【回生】自称経営コンサルタントにおすすめな防災グッズランキング

自称経営コンサルタント 防災グッズ

「またいつかどこかでお会いできる事を信じて…」あなたはそう仰いましたね。さて次に私たちの前に姿を現す時、あなたは何者になっているのでしょうか?

例えば、よくわからない職業繋がりで、防災アドバイザーなんてどうですか?そんなあなたに自称経営コンサルタントにおすすめな防災グッズランキングを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自称経営コンサルタントにおすすめな防災グッズランキング

  • 第3位:赤穂化成 / 備蓄水
  • 第2位:GENTOS / ヘッドライト ヘッドウォーズ
  • 第1位:ソニー / 手回し充電FM/AMポータブルラジオ

3位:赤穂化成 / 備蓄水

現在の価格はコチラ

人間が生きる上で最も大切な水。水が無いと私たちは3日ほどしか生きられません。救援物資がおよそ3日で届くと言われていますが、やはり水だけは自分で用意していなくては。

少なくとも1日2ℓの水が必要なんて言われていますが、あなたにゆかりのあるハーバード大学の医学部が発表したところによれば、健康な人は約1~1.5ℓの水分が必要だそうです。少し安心しました。だって、ハーバード大の人が言う事に、嘘偽りは無いでしょ?…でもないか。

5年間の長期保存が可能なこちらの水。硬度0なので赤ちゃんのミルクだって作れます。清浄性に優れた高知県室戸の海洋深層水を100%使用。

すべてを水に流してもらえるのに、一体どれほどの時間がかかるのでしょうか。共同経営者として顔写真を掲載されたマクガバン氏改めギャリー先生も寝耳に水だと言ったとか言わなかったとか。どうか覆水盆に返らずなんて言わないで下さい!

おあとがよろしいようで。

2位:GENTOS / ヘッドライト ヘッドウォーズ

現在の価格はコチラ

懐中電灯も必要ですが、震災を体験された方たちは、両手が使えるヘッドライトこそ本当に必要だと仰います。

こちらのヘッドライトは、明るさをHi/Mid/Lowの3段階に切り替え可能。単3電池3本で実用点灯時間は、Hiでも8時間、Lowだと150時間です。レビューを見る限り、Lowで十分な明るさのようです。とにかく☆5つの高評価が多い商品ですよ。

今あなたの心は、荒涼とした砂漠のような状態ですね。「この先どうやって生きていけばいいか…」そりゃそうだ。お先真っ暗、目の前にはただただ闇が広がるのみ。もはや「~僕がおっぺけぺ川上からショーン・マクアードル川上になるまで~」という暴露本を出そうかと悩むほどですね。

そんなあなたの足元もこのヘッドライトが照らしてくれます。さて、しばらく歩いたらその光が差す先に何が見えてくるのでしょうか。

1位:ソニー / 手回し充電FM/AMポータブルラジオ

現在の価格はコチラ

災害時に活躍するスマホ。しかし回線のパンク防止のために利用が制限されたり、簡単にバッテリーの充電ができない事も考えると、スマホだけに頼る訳にもいきませんよね。

そこで役に立つのがラジオ。バッテリーだって何日かもちますし、情報にも速報性があります。パーソナリティの声に励まされる事も多いはず。

しかしこのラジオ、それだけではありません。手回しによりスマホ(一部iPhone等を除く)の充電、装備されたLEDライトは2種類。懐中電灯やランタンとして使えます。何よりソニー製なのが安心できますね。

この手のラジオ、中国製の安い物も出回っていますが月とスッポン、おっぺけぺ川上とショーン・マクアードル川上くらい、比較になりません。

そう言えば、あなたもラジオのパーソナリティだった頃がありましたね。ラジオだけにしときゃー良かったトホホ…ですよねぇ。

 

防災グッズの事をもっと知りたい人は、ピントルの防災グッズ専門ページへ!
>>防災グッズ専門ページはコチラ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

facebook

ページ上部へ戻る