安眠を求める人のために
ピントルの枕専門ページ

よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング

枕で肩こりを改善する方法

枕で肩こりを改善する方法

現代社会において肩こりに悩まされている方は非常に多くいらっしゃるのではないでしょうか。肩こりの原因には様々なものがありますが、実は枕にもその原因があるかもしれません。そんな肩こりを改善にさせるための、枕の選び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

肩こりを緩和させる枕の選び方

肩こりを緩和させる枕の選び方

肩こりは、今や現代人の大きな悩みの一つになっているといっても過言ではないでしょう。その原因には、長時間のパソコン作業や、運動不足、眼精疲労からくるものなど、様々な要因があり得ると言えます。そんな肩こりの原因の一つに合っていない枕というのものが挙げられます。

>>快眠できる枕の選び方

そもそも肩こりというのは、筋肉疲労や血行不良、末梢神経の傷などが原因となっておこります。具体的には、首や肩周りの筋肉に緊張状態が続くと、疲労物質がたまり始めます。それが血管を圧迫することによって血行不良を引き起こし末梢神経を傷つけることによって、肩や首周りのコリや痛みを引き起こすということになるのです。

血行不良はそれだけでなく、筋肉に十分な栄養を行きわたらせない働きをもたらし、余計に疲労物質を排泄できなくなり、筋肉は硬くなっていくという悪循環を引き起こすのです。これらを引き起こす要因となるのが先述したパソコン作業等などとなるのですが、自分に合っていない枕を使うことでこういった状態を引き起こすことにも繋がるということが言えるでしょう。

その大きな原因となるのが、枕の高さがあっていないことです。高すぎる枕というのは、首の角度を必要以上に前傾の状態にしてしまいます。一時的には、後ろの首筋が伸ばされ気持ち良く感じるかもしれませんが、首筋や肩周りの筋肉に余計な緊張をもたらすことになります。

これによって筋肉は強張っていき上記の理屈から肩こりが引き起こされてしまうのです。肩こりに悩まされている方は、まず枕の高さを気にするのが重要となるかもしれません。

>>快眠おすすめ枕の選び方!人気ランキングを紹介中!

頭の沈み過ぎが肩こりの原因

もう一つ肩こりを引き起こす枕の特徴として挙げられるのが、その人にとっては“柔らかすぎる枕”です。極端に柔らかすぎる枕というのは、頭を置いた時に深く沈みこんでしまいます。このことが肩こりを引き起こす要因を作ってしまうことになってしまいます。

というのは、基本的による睡眠中の人間は寝返りをうちます。その回数は、6時間半程度の睡眠で20~40回と言われています。実はこの寝返りによって、人間は体の上下を入れ替えることによって、片側だけに負担がかからないようにしているのです。

つまり、寝返りをうつことによって血行の回復改善しへとつなげているということになります。この寝返りの回数が減ることは、血行不良を引き起こし肩こりの要因となります。頭が沈み込みすぎる枕というのは、寝返りの時に余計な力を使う必要があります。

これにより首周りの筋肉を余計に使うことだけでなく、よけない負荷をかけないために寝返りの数を減らすことにもつながってしまうのです。このようなことから、肩こりに悩む方は、あまり柔らかすぎる枕を使うのではなく、ある程度の反発力を持った枕を選ぶ方が良いと言えるでしょう。

肩こりに悩む人にオススメの枕

>>【スリープドクターズピロー】

肩こりに悩む方にとって重要な枕の高さを調節できる枕です。その他にも低反発素材を使うことで圧迫感を極力軽減し、睡眠時の負担を減らします。マイクロビーズが頭の形にフィットすることでその人にあった枕になってくれるでしょう。

女性だけでなく男性にもオススメの枕です。肩こりに悩む方には是非試していただきたい枕の一つですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
快眠できるおすすめ枕の人気ランキング
人気
ランキング
快眠枕おすすめランキング
快眠枕
ランキング
低反発枕おすすめランキング
低反発枕
ランキング
ホテルスタイル枕おすすめランキング
ホテル枕
ランキング
抱き枕のおすすめランキング
抱き枕
ランキング