【BBQ奉行】バーベキューにおすすめなフライパンランキング

バーベキュー フライパン

バーベキューと言えば、大勢の仲間と美味しい飲み物、そして美味しい料理が揃う一大イベントです。一大イベントでちょっとした一品を作るのに、調理器具であるフライパンは必要不可欠です。

そこで、これさえあれば簡単にできる!バーベキューにおすすめなフライパンランキングをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バーベキューにおすすめなフライパンランキング

  • 第3位:エバニュー(EVERNEW)/アルミフライパン#16
  • 第2位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)/鉄鋳物ジンギスカン鍋 M-5543
  • 第1位:ヒキモト/鉄 パエリア鍋

3位:エバニュー(EVERNEW)/アルミフライパン#16

現在の価格はコチラ

バーベキューと言えば、網で焼いた炭火焼肉が一般的ですが、フライパンがあれば、簡単にたれや塩以外の味を楽しむことが可能です。方法は、バーベキューグリルの片隅に、お好みのチーズをたっぷりと入れたフライパンを置くだけなのでとっても簡単です。

そこに炭火で焼いた野菜やソーセージ等を絡ませるだけで、チーズフォンデュが出来ちゃいます。食べ終わってもそのまま火にかけておくと、チーズが焦げ、いつの間にかカリカリチーズが完成しています。

このフライパンは焦げ付かないマーブル加工で、取っ手部分がたためるので、バーベキューにおすすめです。他にも、フライパンにたっぷりのオリーブオイルとニンニク(チューブでも可)、アンチョビペーストを入れておけば、バーニャカウダだって出来ちゃいます

最初は邪魔だと言わんばかりの冷たい目で見られるかもしれませんが、バーベキュー中盤からは大人気となる事間違いありません。

2位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)/鉄鋳物ジンギスカン鍋 M-5543

現在の価格はコチラ

お肉もいいけど野菜もしっかり取りたい方におすすめです。網で焼いた野菜類は、どうしても焦げてしまい、網から落下してしまいがちですが、こちらなら食べごろもわかりやすいです。

しかも、このフライパンは網では調理不可能なもやしやニラと言った、網では調理不可能な細長い食材でも、落下する心配がないのでバーベキューにおすすめです。

ただ、使用前にシーズニング(油慣らし)が必要で、これをしていないと肉や野菜が焦げ付いてしまいます。焦げ付いてしまうと、複雑な凸凹面の掃除が非常に面倒なので、必ずシーズニングをすることをお勧めします。

大きさがあるので、網の上に置いておくと、知らない間にどかされている可能性がありますので、別途で七輪を準備する必要があります。

1位:ヒキモト/鉄 パエリア鍋

現在の価格はコチラ

バーべキューでもやっぱり米が欲しい!と言う方におすすめです。このフライパンは、家庭ではなかなか出来ない料理をすることが可能なのでバーベキューにおすすめです。

ただ、大きさに制限があるので、少し遠い場所に七輪をセットし、4人程でこっそり作りましょう。方法は、バーベキューで使用するエビや貝と言った魚介類と野菜をこっそりと拝借し、米と野菜を炒めた後、魚介類とコンソメスープを入れてから、アルミホイルで蓋をして待つだけで完成です。

数人の仲間にバレた場合、御裾分けをして口止めしましょう。大勢の仲間にバレたけど材料が無い場合、急遽購入しに行かなければなりませんが、後でグチグチ言われるよりはマシですので、こちらのフライパンと余り物の野菜、急遽購入してきた材料を使い、チャーハンを作ってあげましょう。

この時、より豪快に作る事で、大体の方は期待で言葉が少なくなりますので、必要以上に豪快に作ってあげてください。

フライパンの事をもっと知りたい人は、ピントルのフライパン専門ページへ!
>>フライパン専門ページはコチラ

ピントルマンライティング戦士

投稿者プロフィール

ピントルマンはピントル編集部の改造手術を受けた正義のライティング戦士である。日夜ユーザーの為になるコンテンツとは何かを考え、悪のメディア組織ブラックハットカンパニーと戦い続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

facebook

ページ上部へ戻る