独身で生きるなら知っておきたい
ピントルの独身女性専門ページ

おすすめの記事はコチラ
【必読】独身女性が知っておくべき大切な事
知っておくべき
大切な事
30代独身女性でも理想の相手に出会える恋愛方法
30代独身女性
恋愛方法
30代の独身女性が入るべき生命保険の種類
30代独身女性
生命保険
30代独身女性の心配事と老後の不安まとめ
30代独身女性
心配事と老後の不安
老後資金に不安な30代独身女性の貯蓄方法
30代独身女性
貯蓄方法

50代の独身女性が入るべき生命保険の種類

50代の独身女性が入るべき生命保険の種類

50代独身女性に必要な保険についてご説明します。独身者であれば気を付けいておきたい点や、必要な補償内容。それに加え、女性は50歳代から急激に入院率が増加します。その最大の原因は「がん」です。そのがんに備えりための保険と、将来の介護保険についてもご説明します。

スポンサーリンク

50代独身女性に必要な生命保険の考え方

そもそも50代独身女性に必要な保障とは?

50代独身女性に必要な保険の補償内容についてご説明します。まず、独身者ですので、掛け捨て型の保険の必要性はほとんどありません。貯蓄型の生命保険を選ぶことが前提です。

貯蓄型の生命保険は、その名の通り「貯蓄」の意味合いが強い生命保険であり、解約すると帰ってくるお金「解約返戻金」が得られることが一番の特徴です。

一般的には加入から15年から20年経過していれば、支払った金額以上の解約返戻金を受け取ることが出来ます。もし急にまとまった金額のお金が必要になっても、部分解約も可能ですので使い勝手も悪くありません。

しかし、50代ともなると一般的にはある程度の貯金があると思いますので、こちらの保険の必要性もあまり無いかもしれません。生命保険は、最低限のお葬式代200万円とお墓台を合わせても、300万円程度の生命保険に加入しておけば問題ありません。ですから、最も50代独身女性に必要な保険は「医療保険」です。

>>独身女性が入るべき医療保険の考え方

独身女性は50代から急増する乳がんを含む癌に注意

女性の入院患者数は、50代から急激に増加します。

厚生労働省の患者調査によると、20代・30代・40代の入院患者数はそれほど変わりません。しかし、50代になると急激に増加し、40代の2倍以上の入院患者数となります。この入院患者数の増加の原因は、「乳がん」や「卵巣がん」に代表される「がん」です。

50代女性が最もかかりやすい病気は「乳がん」です。乳がんに続き、「卵巣がん」「子宮体がん」など、女性特有のがんが患者数で続きます。50代から急激にリスクが増加する「がん」に対して備えるため、保険を有効に使いましょう。

>>独身女性が入るべき医療保険の考え方

50代の独身女性に必要な生命保険の特徴

長生きのリスクに備え50代独身女性は介護保険も必要

50代独身女性に必要な保険は、「医療保険」だけではありません。将来に渡り一人で過ごす可能性を考えると、介護サービスを受ける可能性が高いことは否めません。まず、介護保険には公的なものと民間での保険があります。国民皆保険により、公的介護保険は国民全員が加入しています。

公的介護保険により、要介護状態となった場合は、介護サービス費用の1割の負担で済みます。では、公的介護保険があるので、民間の介護保険の必要性はないのでしょうか。答えはノーです。まず、独身者ですと高齢で所得が無い状態ですと1割の負担は少なくありません。

それに加え交通費・食費・おむつ等の生活費、特別サービスや居住費などは全て自己負担です。また、区分によって支給の限度額が設定されていますので、それを超えた分も全て自己負担です。そこで必要なのが民間の介護保険です。

民間介護保険は介護状態が続く限りお金を受け取れるタイプが主流ですので、在宅介護や施設への入所を問わずに、介護の費用面において大きな部分をカバーしてくれます。

>>50代独身女性の心配事と老後の不安まとめ

50代独身女性はがん保険などの生命保険が必要

上述した通り、女性の入院患者数は、50代から急激に増加します。その原因も「がん」が多くの割合を占めます。そのため、がん保険などの医療保険に加入しておいた方が安心です。50代からの加入ですと、若い世代と比較しても毎月の保険料が高くなるのは事実です。

しかし、独身者は自身意外に収入の見込みがありませんので、多額の預貯金を有している人以外は、がん保険などの医療保険に加入することをお勧めします。加齢や病気によって保険料が上がったり入れなかったりするので、一日でも早い加入がお得です。

まず、入院や手術の際にお金を受け取れる医療保険に加入し、それプラスがん保険を検討するというスタンスがベターです。

50代独身女性に最適な生命保険を無料でアドバイス

ここまで50代独身女性に必要な保険についてご説明してきましたが全て一般論です。50代独身女性と一口に言っても、その人が置かれている状況は千差万別です。保険の種類も数多く、どの保険が自分に合っており、他の保険と比べてお得なのか判断が難しいと思います。

そこで、保険の専門家に相談するのが一番の方法です。「しつこい勧誘が苦手」と敬遠されらっしゃる方も多いと思いますが、下記の会社であればその心配はありません。多数の保険会社の商品を扱っており、特定の保険会社に属している方ではありません。

50代ですと加入している保険もあると思います。その保険の具体的な補償内容も合わせて無料で相談に応じてくれるサービスです。保険でお悩みがあるのなら、気軽に一度相談してみるのも良いと思います。

>>ビジュアル生命保険サイト!保険マンモス!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
【必読】独身女性が知っておくべき大切な事
知っておくべき
大切な事
30代独身女性でも理想の相手に出会える恋愛方法
30代独身女性
恋愛方法
30代の独身女性が入るべき生命保険の種類
30代独身女性
生命保険
30代独身女性の心配事と老後の不安まとめ
30代独身女性
心配事と老後の不安
老後資金に不安な30代独身女性の貯蓄方法
30代独身女性
貯蓄方法