ランキングからブランド別特徴まで
ピントルのボールペン専門ページ

よく読まれるページはコチラ
最新の実用ボールペン人気ランキングBEST50
実用ボールペン
ベスト50
高級ボールペンの人気ブランドランキング
高級ボールペン
人気ランキング
安くて書きやすいボールペンの決定版
書きやすさ重視
ボールペン特集
ビジネス向けボールペンランキング
ビジネス向け
人気ランキング
必見!インクの出ないボールペンを復活させる魔法の方法
インクが出ない
復活方法

就活で印象の良い人気ボールペンはコレ!

就活で印象の良い人気ボールペン

就活を行うとなれば、外見からマイナスの印象を与えるのはNGです。髪型や化粧といった当たり前の部分は就活用に改善するとしても、意外と困るのは革靴、腕時計、そしてボールペン等の小物類でしょう。

安っぽいボールペンの方が好印象なのか、ある程度高級な方が良いのか、今回は就活で好印象を与える事ができるボールペンについて解説します。

スポンサーリンク

就活で印象の良いボールペンとは?

就活で印象の良いボールペンとは?

どんな就活を行うとしても、極端なボールペンは悪い印象を与えます。

例えばモンブランなどの高級すぎるボールペンを胸に挿していれば、嫌味っぽかったり、遊びにきてるのか?と思われる可能性もあります。

逆に、何処かで貰った販促品や、100円ボールペンの様なチープな物は、この人は自分のコダワリというものが無いのか?と評価されるのです。

そこで、就活で胸に刺しておきたい好印象なボールペンと言うのは「シンプル、実用的、金属軸」という条件になります。

この条件に当てはまるボールペンが、就活で好印象なボールペンです。

就活を乗り切る人気のボールペンはコレ!

現在の価格はコチラ

実用系ボールペンの人気ブランドであるLAMYの多機能ペンは、ブランド、見た目、性能、価格共に全てが就活向けのボールペンです。

そもそもラミーというブランドは、ちょっと文房具が好きな人であれば、すぐに実用系の中でもしっかりとした作りのブランドだと解ります。

そして使いやすさを求めたシンプルかつ上品なデザインは嫌味が無く就活生が胸に挿していたらかなり好印象なボールペンと言えますし、黒、赤、青の三色ボールに、シャープペンシルが使える多機能ペンは、実用性の面でも素晴らしく、入社してからも使い続けられます。

そして価格も定価は1万円近くですが、安値は5000円程度なため、ネット通販で購入すれば約半額で手に入るのも魅力的です。

まさに将来を見据えた就活生のためのボールペンと言える仕様です。

スポンサーリンク

ボールペンの見た目が就活で与える印象

ボールペンの見た目が就活で与える印象

就活から面接まで就活性はボールペンと切っても切れない関係です。

書いている姿を見られないときは、使いやすいボールペンで良いですが、もし採用担当者の前で何かしらの筆記が必要となったとすれば、ボールペンも貴方の印象を左右する大切な要素となってしまいます。

ボールペンと言うのは大きく分けて2種類が存在しています。それは、高級そうなボールペンと、安っぽいボールペンです。

もちろん、どちらも極端な物は悪い印象を与える事になる為、受けようとする会社や状況に合わせたボールペンが必要となります。

高級ボールペンが与える印象

他人から自分がどう見えているかを考えるべき職業を受けるなら、比較的高級ボールペンよりのデザインの物が好印象です。

金融業界や接客がメインの職業、例えば証券マンや銀行員など、お硬いイメージや責任を求められる職業を受けるのであれば、プラスチックの100円ボールペンでは悪い印象となります。

しっかりと自分の身なりを考えて、ちゃんとしたボールペンを持つ、こういった意識がある人なんだという印象を与える事が大切なため、ボールペンの金額は関係なく、金属軸の上品な物を選びましょう。

反対に、余りにも高級ブランドのボールペンを就活に使うと、嫌味っぽくなったり、職場はお洒落をする所ではない!と悪い印象を与えかねないので、就活生は注意しましょう。

実用ボールペンが与える印象

接客メインではなく、手に職といった職場に就活するならば、高級なものよりも実用重視のボールペンが好印象です。

例えばクリエイター業界やエンジニア、ITなどの業界は、どんな人かというのも大切ですが、何が出来るかを重要視します。

そういった場面で高級なボールペンを胸に挿して就活したとしても、このボールペンが必要か否かを問われてしまい悪い印象を与えます。

それよりは、コンパクトな多機能ペンなどの方が好印象です。実用性重視のボールペンというのは仕事にひたむきな印象を与えます。

そのため、努力家なイメージや、ストイックな印象となるのです。もちろん、他社の販促品やチャチなボールペンでは悪い印象となります。

しっかりとした作りのボールペンですが、機能性を強く重視したもの、こういったボールペンを就活に使用する事が良い印象となります。

ボールペンで書く文字が就活で与える印象

ボールペンで書く文字が就活で与える印象

いくら字が上手でも、インクの色や性質も面接官や担当者の印象に、大きく関わって来ると言うのを忘れてしまっていませんか?

履歴書やエントリーシート、簡単な提出物などの字はかなり見られます。

もちろん、丁寧に書かれているかや文字の上手い下手も重要ですが、実はインクの色や濃さ、さらには文字の質も印象を左右しています。

油性ボールペンの印象

油性ボールペンに使われるインクはあまり良い印象をあたえません。それは、発色が弱く全体的にのっぺりした文字になりやすいからです。

しかし近年はジェットストリームなどを代表とする低粘度インクが増え、かなり改善が計られましたが、まだまだ現段階では油性は低評価です。

どうしても就活に油性ボールペンを使いたいと言う場合は、低粘度インクの物で、ボールペン用の下敷きを使用して書きましょう。

それだけで安定したきれいな字が書けるようになりますし、就活字の担当者に与える印象もかなり良くなります。

水性ゲルボールペンの印象

今、就活生のなかで最も多くの人が使用している水性ゲルインクは、発色性も良く書き心地も高いため、担当者にも好印象のボールペンです。

鮮やかな黒色は、油性ボールペンを使用する人達よりも良く目立ち、文章を読ませようとする力を発揮するため就活に有利と言えますが、近年では大多数の人が水性ゲルボールペンを就活に使用するようになり、このインクを使用するだけで良い印象を与えられる、とは言えません。

しかし水性ゲルインクのボールペンが使いやすいと言うのであれば、このボールペンを就活に使用しても全く問題ないと言えるでしょう。

水性ペンの印象

油性か、水性ゲルか、水性か、この3つの中から選ぶのであれば、就活で最も印象を良くする字を書けるのは、水性ボールペンと言えます。

もちろん、水性にはデメリットとして「乾きが悪い」という特徴があり、履歴書やエントリーシートには向いていますが、現場筆記は苦手です。

しかし、水性のボールペンは角度により太さが変わるという特徴があり、水性ゲルインクに勝るとも劣らない鮮やかな黒色の発色性と、筆で書いた様な滑らかな太さの変化を持った文字は特徴的で、他の履歴書やESを出し抜ける、就活向きなボールペンなのです。

柔らかな雰囲気の文字が書けるため、担当者からも好印象です。

ブルーブラックのインクは就活で有利?

ブルーブラックのインクは就活で有利?

一般的なイメージとしては万年筆を想像するため畏まった雰囲気で、現在ではボールペンのインクカラーとしても定番のブルーブラック。

「黒で書いて下さい」という指定が無ければブルーブラックもOKです。

むしろ、万年筆では公式書類などはブルーブラックで書く事という、世界共通の決まりすらある程ですから履歴書やESへも使用できます。

落ち着いた雰囲気のあるブルーブラックは就活で良い印象を与え、黒で書いてきている人よりも担当者の目に留まりやすい傾向があり、就活成功者がこっそり語る裏技として今も使われ続けています。

ボールペンのブルーブラックには青よりのインクと黒よの物があり、ブランドによってはほぼ青色なボールペンも存在しています。

出来る限り黒に近いブルーブラックの方が良い印象を与えるため、就活に使用するのであれば、ゼブラのサラサを使用しましょう。

>>サラサのブルーブラックはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
最新の実用ボールペン人気ランキングBEST50
実用ボールペン
ベスト50
高級ボールペンの人気ブランドランキング
高級ボールペン
人気ランキング
安くて書きやすいボールペンの決定版
書きやすさ重視
ボールペン特集
ビジネス向けボールペンランキング
ビジネス向け
人気ランキング
必見!インクの出ないボールペンを復活させる魔法の方法
インクが出ない
復活方法