仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

人気のLCOSパネルのプロジェクターおすすめランキング

LCOSパネルのランキング

プロジェクターを購入する際どのような点に注目して買うか、それは人それぞれだと思いますが、性能、特に映像美にこだわる方は少なくないでしょう。大画面で楽しむ以上、より美しい映像を求める方は多いと思います。

プロジェクターの内部において映像の美しさを決めるパネルの中でも、特に高解像度に特化したLOCSパネルを搭載したプロジェクターが製造されています。こちらではそんなLCOSパネルのプロジェクターおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

LCOSパネルのプロジェクターとは?

LCOSパネルのプロジェクターとは?

おすすめの商品をご紹介していく前に、そもそもLCOSパネルタイプのプロジェクターとはどのようなものなのか、簡単にご紹介していきましょう。

  • 液晶パネルのタイプ
  • DLPパネルのタイプ
  • LCOSパネルのタイプ

プロジェクターのパネルタイプには上記のように3種類の商品が存在します。その中でもLCOSパネルは性能の高いタイプに分類されます。

そもそもLCOSとはリキッド・クリスタル・オン・シリコンの略であり、この頭文字をとっています。これはつまり反射型液晶素子のことを指しており、それ故に反射型液晶プロジェクターとも呼ばれます。

構造としてはシリコン基板に液晶層を備えることで、そこに映像を映し出し、基板の背後から反射板を利用して、光源であるランプの光を反射して、レンズへ送り投影します。

この方式はコントラスト比に優れた高解像度での投影が可能となっており、4K対応プロジェクターやホームシアター用プロジェクターを含む高級モデルやビジネスモデル、医療用モデルに採用されています。

>>プロジェクターの種類について詳しくはコチラ

LCOSパネルのプロジェクターのメリット

この構造により高解像度化、ネイティブコントラストを高く出来るのはメリットです。

安定したカラー映像を得られるのは元より、画素の裏面に各画素を駆動するための配線が位置していることから、画素間の隙間を狭めることに成功しており、結果として画素のドットが目立たず滑らかな映像が得られるため、高解像度化が可能となりました。

LCOSパネルのプロジェクターのデメリット

ただ高解像度化などの影響で全体的な性能が高い分、内部構造は複雑であり本体サイズも大きくなりやすい傾向にあります。またラインナップもスタンダードモデルからあるものの、価格は全体的に高めで機種自体も限定されてしまうというデメリットがあります。

LCOSパネルのプロジェクターはどんな人におすすめ?

上記の内容をもとに、こちらのパネルタイプは高級・高性能で滑らかで綺麗な画像を楽しみたい方におすすめです。

特に現在は映像技術も進んでいるため、それを余すことなく楽しみたいのであればこちらをご購入されるといいでしょう。

またビジネスモデルであっても非常に大きな会議室で行う場合、後ろの方でも鮮明に資料を見てもらうという点ではおすすめです。

>>おすすめの液晶パネルプロジェクターはコチラ

>>おすすめのDLPパネルプロジェクターはコチラ

LCOSパネルのプロジェクターおすすめランキング:TOP10

LCOSパネルのプロジェクターおすすめランキング:TOP10

それではLCOSパネルのプロジェクターのおすすめランキングをご紹介していきます。既に商品を見てみて、どれにしようか悩んでいる方はこちらも参考にしてみてください。

第1位:SONY(ソニー) / LSPX-P1

現在の価格はコチラ

デメリットでは大型化しやすいという点をご紹介しましたが、そのデメリットを覆したのがこちらの商品です。

軽量及びコンパクトなモデルで、持ち運びにも便利であり、またインテリアを損なわないデザインであるためホームプロジェクターとしても場所を取らない商品です。

最大輝度は100ルーメンですが、超短焦点プロジェクターでもあるので、暗い部屋であればスクリーンとの距離は28cmあれば80インチもの映像を映し出せます。

小型化とデザインに特化しており、輝度以外の性能も高いことから価格も高いですが、LCOSパネルの常識を覆したモデルとしておすすめの第1位になりました。

>>SONYのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第2位:JVC / DLA-X770R

現在の価格はコチラ

こちらは解像度が4K対応のハイエンドモデルとして人気の商品です。LCOSパネルの性能を最大限に生かした商品として、ダイナミックレンジと広色域で非常に綺麗な映像を楽しむことができます。

またゲームでも最適な映像を映し出す低遅延モードやガンマ調整機能付のオートキャリブレーション機能など多機能であることも特徴です。

その分価格は高いですが、高品質・高性能・多機能な三拍子の商品をお探しであればこちらがおすすめです。

第3位:SONY(ソニー) / VPL-VZ1000

現在の価格はコチラ

一見すればプロジェクターには見えないデザインではあるものの、その性能は非常に高い商品です。

こちらも4Kに対応しており、最大輝度は2,500ルーメンとホームシアター用の中ではかなり高い商品です。

またアスペクト比17:9と珍しいタイプでもあるため、対応できるスクリーンが少ないのが痛いですが、ワイド画面の映画を楽しみたいのであればこちらがおすすめとして、第3位に入りました。

>>SONYのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第4位:SONY(ソニー) / VPL-VW515

現在の価格はコチラ

価格が高くなりがちなLCOSパネルの中ではやや価格が安いのがこちらの商品です。最大輝度は1800ルーメンで4Kの解像度に対応していることから、より鮮やかな映像を楽しめる商品でもあります。

機能こそシンプルではありますが、基本性能は高い方なので人気も高く、性能重視で価格が抑えられたLOCSパネルのプロジェクターをお探しであればおすすめとして第4位になりました。

>>SONYのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第5位:SONY(ソニー) / VPL-VW535

現在の価格はコチラ

こちらも解像度が4Kで1,800ルーメンの輝度を持つ基本性能が高い商品です。立体感・奥行き感・精細感が増すHDRにも対応しているので、よりリアリティのある映像が楽しめます。

多彩な画質調整と便利機能も付いているので、価格はかなりしますが購入して損のない品質を持っています。人気も評価も高い商品として第5位に入っています。

>>SONYのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第6位:JVC / DLA-X570R

現在の価格はコチラ

価格が抑えられたLOCSパネル搭載プロジェクターであればこちらもおすすめです。解像度は当然のように4K対応で高く、最大輝度も1,800ルーメンあるので、暗くした部屋なら十分に明るい映像を楽しめます。

デザインもシンプルですがブラックのボディとなっているので、インテリアも損ないません。人気、評価ともにまずまずの高さと言うこともあり第6位になりました。

第7位:EPSON(エプソン) / EH-LS10500

現在の価格はコチラ

こちらもLOCSパネルの性能をフルに活かし高解像度の4Kまで対応しています。最大輝度が1,500ルーメンと他の商品からすればやや低めに見えますが、ホームシアター用としては十分であり、ソニー独自のネイティブ4Kパネル「4K SXRD」にも対応しています。

これにプラスして便利な機能も多数搭載しているため、使いやすい高性能モデルとして第7位に入っています。

>>EPSONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第8位:SONY(ソニー) / VPL-HW60

現在の価格はコチラ

LOCSパネルの中ではかなり価格が安いのがこの商品です。さすがに4K対応ではないもののフルHD対応で十分な解像度となっています。

最大輝度も1,800ルーメンとまずまずであり、基本的なスペックは持っています。ソニー独自のSXRDとデータベース型超解像処理LSIによってフルHDを超える美しい映像を楽しめるのも特徴です。

LOCSパネルのプロジェクターを価格を抑えて手に入れたい方はこちらがおすすめです。

>>SONYのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第9位:CANON(キヤノン) / パワープロジェクター WUX450ST

現在の価格はコチラ

こちらもLOCSパネルではあるもののフルHD対応の解像度を持った商品です。解像度としては4Kには及ばないものの、最大輝度は4,500ルーメンと非常に明るいのが特徴です。

ホームシアター用としては昼間でも使えるだけでなく、ビジネス用としても使用できる商品として第9位に入りました。

>>CANONのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第10位:JVC / DLA-Z1

     
現在の価格はコチラ

LOCSパネルプロジェクターでは高級モデルにあたる商品です。4K対応なのはもちろんのこと、3,000ルーメンもの高い輝度を誇り、高コントラストと優れた色再現によって非常に綺麗な映像が楽しめます。

他にも高い性能を支える多様な機能を持ち、まさにプレミアムなプロジェクターです。しかし値段もプレミアムとなっており、おいそれとは手が出ませんが、買うなら高級モデルが良いという方にはおすすめの商品として第10位になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター