【最初の一本】初心者におすすめな万年筆ランキング

初心者 万年筆

『万年筆を持ってみたい……』という万年筆ビギナーの方!間違いのないメーカーで長年ずっと使えるスペックを持っている予算一万円程度の『初心者におすすめな万年筆』ランキングをご紹介します。ようこそ、万年筆の世界へ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初心者におすすめな万年筆ランキング

  • 第3位:プラチナ万年筆 / #3776 センチュリー
  • 第2位:セーラー万年筆 / プロムナード
  • 第1位:パイロット / カスタム ヘリテイジ91

第3位:プラチナ万年筆 / #3776 センチュリー

現在の価格はコチラ

第三位はプラチナ万年筆の『#3776 センチュリー』。町工場らしい物作りの姿勢で小さいながらも人気の老舗万年筆メーカー、プラチナ万年筆。

同社の『#3776 センチュリー』シリーズは、本ランキングで紹介する三本中、最も大きな14金ペン先を搭載していて、金属部(トリム)が金色のモデルは定価約一万円程と、コスパは最高です。一年以上インクの乾かないスリップシール機構を搭載。

『シャルトルブルー』や『ブルゴーニュ』『ブラックダイヤモンド』などの半透明な軸色があり、綺麗です。書き味がやや硬質な雰囲気ですが、字幅は三本中で最も多く、超極細から超極太の字幅に加え、軟調ペン先も取り揃えています。

限定モデルや最高級ラインでも同形状のペン先を採用しているケースがほとんどで、高級モデルのエッセンスを楽しめます。こちらの万年筆は『コスパ最高の万年筆』なので初心者におすすめです。

第2位:セーラー万年筆 / プロムナード

現在の価格はコチラ

日本最古の万年筆メーカーとして知られている高級筆記具メーカー、セーラー万年筆。同社の『プロムナード』シリーズは『万年筆初心者向け商品』というコンセプトのもとで設計されており、定価約一万円で14金ペン先を搭載、クリップにはメーカーロゴとなっているイカリの刻印が施されています。

『シャイニングレッド』と『シャイニングブルー』は、セーラーお得意の(遠目には分からない)ラメを混ぜ込んだ樹脂が目にも鮮やかな印象。

インクの出方が他社に較べてやや潤沢な傾向があり、前述のプラチナとは対象的です。柔らかな書き味のペン先は、極細から太字の字幅を取り揃えています。比較的高価な商品ラインナップでブランド力が強いセーラー万年筆のエッセンスを、デザインと仕様の両面で楽しめます。

こちらの万年筆は『ブランド感のある万年筆』なので初心者におすすめです。

第1位:パイロット / カスタム ヘリテイジ91

現在の価格はコチラ

第一位は、パイロットの『カスタム ヘリテイジ91』。最も大きな規模を持つ、言わずと知れた日本の総合筆記具メーカー、パイロット。『カスタムヘリテイジ91』モデルは定価約一万円で14金ペン先を搭載、この仕様と価格帯でスッキリした『スクエアなフォルム』を実現しています。

本体カラー『月夜』『山栗』『山葡萄』の三色は、同社の水性インキ『色彩雫』の人気カラーを元にしていて、和風で落ち着いた色合い。他社より利用層が広いだけあって書き味のばらつきが少なく、コアユーザーからも海外の高級品にも匹敵する書き味だと評価されています。

『しなり』で強弱を付けやすいペン先は、極細から極太に加えて軟調の字幅まで取り揃えています。メーカーとしての規模が大きいのでアフターケアが迅速で手厚く、店頭在庫する店舗が三社中、最も多いようです。

こちらの万年筆は『万全のフォロー体制がある万年筆』なので初心者にお勧めです。

 

万年筆の事をもっと知りたい人は、ピントルの万年筆専門ページへ!
>>万年筆専門ページはコチラ

ピントルマンライティング戦士

投稿者プロフィール

ピントルマンはピントル編集部の改造手術を受けた正義のライティング戦士である。日夜ユーザーの為になるコンテンツとは何かを考え、悪のメディア組織ブラックハットカンパニーと戦い続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

facebook

ページ上部へ戻る