【ブラック万歳】社畜におすすめな万年筆ランキング

社畜 万年筆

ブラック企業でご勤務されている方はいらっしゃいますか?辛いですね。帰れない日も多いことでしょう。残業代など出なかろうと有給がなかろうと、仕事は延々続きます。

社蓄となって働く貴方の心に寄り添う万年筆は、如何でしょう?今回は『社蓄におすすめな万年筆』ランキングをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

社畜におすすめな万年筆ランキング

  • 第3位:Montegrappa / カオス リミテッド・エディション
  • 第2位:Stipula / Gladiator
  • 第1位:Delta / The Journal

第3位:Montegrappa / カオス リミテッド・エディション

現在の価格はコチラ

第三位はモンテグラッパの『カオス』限定万年筆です。イタリアの老舗ブランド、モンテグラッパは精緻な銀細工や色鮮やかな樹脂の加工で有名なブランドです。

モンテグラッパのブランドアンバサダーであり映画アイコンでもあるシルベスター・スタローンによってインスピレーションされたデザイン、火の色を表す赤と黄色の半透明のエナメル加工、セルロイドがあしらわれた、生と死を表現したシルバーの意匠は美術品とも言えるでしょう。巨大な髑髏、蛇、蜥蜴、爬虫類の有り様は『混沌』を表現しています。

正に社内で命懸けの駆け引きを行う、ブラック企業勤務の方が見ている景色そのものと言えるでしょう!こちらの万年筆は『地獄のような混沌の万年筆』なので社蓄の方におすすめです。

第2位:Stipula / Gladiator

現在の価格はコチラ

第二位は、スティピュラの『グラディエーター』万年筆です。スティピュラは老舗イタリアブランドのうちでも、職人業にこそ重きを置いたハンドメイドのクラフトマンシップを誇りとしており、後世に技術継承をするための伝統工芸を使用した限定モデルで世界の筆記具愛好家から親しまれています。

グラディエーター万年筆は、その名の通り古代ローマの剣闘士(Gladiator)をモチーフにした万年筆です。クリップにはグラディエーターの名の由来でもある、ローマ軍の主要な武器、剣闘士の剣、グラディウスがあしらわれています。

剣闘士は奴隷がほとんどであり、宿舎は厳重に施錠され、訓練について来られなかった者たちには過酷な罰が待っていました。しかし最後まで闘技場を生き抜ければ、引退して外で普通に生きられる道を見付けられたとも言われています。こちらの万年筆は『奴隷の強さを象徴する万年筆』なので社蓄の方におすすめです。

第1位:Delta / The Journal

現在の価格はコチラ

第一位は、デルタの『ジャーナル』万年筆です。デルタは数多くの限定品、求めやすい値段から、急激に日本でも知られるようになった南イタリアの筆記具ブランドです。

ジャーナル万年筆は報道魂のために世界を駆け巡るジャーナリストに捧げられるコレクションです。個性的なボディーのカラーリングは、ジャーナリストが感じているであろう非日常の風景をイメージして作られたそうです。ブラック企業という戦場を生きる人にもお勧めする理由は、使いやすさを考慮した仕様です。

クリップは服の生地を傷めないローリング・ホイールを採用、オフィスユースにも対応しており、デルタ新開発のピストンフィリング・コンバーターのインク吸入方式なので、インクタンクが比較的大きくなっています。こちらの万年筆は『戦場を生き抜く知恵の詰まった万年筆』なので社蓄の方におすすめです。

 

万年筆の事をもっと知りたい人は、ピントルの万年筆専門ページへ!
>>万年筆専門ページはコチラ

ピントルマンライティング戦士

投稿者プロフィール

ピントルマンはピントル編集部の改造手術を受けた正義のライティング戦士である。日夜ユーザーの為になるコンテンツとは何かを考え、悪のメディア組織ブラックハットカンパニーと戦い続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

facebook

ページ上部へ戻る