あなたにピッタリのNISA口座はどれ?
ピントルのNISA(ニーサ)専門ページ

NISA(ニーサ)証券会社別の口座比較ランキング

NISA(ニーサ)証券会社別の口座比較ランキング

スポンサーリンク

NISA(ニーサ)口座開設の人気ランキング最新版

[pc]

NISA(ニーサ)口座開設人気ランキング 比較証券会社 NISA(ニーサ)口座の特徴 資料請求
NISA(ニーサ)
口座の開設
人気:第1位
SBIの
NISA(ニーサ)口座
 圧倒的な登録者数を誇る大手の金融業者で取引手数料も安く人気の高いNISA(ニーサ)口座です。
NISA(ニーサ)
口座の開設
人気:第2位
楽天の
NISA(ニーサ)口座
 株式、投資信託だけでなく、ETFや海外RIETまでNISA(ニーサ)に対応している唯一の会社です。

NISA(ニーサ)
口座の開設
人気:第3位
SMBC日興証券の
NISA(ニーサ)口座
 店舗型の金融機関としても圧倒的な知名度を誇る人気の高いNISA(ニーサ)口座。 niko
NISA(ニーサ)
口座の開設
人気:第4位
マネックスの
NISA(ニーサ)口座
手数料の安さと使い勝手の良さで人気のある業者、NISA(ニーサ)口座の品揃えもなかなかです。
NISA(ニーサ)
口座の開設
人気:第5位
ライブスターの
NISA(ニーサ)口座
 特筆点無し、気になる人は資料を請求してみてください。
NISA(ニーサ)
口座の開設
人気:第6位
むさし証券の
NISA(ニーサ)口座
 特筆点無し、気になる人は資料を請求してみてください。 musa

[/pc][nopc]
NISA(ニーサ)口座開設の人気ランキング最新版
[/nopc]

NISA(ニーサ)口座の開設における注意ポイント

NISA(ニーサ)口座開設における制度上の留意事項について簡単に紹介していきます。いくつかの留意事項があるので、比較からNISA(ニーサ)口座を開設する前に知っておきましょう。

さらに詳しく知りたいかたはコチラの記事にも目を通しておく事をおすすめします。

>>NISA(ニーサ)の基礎知識

NISA(ニーサ)は1人1口座まで

小額投資非課税制度のNISA(ニーサ)口座は、全ての金融機関を通じて1人1口座しか開設できません。非課税期間中のNISA(ニーサ)口座にて購入した上場株式などは、特定口座や一般口座へ移管できません。

>>NISA(ニーサ)は一人一口座

開設後4年間は他の金融機関への変更不可

現行のNISA(ニーサ)口座開設における制度では、NISA(ニーサ)が始まってからの4年間(平成29年12月31日まで)NISA(ニーサ)の口座を開設した金融機関以外の金融機関にNISA(ニーサ)の口座を変更したり開設できません。

重複しての申し込みに注意

複数の金融機関へ重複してNISA(ニーサ)の口座開設を申請した場合、予定と異なる業者に開設される事があり、間違って重複申請してしまった場合は、NISA(ニーサ)口座の申請を早めに取り消すようにしましょう。

NISA(ニーサ)口座の証券会社別の取り扱い銘柄比較

[pc]

比較証券会社 国内株式 外国株式 投資信託 国内ETF 海外ETF 国内REIT 海外REIT 資料請求
楽天の
NISA(ニーサ)口座


SBIの
NISA(ニーサ)口座
×
SMBC日興証券の
NISA(ニーサ)口座
× niko
マネックスの
NISA(ニーサ)口座
ライブスターの
NISA(ニーサ)口座
× × ×
むさし証券の
NISA(ニーサ)口座
× × × musa

[/pc][nopc]
NISA(ニーサ)口座の証券会社別の取り扱い銘柄比較
[/nopc]
※△=(2014春以降予定)

NISA(ニーサ)口座別の取り扱い銘柄比較の特徴

小額投資非課税制度であるNISA(ニーサ)口座では、取り扱い金融機関ごとに投資できる銘柄が違います。上記の表では、NISA(ニーサ)を開設できる業者の取り扱い銘柄を見やすく比較してあるのですが、株式や投資信託以外にもETFやREITなどが扱える金融機関もあるので、ここで簡単に説明しておきます。

NISA(ニーサ)で扱える投資信託とは?

業者別の取り扱い銘柄比較にて、比較的大半の業者が扱っているのが投資信託です。NISA(ニーサ)口座で購入した投資信託は、運用の専門家達の資金となり、運用の専門家が利益を上げる事で、投資家たちの利益として還元されます、運用の専門家たちの運用成績次第で変化するのが投資信託です。

NISA(ニーサ)で扱えるETFとは?

取り扱い業者比較の中でも一部の金融機関のみが扱える海外ETFですが、ETFとはExchangr Traded Fundの略で「証券取引所で取引される投資信託」という意味を持っています。NISA(ニーサ)の口座で扱えるETFという商品は、通常の投資信託と比較すると売買しやすいのが特徴です。

NISA(ニーサ)で扱えるREITとは?

取り扱い金融機関別の比較の中でも、楽天のみが扱っている海外REITですが、Real Estate Investment Trustは不動産投資信託の事を指し、通称REIT(リート)という名前で呼ばれます。NISA(ニーサ)の口座などを使用する投資家達から調達した資金で不動産を投資する投資信託の事です。

スポンサーリンク

NISA(ニーサ)口座別の取引手数料の優遇比較

[pc]

比較証券会社 株式 投資信託 ETF NISA(ニーサ)口座の取引手数料優遇比較 資料請求
楽天の
NISA(ニーサ)口座
無料 × 無料 2014年内であればNISA(ニーサ)口座内における国内株式の売買手数料と海外ETFの買い付け手数料が無料。

SBIの
NISA(ニーサ)口座
無料 × 無料 2014年内であればNISA(ニーサ)口座内における国内株式の売買手数料と海外ETFの買い付け手数料が無料。
SMBC日興証券の
NISA(ニーサ)口座
× 無料 × NISA(ニーサ)の口座にてキンカブを利用した場合2014/1/6から2014/12/30までに限り株式購入時のスプレットが0%になり、投信手数料が無料。 niko
マネックスの
NISA(ニーサ)口座
× 無料 無料 2014年の1月6日から12月30日までの期間は、投信購入時の手数料と米国ETFの買い付け手数料が無料。
ライブスターの
NISA(ニーサ)口座
× × × とくに無し
むさし証券の
NISA(ニーサ)口座
× × × とくに無し musa

[/pc][nopc]
NISA(ニーサ)口座別の取引手数料の優遇比較
[/nopc]

取引手数料の優遇度合いからNISA(ニーサ)口座を選ぶときのポイント

NISA(ニーサ)の口座を開設出来る各金融機関では、NISA(ニーサ)の口座が1人1口座しか持てない事もあり、取引の際にかかる手数料を優遇する様々な処置がとられていますが、手数料だけで選ぶのは注意です。

取引手数料の比較表だけで選ばない事!

多くの口座開設者が気にする取引手数料なので、こうして業者ごとに比較して掲載させていただきましたが、NISA(ニーサ)の非課税枠が100万円ともなると、おそらく取引の回数が少ないため大きく影響しません

つまり、本当に極小額な取引を繰り返す人であれば取引手数料のお得な金融機関での開設がオススメですが、それ以外の人であれば、手数料の優遇度合いではなく取り扱い銘柄の多さ比較を優先した方が良いという事です。

取り扱い銘柄の比較は上に表で比較されていますので確認する事をおすすめします。

証券会社別のNISA(ニーサ)口座開設キャンペーン比較

[pc]

比較証券会社 物品 金融商品 現金 NISA(ニーサ)口座の開設キャンペーン比較 資料請求
楽天の
NISA(ニーサ)口座
× 2013年12月30日までにNISA(ニーサ)の口座を開設した全員に1000円分の投資信託をプレゼント、さらに2013年の9月30日までにNISA(ニーサ)の口座開設を行った1213名に豪華賞品が当たるチャンスも。

SBIの
NISA(ニーサ)口座
× × 2013年9月30日までにNISA(ニーサ)の口座開設で30名10万円相当の商品をプレゼント、さらに25000名にニューヨーク高級ブランドのオリジナルグッズをプレゼント。
SMBC日興証券の
NISA(ニーサ)口座
× × 2014年の3月31日までにNISA(ニーサ)の口座を開設した全員に2000円プレゼント。 niko
マネックスの
NISA(ニーサ)口座
× × × 特になし
ライブスターの
NISA(ニーサ)口座
× × × 特になし
むさし証券の
NISA(ニーサ)口座
× × 2013年の9月30日までにNISA(ニーサ)の口座を開設した全員に2000円プレゼント。 musa

[/pc][nopc]
証券会社別のNISA(ニーサ)口座開設キャンペーン比較
[/nopc]

あなたにオススメなNISA(ニーサ)口座の証券会社

ここでは様々な観点から比較した、あなたにピッタリなNISA(ニーサ)の取り扱い金融機関を紹介します。比較表だけではわかりにくい部分もあるので、あなたに合わせたNISA(ニーサ)の口座選びに役立ててください。

トレード初心者にやさしいNISA(ニーサ)口座なら

初心者向けの証券会社とは?

トレード初心者であれば、取引に関して様々な疑問点がうまれてくる可能性が比較的多くあります。そのため、取引銘柄の多さや手数料の優遇で比較してみるだけでなく、実店舗の有無も大切で、実際に店舗が存在する証券会社にてNISA(ニーサ)の口座を開設すれば、疑問があるときに聞きに行けて、しっかりとフォローもしてくれるため、比較的に初心者にやさしいNISA(ニーサ)口座といえます。

トレード初心者ならSMBC日興証券でのNISA(ニーサ)の口座開設がおすすめ

名実共にトップレベルと言えるSMBC日興証券は初心者に最もおすすめなNISA(ニーサ)口座です。トレード初心者であれば比較表のデータで選ぶだけでなく、実店舗のある業者での開設することで、NISA(ニーサ)の口座を開設してから生じた疑問等も聞きに行けるため、非常に活用できるでしょう。

取り扱い商品の選択肢が多いNISA(ニーサ)口座なら

取り扱い商品が多いメリットとは?

現状では4年間にわたって新規に口座を開設したり変更したりする事が出来ないNISA(ニーサ)では、たとえば「良い海外RIETがある」という情報があったとしても、取り扱っていなければ参加できません。つまり、取引を行える銘柄が多いというのは、利益を得られる機会が比較すると増えるという事なのです。

取り扱い商品の多い楽天証券でNISA(ニーサ)の口座開設がおすすめ

つまり、上のNISA(ニーサ)口座開設に関する比較表を見ても解る通り、圧倒的な品揃えの証券会社である、楽天証券での口座開設が、さまざまな商品に投資したいトレーダーにはおすすめと言えるでしょう。ネット証券なので比較するとサポート体制に不安はあるでしょうが、初心者でなければ大丈夫です。

口座開設者の多い証券会社のNISA(ニーサ)口座なら

利用者の多さは信用の証

口座の開設者が多いから、という理由では「みんなといっしょ」の安心感と感じてしまう人も居ますが、利用者が多いと言うのは、それだけ使いやすいシステムで取引されている銘柄も多いという事であり、これ以上無い信頼といっても過言ではありません、つまり初心者にも上級者にもおすすめと言う事です。

初心者にも上級者にもオススメなSBI証券のNISA(ニーサ)口座

トップクラスの手数料の安さを持ち、楽天をもしのぐ取り扱い投資信託本数を持っているSBI証券は、実際の店舗も存在するため、誰にでもおすすめできるNISA(ニーサ)の口座と言う事が出来ます。270万口座を超える利用者が存在し、外国株のラインナップの多さも非常に魅力的です。

スポンサーリンク

NISA(ニーサ)口座を詳しく知るならコチラ

>>知っておきたいNISA(ニーサ)とは?

NISA(ニーサ)誕生の経緯や、ISAとの関係性など知っておきたい情報が盛りだくさんです。もっと小額投資非課税制度について詳しくなる為にも是非一読しておいてください。

>>NISA(ニーサ)なら銀行と証券会社、どちらを選ぶ?

NISA(ニーサ)に口座開設するなら絶対に証券会社がおすすめ!?銀行なのか証券会社なのか、その特徴や投資対象についてもしっかり勉強しておきましょう。

>>NISA(ニーサ)は一人一口座

NISA(ニーサ)の口座は一個しかもてない!というのは多くの人が聞いた事があるはずです。じゃあ、銀行と証券会社なら作れるの!?。さらに、複数もてないデメリットなども紹介します。

>>NISA(ニーサ)口座の開設方法について

いざ NISA(ニーサ)の口座を開設しようとしても、何を準備しておけば良いのかなど疑問は溢れます。ところで、いつから開設出来るか!?なども詳しく紹介してありますのでチェックしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク