ジメジメした湿気をしっかり対策!
ピントルの除湿機専門ページ

【2018年最新】人気の除湿機おすすめランキング

除湿機総合ランキング

梅雨のに雨が多い時期の湿気対策や冬の結露対策など、湿気問題を解決してくれる除湿機。

最近では衣類乾燥や空気清浄など、様々な機能を搭載した除湿機が非常に増えてきています。

そんな中でどんな除湿機を選べばいいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

ここでは除湿機の選び方のポイントを簡単に解説しつつ、おすすめの除湿機をランキング形式で紹介しています。

除湿機を購入の際の参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

買う前に知っておきたい!除湿機の選び方

買う前に知っておきたい!除湿機の選び方

梅雨の時期のジメジメとした湿気を取り除いたり、部屋干しした洗濯物を乾かすのに重宝する除湿機は、様々な種類があるのでどれを選べばいいか迷ってしまいます。

そんな除湿機を買う前に知っておきたい失敗しない選び方をご紹介します。

除湿機の上手な選び方はコチラ

除湿方式

除湿機には以下の4種類の除湿方式があります。

  • コンプレッサー式除湿機
  • デシカント式除湿機(ゼオライト式除湿機)
  • ハイブリッド式除湿機
  • ペルチェ式除湿機

方式によってそれぞれ特徴やメリット・デメリットが異なります。

選ぶときにどのタイプが使用用途に合っているのかをチェックしておきましょう。

コンプレッサー式除湿機について詳しくはコチラ

デシカント式除湿機(ゼオライト式除湿機)について詳しくはコチラ

ハイブリッド式除湿機について詳しくはコチラ

ペルチェ式除湿機について詳しくはコチラ

除湿能力

除湿能力とは、どれくらいの部屋に使えるのかを数値で表したものです。

この数値が大きいほど早く除湿できるといわれています。

なお、家庭用として使用する場合は6L~18L前後の容量が一般的となっています。

カタログや説明書などに記載されているので、こちらもチェックしておきましょう。

定格除湿能力とは?

定格除湿能力とは、除湿機を1日中運転した時に除湿できる水分量のことです。

この数値が大きいほど除湿能力が優れているということになります。

さらに、定格除湿能力から算出された数値を目安とした「除湿可能面積」も表示されているのですが、こちらを調べておくのも選ぶ際のポイントとなっています。

ただし、除湿能力が優れている除湿機は、本体のサイズも大きいものが多いため、置くスペースなどに注意しておきましょう。

除湿機を置く場所と使い方について詳しくはコチラ

サイズ

どこに置きたいかによって除湿機のサイズもチェックする必要があります。

除湿機を使用する部屋や場所のスペース的に無理がないサイズを選ぶようにしましょう。

もしリビングなどの広い部屋で使用するのなら、排水タンクも大容量で本体も大きめのものがおすすめです。

逆に押入れや脱衣所などの狭い部屋で使用するのなら、コンパクトでスリムなタイプが適しています。

小型除湿機おすすめランキングはコチラ

人気の除湿機おすすめランキング:TOP10

人気の除湿機おすすめランキング:TOP10

おすすめの除湿機を性能とコスパを基準にランキング形式で紹介します。

衣類乾燥向けやコンパクトな除湿機、空気清浄機能付きやエアコン代わりになる除湿機など様々あります。

第1位:パナソニック / ハイブリッド方式 衣類乾燥除湿機 F-YHRX120

現在の価格はコチラ
  • 除湿方式:ハイブリッド式
  • 定格除湿能力:9.0L/日(50Hz)、10.0L/日(60Hz)
  • タンク容量:約3.2L
  • 消費電力:220W~685W(50Hz)、235W~715W(60Hz)
  • サイズ:幅370mm×奥行き225mm×高さ580mm

ハイブリッド式なので1年中安定し除湿することができ、衣類乾燥にも最適な除湿機です。

送風を様々に設定することができ、少量の衣類の速乾に対応できるモードなど、衣類乾燥をよくする人におすすめなのが特徴。

「ナノイー」によって部屋干しの嫌な臭いはもちろん、花粉にも対応できます。

1年を通して安定して使用しやすい万能感が魅力の除湿機なので、コスパにも優れている点を考慮しランキング第1位としました。

パナソニックの除湿機について詳しくはコチラ

第2位:コロナ / 除湿機 CD-S6318

現在の価格はコチラ
  • 除湿方式:コンプレッサー方式
  • 定格除湿能力:5.6L/日(50Hz)、6.3L/日(60Hz)
  • タンク容量:約3L(自動停止)
  • 消費電力:180W(50Hz)、205W(60Hz)
  • サイズ:幅170mm×奥行365mm×高さ533mm

本体がスリムなのでいろいろな場所に設置しやすい除湿機です。

2種類のルーバーと衣類乾燥モードによって、効率的に部屋干しの衣類を乾かすことが可能。

通常の除湿に関しても節約モードが搭載されているので電気代にも優しくなっています。

2・4・8時間のタイマー機能やオートトップ機能、満水時はメロディーで教えてくれる機能もあるので、非常に使いやすい衣類乾燥除湿機であると言えます。

リーズナブルな価格で購入できるコスパにも優れています。

コロナの除湿機について詳しくはコチラ

第3位:三菱電機 / MJ-M120NX サラリ

現在の価格はコチラ
  • 除湿方式:コンプレッサー方式
  • 定格除湿能力:11.0L/日(50Hz)、12.0L/日(60Hz)
  • 排水タンク容量:約3.0L
  • 消費電力:325W(50Hz)、385W(60Hz)
  • サイズ:幅360mm×奥行210mm×高さ534mm

梅雨や夏のような暑い時期に適したコンプレッサー式の除湿機です。

普段の部屋の除湿はもちろんですが、衣類乾燥に特化した機能を搭載しているのがポイントです。

「部屋干し3Dムーブアイ」によって湿気を感知することができ、衣類の乾き残りを防止することができます。

また、「光ガイド」によってどこを感知して除湿しているか視覚的にわかりやすく、「光ガイド」を手動で操作することもできるので集中的に乾かしたい部分を指定することも可能。

大量の衣類を部屋干ししても効率よく乾燥させてくれるので、結果的にランニングコストを下げることができます。

三菱電機の除湿機について詳しくはコチラ

第4位:アイリスオーヤマ / DCE-6515 衣類乾燥除湿機(コンプレッサー式)

現在の価格はコチラ
  • 除湿方式:コンプレッサー方式
  • 定格除湿能力:5.5L/日(50Hz)、6.5L/日(60Hz)
  • タンク容量:約1.8L
  • 消費電力:155W(50Hz)、175W(60Hz)
  • サイズ:幅290mm×奥行190mm×高さ477mm

梅雨や暑い日に効果を発揮するコンプレッサー式の除湿機です。

必要最低限の機能のみ搭載しているので、シンプルな操作で使用することができる簡単さが魅力となっています。

運転を停止させるタイマーが2時間・4時間・8時間で設定できるので、切り忘れの心配がありません。

しっかりした除湿能力によって部屋干しの嫌な臭いを防止し、早く衣類を乾かすことが可能です。

本体にハンドルが付いているので移動が楽なのも特徴となっている除湿機です。

アイリスオーヤマの除湿機について詳しくはコチラ

第5位:シャープ / プラズマクラスター除湿機 CV-G71

現在の価格はコチラ
  • 除湿方式:コンプレッサー方式
  • 定格除湿能力:6.3L/日(50Hz)、7.1L/日(60Hz)
  • 排水タンク容量:約2.5L
  • 消費電力:165W(50Hz)、180W(60Hz)
  • サイズ:幅304mm×奥行203mm×高さ480mm

シャープの独自技術「プラズマクラスター」が搭載されているコンプレッサー式除湿機です。

「プラズマクラスター」によってウイルス除去や脱臭、除湿機内のカビ防止の効果があるので、除湿するだけでなく快適な環境にすることができます。

ガイド付きのルーパーによって広い範囲に送風することができるので、衣類乾燥に適しているのも特徴

本体と排水タンクにハンドルが付いているので、移動や排水をしやすいのも魅力的なポイントとなっている除湿機です。

シャープの除湿機について詳しくはコチラ

第6位:パナソニック / デシカント方式 衣類乾燥除湿機 F-YZR60

現在の価格はコチラ
  • 除湿方式:デシカント方式(ゼオライト方式)
  • 定格除湿能力:5.4L/日(50Hz)、5.6L/日(60Hz)
  • タンク容量:約2.0L(自動停止)
  • 消費電力:280W~460W(50Hz、60Hz共通)
  • サイズ:幅190mm(脚部込)×奥行357mm×高さ459mm

コンパクトなので、狭いスペースでも効率よく衣類乾燥することができるデシカント式の除湿機です。

大風量で一気に衣類を乾燥させてくれる「仕上げモード」があるので、半乾きのように中途半端に乾いている衣類を乾かし、乾くと自動でストップする便利な機能が搭載されています。

デシカント式なので寒い時期に使いやすく、気温が低い日でもしっかりと衣類を乾燥させてくれます。

また、本体にハンドルが付いているので移動もしやすいく、手軽に部屋干しで衣類乾燥をしたい人におすすめの除湿機です。

パナソニックの除湿機について詳しくはコチラ

第7位:シャープ / プラズマクラスター除湿機 CV-G120

現在の価格はコチラ
  • 除湿方式:コンプレッサー方式
  • 定格除湿能力:11.0L/日(50Hz)、12.0L/日(60Hz)
  • タンク容量:約3.1L
  • 消費電力:235W(50Hz)、275W(60Hz)
  • サイズ:幅360mm×奥行260mm×高さ565mm

シャープの独自技術「プラズマクラスター」を搭載しているので、ウイルス除去や脱臭にも効果的な除湿機です。

基本的な除湿性能はもちろんですが、上下方向に最大180度の範囲に送風することができるので、部屋干しで衣類を2段にしても対応できます。

下方向へ70度まで送風できるので、靴などを乾かしやすいのも特徴。

大きめのリビング等でも使いやすい除湿能力となってるので、狭いスペースよりも広めのスペースでの使用に向いている除湿機です。

シャープの除湿機について詳しくはコチラ

第8位:アイリスオーヤマ / サーキュレーター衣類乾燥除湿機 DDD-50E

現在の価格はコチラ
  • 除湿方式:デシカント方式
  • 定格除湿能力:5.0L/日
  • 排水タンク容量:2.5L
  • 消費電力:590W
  • サイズ:高さ640mm×幅287mm×奥行234mm

本体上部に搭載されたサーキュレーターが特徴的なデシカント式除湿機です。

除湿機とサーキュレーターの組み合わせによって部屋干し時の衣類乾燥を効率化することができ、時短・節約に役立ちます。

除湿機とサーキュレーターはそれぞれ独立して使用することができるので、用途が幅広いのも特徴。

室温が上がるデシカント式なので、特に冬場の結露対策にも効果を発揮できる除湿機です。

アイリスオーヤマの除湿機について詳しくはコチラ

第9位:コロナ / 冷風・衣類乾燥除湿機 CDM-1018

現在の価格はコチラ
  • 除湿方式:コンプレッサー方式
  • 定格除湿能力:10L/日
  • タンク容量:5.8L
  • 消費電力:205~220W(50Hz)、215~240W(60Hz)
  • サイズ:幅250mm×奥行386mm×高さ600mm

除湿するだけでなく、冷房のように冷たい風を出してくれる除湿機です。

あくまでスポット的な使い方をするものなので、部屋全体の気温を下げることはできませんが、部分的に涼しくすることは可能です。

除湿機としての性能は申し分なく、衣類乾燥モードやタイマー、スイングも調節できます。

設置型エアコンの代わりにはならないものの、局所的に凉を取ることができますし、除湿もすることができるおすすめの除湿機です。

ただ、排熱ダクトが付属されていますが長さが950mmなので、設置する場所から熱を排出させたい部分までの距離に注意が必要です。

コロナの除湿機について詳しくはコチラ

第10位:RioRand / Houselog コンパクト除湿機

現在の価格はコチラ
  • 除湿方式:ペルチェ方式
  • 定格除湿能力:-
  • タンク容量:800ml
  • 消費電力:-
  • サイズ:-

非常にコンパクトなタイプの除湿機です。

クローゼットや浴室、玄関、キッチンなど、一般的な除湿機では使いづらい場所で活用することができます。

ワンタッチで使用することができ、騒音が非常に小さいので仕事中や睡眠中でも使いやすいのが特徴。

また、活性炭を内蔵した空気清浄機能付きなので、ウイルスや花粉などにも対応することが可能です。

満水時には自動で停止してくれるので安心。

コンパクトにも関わらず多機能な小型除湿機となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
失敗しない!人気の除湿機おすすめランキング
おすすめ
除湿機
人気のコンプレッサー式除湿機おすすめランキング
おすすめ
コンプレッサー
人気のデシカント式除湿機おすすめランキング
おすすめ
デシカント
人気のハイブリッド式除湿機おすすめランキング
おすすめ
ハイブリッド
部屋干しに!衣類乾燥向け除湿機おすすめランキング
おすすめ
衣類乾燥向け