【オシャレ】一人暮らしにおすすめな万年筆ランキング

一人暮らし 万年筆

一人で暮らし始めると、人けのなさに寂しさを感じてしまいがち。そういう時は心のこもった手紙を遠い知り合いに宛てて書いてみてはどうでしょう?独特な筆致や多様なインクを選べる万年筆は一人暮らしのマストアイテム。

今回は数ある万年筆の中から『一人暮らしにおすすめな万年筆』ランキングをご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人暮らしにおすすめな万年筆ランキング

  • 第3位:DELTA / ウェイ
  • 第2位:SHEAFFER / カリグラフィーペン CAL73403
  • 第1位:WATERMAN / カレン

第3位:DELTA / ウェイ

現在の価格はコチラ

第三位はイタリアの高級筆記具メーカー、デルタ社の『ウェイ』シリーズ。こちらの万年筆は『幸運のお守り付き』なので一人暮らしにおすすめです!

『ウェイ』とはナポリの方言で“それは何?”を意味する言葉。クリップ上部を回すと、角を模した幸運のお守り『コルノ』が現れる仕組みになっています。

『コルノ』とはイタリア語で角のこと。

日本の菓子パン、(チョコ)コルネの語源でもあり、イタリアではありふれたお守りとして知られています。平安の日本にも犀(サイ)の角である犀角を霊験あらたかなお守りとして、部屋に飾るという習慣がありました。

角が生え変わり続けることから、豊穣、恋愛成就、幸運のお守りとも言われているそうです。

ウェイシリーズの赤いコルノは珊瑚を材料としています。一人で始める新生活。筆記具にも幸運のお守り『コルノ』があれば心強いこと間違いなしです!

第2位:SHEAFFER / カリグラフィーペン CAL73403

現在の価格はコチラ

第二位は、大統領御用達のアメリカの万年筆メーカーであるシェーファーの『カリグラフィーペン-CAL73403-ミニキットバーティカルセット』です。

一見するとよくあるカリグラフィーキットなのですが、実は万年筆と同じ構造になっています。
コンバーターを付ければボトルインクを使えるため、万年筆と見なし、ランキングに加えさせて頂きました。

こちらの万年筆は『ロープライスなカリグラフィーキット万年筆』なので一人暮らしにおすすめです!

日本ではあまり馴染みのないカリグラフィーですが、要は海外の書道のようなもので、近頃ではグリーティングカードを書く際に使われたりします。このキットを使えば、初心者でも比較的簡単にカリグラフィーが書けます。

近頃は様々なメーカーでキットが売られていますが、このキットは安くて内容が充実していて入門用に最適!手紙ついでにカリグラフィーを始めてみよう、という方にお勧めです!

第1位:WATERMAN / カレン

現在の価格はコチラ

第一位は、フランス最大級の筆記具ブランド、ウォーターマンの『カレン』万年筆。こちらの万年筆は『船を模したデザイン』なので一人暮らしにお勧めです。

カレンシリーズは滑らかな流線型を描いたラインが特徴的で、これは『漕ぎ進む船の舳先をイメージして生まれた』デザインなのだそうです。

一人暮らしの新生活を始めることは、いわば新たな人生の船出とも言えます。帆を立て、一人で漕ぎ出す人に最適の万年筆ではないでしょうか。

滑らかなデザインも去ることながら、この船の穂先のような構造のお陰でインク途切れがしにくく、万年筆に不慣れな人の強い筆圧でもペン先が壊れにくいので、筆記速度が速く、筆圧の強い傾向のある方にもお勧めです。

カレンシリーズには、光が反射する水面をイメージしたデザインを取り入れた『コンテンポラリー』シリーズも展開されています。

まさに人生の大海へ漕ぎ出す人にこそ、持って欲しい一本です!

 

万年筆の事をもっと知りたい人は、ピントルの万年筆専門ページへ!
>>万年筆専門ページはコチラ

ピントルマンライティング戦士

投稿者プロフィール

ピントルマンはピントル編集部の改造手術を受けた正義のライティング戦士である。日夜ユーザーの為になるコンテンツとは何かを考え、悪のメディア組織ブラックハットカンパニーと戦い続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

facebook

ページ上部へ戻る