクオリティボールペンの中でも特に注目された今年最もコストパフォーマンスに優れた書きやすいボールペンを特集。

持ちやすい!書きやすい!買いやすい!の三拍子揃った注目機種を紹介文を交えながら、ボールペン選びに迷うアナタにプレゼンします。

スポンサーリンク

今年注目された書きやすい油性ボールペン

契約書や証書といった記入にも使える為定番のボールペンです。インクの粘度自体が高いため、より書きやすいインクへと進化を続け、各ブランドから様々な低粘度油性インクが登場し注目されています。

王者を奪還した書きやすさ【ぺんてる:ビクーニャ】

現在の価格はコチラ

ットストリーム?という時代もぺんてるが生み出したビクーニャによって歴史は塗り替えられました

「油性ボールペンだと字がうまく書けない」なんていうのも過去の話、水性インクに勝るとも劣らない低粘度インクでスラスラと文字が書けて、普段よりも字が上手に書けると言われる程の書きやすさを誇ります。

黒の発色性も、既存のボールペンでは恐らくナンバーワンでしょう。

貫禄の書きやすさ【三菱鉛筆/uni:ジェットストリーム】

現在の価格はコチラ

ビクーニャの登場までは、絶対王者といえる地位を譲りませんでした。

その油性とは思えない書きやすさは、確かに今でも健在ではありますが、初期不良が多く、新品の状態でも書けないというトラブルが多発した為、その極上の書きやすさよりも、マイナスなイメージが先行してしまい、書きやすい油性ボールペンの地位をビクーニャに奪われたのです。

しかし油性インクで最も書きやすいのはジェットストリームであるという声も、今でもボールペン好きの間では良く聞きます。

学生からの圧倒的支持【パイロット:Dr.グリップ】

現在の価格はコチラ

人間工学に基づいた太く握りやすい極上のグリップのボールペンは、筆記する際の腕や肩への負担を軽減するため非常に書きやすく、さらにパイロットの開発した低粘度インクのアクロインキを使用し、油性とは思えない滑らかな書き味が絶賛されているボールペンです。

しかし太さと重量から、ビジネスマン等からの支持は低めで、主に学生や事務仕事をする人から高い支持を獲得しています。

デザインと書きやすさの融合【パイロット:オプト】

現在の価格はコチラ

高いデザイン性と、オプトリフィルと呼ばれる独自の替芯サイズで、他のボールペンよりも45%増量され、ロングライフに使用出来ます。

10万回はさんでも壊れないと言われる可動式クリップを備えていて、見た目と性能を高い次元で融合させた日本が誇るボールペンです。

重量配分も抜群で、非常に書きやすいボールペンですが、書く事だけに特化した場合、他のボールペンと比べると若干劣ります。

今最も書きやすい水性ゲルインクボールペン

昨今のボールペン業界で最も進化しているボールペンと言えば水性ゲルでしょう。

まるで水性の筆記感を持ちながらも、油性の様な乾きと持続性を持ち、紙に滲まないとあって、学生から社会人まで幅広く愛用されています。

書きやすいボールペンにこだわるなら、水性ゲルインクに注目です。

今年の最強ボールペン【ぺんてる:エナージェル】

現在の価格はコチラ

まさにボールペン・オブ・ザ・イヤーに相応しい最高のボールペン。今年最も書きやすいと支持されたボールペンがこのエナージェルです。

水性のように滑らかな書き心地、履歴書にもおすすめな速乾性。そしてゲルインクの弱点だった発色を克服し引き締まった濃さを獲得し、今最も書きやすいボールペンとして人気を獲得している逸品です。

1つ難点を挙げるならば、ケースが若干握り難いという事でしょうか。

トラブル知らずのボールペン【ゼブラ:サラサ】

現在の価格はコチラ

ボールペンで最もありがちなトラブルと言えば「インクが出てこない」という現象ではないでしょうか。

しかしサラサは、既存のボールペンでもダントツのインクの出具合で、人生で初めてボールペンのインクを全て使い切ったボールペンとして筆者の中にも刻まれている程、トラブルの起きない高性能機種です。

そのインクの出による心地よい書きやすさを味わえる一本ですが、若干乾きが遅いため、ガンガン書いていく使い方には合い難いでしょう。しかし、この価格帯でブルーブラックのインクがあるのは魅力です。

美しい字が書けるボールペン【三菱鉛筆/uni:ユニボール シグノ】

現在の価格はコチラ

ここぞ!というとき、綺麗な字を書く為のボールペンとして人気なのが、引っかかりのない安定した線がかける三菱鉛筆のユニボールシグノです。

ペン先の細さに種類があるためシーンに合わせて書きやすい選択が可能で、このインクの特徴の1つ、インクの量が少なくなって自重が減るとさらに線が細くなって0.28mmのボールペンが0.14mm程度になるため、非常に細かい線を書く事が必要な人は大変書きやすいと感じるでしょう。

スポンサーリンク

書きやすい定番インクの水性ボールペン

書きやすいボールペンといったら圧倒的に水性ボールペンでしょう。

より紙に滲み難く、乾きの早いインクを目指して各ブランドが進化させ、スムーズな書き味と使いやすさ両立させる圧巻のラインナップです。

書く事のみに特化させるのであれば、水性ボールペンも目が離せません。

ねかせた角度でも書きやすいボールペン【パイロット:Vコーン】

現在の価格はコチラ

もちろんVコーンといえども、最適な角度の方が書きやすいのですが、既存のボールペンと比べて有効角度が広いため寝かせても書けます

100円で変える最高の快感を与えてくれるボールペンとして知られ、筆圧がほとんどいらず、黒く濃く書けるストレスフリーな筆記具で、いつでも、どんなときでも、0.01秒でインクが出て来る絶対的安心と、他のボールペンの追随を許さない黒色の濃さで昔から人気の一本です。

角度で太さが変わる書きやすさ【ぺんてる:ボールぺんてるB100】

現在の価格はコチラ

まるで筆で書いた様な「とめ」「はね」を表現出来るボールペンで、一般的なボールペンと違って、ペン先をデルリン樹脂で制作している為、紙との柔らかいタッチとソフトな書き味が人気のボールペンです。

チープな見た目のデザインが、いかにも文房具といった出で立ちで手品の様に上手な字が書けるボールペンとして知られています。発表から40年たった今も、愛され続ける水性ボールペンです。

文房具好きは知っている書きやすいボールペン

壁や天井に書く様な体勢でもつかえる加圧式のボールペンや、書いた後に消す事が出来るフリクションインク、さらに極細ペンなどシーンによっては最高の書きやすさが手に入るボールペンも豊富です。

一般的なボールペンでは納得出来ない人たちにお勧めのラインナップ。

季節も角度も重力も気にしないペン【三菱鉛筆/uni:パワータンク】

現在の価格はコチラ

このボールペン最大の特徴は、加圧式のボールペンであるため、宇宙の様な無重力空間でも書きやすいというタフネスな特性です。

手帳を持って筆記したり、壁に紙を置いて筆記している時に。ボールペンが擦れて行くという現象もこのボールペンなら解決できるため、現場職の人達以外にも、多くのビジネスマンから愛用されています。

また、何よりもこのパワータンクの特徴と言えるのは、書き始めがインクダマにならないという書きやすさでしょう。

消せるボールペンの代名詞【パイロット:フリクションボール】

現在の価格はコチラ

ジョーク的な商品だった「消せるボールペン」の実用性を高めて今やオフィス等でも使用される機会が多くなったフリクションボール。

消えるボールペンでありながら、インクの発色性は濃く鮮やかであり、−20℃から60℃の間であればインクの色が変化しない安定感と、なめらかな書き心地によってベストセラー商品となりました。

公文書や証書への使用はできませんが、ノート取りには便利です。

極細ボールペンの草分け的存在【パイロット:ハイテックC】

現在の価格はコチラ

今、日本国内で最も細いボールペンと言えば0.25mmのハイテックC。

米粒にも文字の書けるその細さでも、インク詰まりが少なく快適で、発色の良い水性ポリマーインクが、細い文字にも主張を持たせます。

極細ボールペン好きなら、確実に最も書きやすいボールペンでしょう。

ただ、筆記速度が速すぎるとインクの液状化が間に合わなかったり、一般的な油性ボールペンよりもインクの減りが早い点もあります。

自分で作る書きやすいボールペン

このブランドのインクは書きやすいけど、軸が握り難いと言う悩み。

解決の為に、今年注目された最高に書きやすいボールペンインクと、最高に握りやすかったと言われるボールペンの芯を組み合わせる事でこの世で最も書きやすいボールペンを作ってしまうという企画です。

既存のボールペンでは満足出来ない!そんなあなたにおすすめです。

現在の価格はコチラ

今年最も書きやすいボールペンと言えばエナージェルのインク。しかしグリップの質は今イチという難点もかかえています。

そこで、エナージェルのインクを使いやすいグリップにさせば本当の意味で今年最強の書きやすさとなるボールペンになる!

ということでスタートしたのがこの企画です。

最も書きやすいボールペンのケース

なんといってもゼブラのサラサのグリップは圧倒的でした。

普及版のボールペンにも関わらずクリップ式のケースを採用し、手に馴染む硬めのグリップと、バランスのよい重量配分なため、まさに今年最高の書きやすさをもったケースと言えるでしょう。

そしてなによりも、このケースは書きやすいだけでなく、他社ブランドであるパイロットや三菱のインクとも互換しているのです。

>>サラサを探すならコチラ

最も書きやすいボールペンの水性インク

今年の書きやすいボールペンインクの本命と言えばエナージェルでしょう。

もう、ほぼ水性と言っていいような滑らかな書き味ですが、ジェルインクなので滲みも少なく使い勝手抜群ないんくです。

コチラのインクをサラサのケースに入れてしまう事で、本当の意味での今年最も書きやすいボールペンが完成します。

>>エナージェル替芯を探すならコチラ

最も書きやすいボールペンの油性インク

エナージェルのインクが書きやすいってことは知っているけど、いろいろワケがあって水性のインクはダメなんだ!という人は、油性ボールペンの書きやすいインクで、サラサのケースに入る三菱鉛筆のジェットストリームインクを入れてしまいましょう。

インクの乾きもエナージェルより早い為人によってはコチラの相性が良いかもしれません。

>>ジェットストリーム替芯を探すならコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
最新の実用ボールペン人気ランキングBEST50
実用ボールペン
ベスト50
高級ボールペンの人気ブランドランキング
高級ボールペン
人気ランキング
安くて書きやすいボールペンの決定版
書きやすさ重視
ボールペン特集
ビジネス向けボールペンランキング
ビジネス向け
人気ランキング
必見!インクの出ないボールペンを復活させる魔法の方法
インクが出ない
復活方法