【思い出とともに】貧乏人におすすめな万年筆ランキング

貧乏人 万年筆

便利なボールペンもいいですが万年筆にはひとつひとつ物語があるような気がします。自分のために、誰かを思って、そこには特別な思いが込められている事もあるでしょう。

さて、これから紹介する万年筆に秘められた物語とは…貧乏人におすすめな万年筆ランキングを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

貧乏人におすすめな万年筆ランキング

  • 第3位:セーラー万年筆 / プロフェッショナルギア銀
  • 第2位:CROSS / Botanica パープル
  • 第1位:LAMY / abc

3位:セーラー万年筆 / プロフェッショナルギア銀

現在の価格はコチラ

沖縄で戦死したじいちゃんを俺は知らない。ばあちゃんが見せてくれたじいちゃんの写真、けっこうイケメンで驚いた。身重のばあちゃんを残して戦争へ行ったまま、帰ってこなかったらしい。

そして戦後20年が過ぎた頃、遺骨収集をしているという鈴木さんという方から一通の手紙とともにこの万年筆が届けられた。真ん中で折れた万年筆にはじいちゃんの名前が刻んであった。セーラーの万年筆だった。

両親を事故で亡くしてから、ばあちゃんは一人で俺を育ててくれた。そのばあちゃんが死んだ。俺が社会人になって安心したのかもかもしれない。最期にじいちゃんの万年筆を託して。

俺は初めてのボーナスで万年筆を買った。じいちゃんと同じセーラーの万年筆。今の俺に買える精一杯のものにした。滑らかな書き心地が気に入った。きっとじいちゃんとばあちゃんは今頃新婚生活の続きを楽しんでいるだろうか。

2位:CROSS / Botanica パープル

現在の価格はコチラ

彼女は手紙を書くのが好きだ。「手紙だと、自分の気持ちを素直に書けるんだ。とも君もそんな万年筆持ってるんだから、たまには返事ちょうだいよ

俺が入社した頃、既に彼女は事務の仕事をしていて上司からも信頼される仕事ぶりだった。慣れない営業に心身共に疲れていく俺を、いつもサポートしてくれた。頼れる先輩から一人の女性として意識するようになるまで時間はかからなかった。

俺は初めて手紙を書いた。もちろんあの万年筆で。彼女への気持ちや感謝の言葉、そして最後に何度も書いては消して、結局「俺と結婚してください」とだけ付け加えた。彼女は手紙を読んで泣いた。高いのは無理だけど婚約指輪を買いに行こうと言うと、彼女は「指輪はいらないから万年筆が欲しい」と言った。

クロスのボタニカを見つけると彼女はこれがいい!と言った。「柄はとも君が選んで」俺は彼女のイメージに近いパープルを選んだ。スミレのように心清き僕の大切な人。

1位:LAMY / abc

現在の価格はコチラ

娘は母親に似て手紙を書くのが好きだった。物心がつく頃には、何かと手紙を書いて寄越した。「いつもみゆのためにいっしょうけんめいはたらいてくれてありがとう。ぱぱだいすき」この手紙を何通もらったことか。成長するにつれ、漢字が増えて読みやすくなっていったが。

「パパもママも、先っぽがカッコいいペン持ってていいなぁ。みゆもそういうペンが欲しいな」6歳になった娘がある日言った。「今年のクリスマスにはサンタさんにカッコいいペンをお願いするんだ!」俺と嫁さんは顔を見合わせて笑った。クリスマスまであと5カ月もあった。

あの小さな手になじむ万年筆なんてあるのだろうか。俺はインターネットで調べる事にした。見つけた。子どものために考えられえたこだわりの万年筆。クリスマスまで待ち遠しいのは俺の方だった。

 

万年筆の事をもっと知りたい人は、ピントルの万年筆専門ページへ!
>>万年筆専門ページはコチラ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

facebook

ページ上部へ戻る