仕事用もホームシアター用も見つかる!
ピントルのプロジェクター専門ページ

よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター

人気のDLPパネルのプロジェクターおすすめランキング

DLPパネルタイププロジェクターのランキング

プロジェクターの中には小型化をして持ち運びに便利であり、メンテナンスもあまりする必要がなく、価格も比較的安めという商品が存在します。これは性能が低いというわけではなく、内部構造によって実現した特徴なのです。

人によってはプロジェクターを購入する際、手間がかからず価格が安い物をと考える方もいるでしょう。そんな方にはDLPパネルのプロジェクターをおすすめします。そこでこちらでは人気のDLPパネルのプロジェクターおすすめランキングをご紹介します。

スポンサーリンク

DLPパネルタイプのプロジェクターとは?

DLPパネルタイプのプロジェクターとは?

そもそもプロジェクターのパネルタイプには以下の3種類があります。

  • 液晶パネルのタイプ
  • DLPパネルのタイプ
  • LCOSパネルのタイプ

この中でもDLPはデジタル・ライト・プロセッシングの頭文字をとって名付けられているパネル方式です。

こちらは液晶プロジェクターとは言うものの、液晶パネルを搭載しているわけではなく、微細な反射型ミラーであるデジタルマイクロミラー(DMD)を搭載しています。

光りを鏡に反射させ、光の反射角度を調整することで投影する方式ですが、その過程で使用するDMDの1枚使うものが単板方式、3枚使うものが3板方式となります。

単板方式は可搬型のデータプロジェクター、3板方式は映画館などで使用される大型プロジェクターとして使用されるものに採用されています。

>>プロジェクターの種類について詳しくはコチラ

DLPパネルタイプのプロジェクターのメリット

このDLPパネルタイプは商品数が多く、特に価格が安い物からスタンダードなものに採用されていることが多いです。

しっとりと落ち着いた映像傾向であり、これはこの方式がコントラストが高い映像表現が可能であることが理由となっています。

また構造上、部品が少ないため小型化あるいは軽量化しやすいというメリットもあります。経年劣化も少なく、埃や塵の影響も受けにくいため、映像の特徴も含め映画館などにも採用されるパネルタイプとなっているのです。

DLPパネルタイプのプロジェクターのデメリット

こちらのパネルタイプはデメリットが少ないことでも人気を博します。

しかし人によっては映像に虹のような模様が見えるカラーブレーキング現象が気になる方も出てくることもあるタイプでもあります。

高性能モデルであればこのような現象による色割れは起こりにくいため、安物でなければほとんど起こらないデメリットとなっているので、気になる方は出来るだけ高性能なものを選ぶといいかもしれません。

DLPパネルタイプのプロジェクターはどんな人におすすめ?

上記の内容をもとに、DLPパネルタイプタイプのプロジェクターは綺麗な映像を楽しみたい方や軽量・コンパクトな商品をお探しの方におすすめです。

特に部屋によっては場所をとることもあるプロジェクターなので、収納なども考えると軽量なものやコンパクトなものであれば便利です。

>>おすすめの液晶パネルプロジェクターはコチラ

>>おすすめのLCOSパネルプロジェクターはコチラ

DLPパネルタイプのプロジェクターおすすめランキング:TOP10

DLPパネルタイプのプロジェクターおすすめランキング:TOP10

それではDLPパネルタイプのプロジェクターのおすすめランキングをご紹介していきましょう。価格も比較的リーズナブルですが、その中でも性能が高いものなどを選出させていただいています。

第1位:ASUS / ASUS ZenBeam E1

現在の価格はコチラ

DLPパネル搭載のプロジェクターならまずこちらをおすすめします。解像度こそWVGA(640×480)と珍しいものではあるものの、アスペクト比は10:9に対応しています。

DLPパネルの特徴通り、小型化をした商品であるためコンパクトで軽量なモバイルタイプのプロジェクターとなっています。

その分、最大輝度は150ルーメンと低めですが、外出先でのプレゼンなどに使う場合は活躍してくれることでしょう。その人気と評価の高さもあり、第1位になりました。

>>ASUSのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第2位:LGエレクトロニクス / Minibeam PH550G

現在の価格はコチラ

デザインはシンプルですが、こちらも使いやすさでは負けていない商品です。コンパクトで軽量であり、バッテリーも内蔵していることから使い勝手が良いのですが、この大きさでフルHDの解像度にも対応できるのはDLPならではの構造でしょう。

最大輝度も第1位より高い550ルーメンとなっており、投影しやすくなっています。価格が高くなっていることに目を瞑れば、こちらもおすすめの商品です。

第3位:BenQ(ベンキュー) / MH530

現在の価格はコチラ

こちらも軽量かつコンパクトなフルHD対応のプロジェクターとなっています。第1位と比べると携帯性には欠けますが、それでも移動させやすい驚異の1.9kgは魅力です

しかも最大輝度は3,200ルーメンとなっており、多少広い会議室でも十分に映像を映し出すことができます。

価格は上2つに比べるとかなりしますが、性能重視であるならばこちらをおすすめさせていただきます。

>>BenQのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第4位:BenQ(ベンキュー) / HT2050

現在の価格はコチラ

フルHD対応のホームシアター用であればこちらがおすすめです。最大輝度は2,200ルーメンと高い方ではありますが、注目すべきはそこではなくこの商品の多機能性にあります。

投影方向を調整できるレンズシフト機能や高音質スピーカーを搭載し、さらには様々な機器と接続しやすいように接続端子も豊富にそろっています。

このような多機能に加え、基本性能も高く、コストパフォーマンスも良い商品としておすすめの第4位になりました。

>>BenQのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第5位:BenQ(ベンキュー) / HT3050

現在の価格はコチラ

こちらは第4位よりもさらに性能が高い商品です。フルHD対応はもちろんのこと、輝度は高めの2,000ルーメンとなっています。

基本性能はまずまずですが、これに加えて10Wx2の高音質チャンバー型スピーカーを搭載し、縦横台形補正機能も付いて設置場所も自由に調整できます。

性能が高い商品をお探しであればこちらもおすすめなので、あとは予算などで選んでもいいかもしれません。

>>BenQのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第6位:BenQ(ベンキュー) / MS527

現在の価格はコチラ

基本性能が高く価格を抑えたいのであればこちらもおすすめです。フルHDに対応しながら3,300ルーメンもの高輝度を誇ります。

3Dにも対応するなど機能的にも良いのですが、何よりもランプの寿命が最大10,000時間と長いためコストパフォーマンスも良い商品です。

価格重視であればこちらもおすすめとして第6位になりました。

>>BenQのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第7位:BenQ(ベンキュー) / HT2150ST

現在の価格はコチラ

こちらはDLPパネルを搭載した短焦点プロジェクターとして人気の商品です。フルHD対応であり、DLPパネルのしっとりと残像の少ない映像によってゲームなども快適にプレーできます

もちろんゲームに限定せず、映画やスポーツ観戦も美しい映像で楽しめる商品として第7位に選ばせていただきました。

>>BenQのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第8位:LGエレクトロニクス / Minibeam PH150G

現在の価格はコチラ

こちらはモバイルプロジェクターとして人気も評価も高い商品です。最大輝度こそ130ルーメンですが、解像度はWXGA(1280×720)とまずまずであり、100インチの大画面を映し出すことができます。

また長寿妙なLEDランプを採用していることから初期投資もメンテナンスコストもお財布に優しいのもポイントです。価格重視であればこちらもおすすめです。

第9位:BenQ(ベンキュー) / HT1070

現在の価格はコチラ

こちらはスポーツ観戦に特化したモデルです。フルHD対応に加え色再現性を高めることで芝の細かさや選手の表情などを見やすくするスポーツモードを搭載しています

DLPパネルの特性である残像の少なさも相まっており、スポーツ観戦やアクション映画など場面の移り変わりが激しい映像には打ってつけの商品です。価格こそ高いですが、こちらも一部では人気の商品として第9位になりました。

>>BenQのプロジェクターについて詳しくはコチラ

第10位:LGエレクトロニクス / Minibeam UST PF1000UG

現在の価格はコチラ

デザインがややユニークな超短焦点LEDプロジェクターです。最大輝度こと1,000ルーメン程度ですが、暗い部屋なら問題なく映し出せますし、何よりもフルHD対応の100インチの大画面を僅か38cmの距離から映し出すことができます

この特性故に価格はDLPパネルでありながらも10万を越えますが、スペースが取れない部屋での使用にはおすすめの商品として第10位に入りました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
解像度や輝度!プロジェクターの上手な選び方
プロジェクター
選び方
人気商品を徹底比較!プロジェクターメーカーの比較一覧
プロジェクター
メーカー
ビジネス用プロジェクターの選び方とおすすめランキング
ビジネス用
プロジェクター
ホームシアター用プロジェクターの選び方おすすめランキング
ホームシアター用
プロジェクター
人気の液晶パネルのプロジェクターおすすめランキング
液晶パネル
プロジェクター